teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


宗教法人制度で、 これまでの、存在が消滅している、危険な憲法がここに、でた

 投稿者:学術教室発行  投稿日:2018年 8月 5日(日)10時34分23秒
編集済
  宗教法人制度で、 歴史的存在が消滅している、危険な憲法がここに、でた。
誰かが知らせなければ、すべてに、消失している。
日本の歴史が、歴史的存在が、登記制度に、改正された狙いは、神社仏閣の、本幹さえ、所有者記録? が、消失していて、それは、
建立の目的や在籍名、及び遺産まで、なかった事にされ、すら、抹消されていた、これと同じように、
ほとんどの、神社仏閣の、建立目的さえ、消している。
これは日本の歴史が、別人になってしまい、
歴史痕跡の危険となるだろう。

憲法がこれまでの、日本の足跡を、小泉民営化によって、地名が消滅したように、
ただ、国庫、財務省から、地方に、負担金が与えられても、日本の二千年の記録が、消滅するほうが、日本人にとり、損失は莫大なものであった。
日常の生活さえ、高齢少子化になったり、核家族に分散しているのも、人生生き方を、消失せんと、するものであろう。
これまでの人生が、消失しては、何のの為に、生まれてきたのか、わから無くなるのは、間違いない。
生まれてきたのは、人生の始まりで、一生、の生活を積み重ねて、行く事に、よって、家はじめ、親や先祖がつちかえた、先に、今の自分が、存在しているのである。
これが無かったら、今の自分の存在は、なかったと、いう事になる。

これと同じ、憲法が人間に、危害を与えているのは、許されざる、大罪にもなっている。

平成十七年、憲法改正により、宗教法人の目的と、憲法は、事実を抹消する事であり、今までの人間の人生間まで、抹消してしまう事になろう。
今までテストしてきたのが、
日本の祭日が、消滅した事と同じ、宗教法人の目的と同じ、日本人の根幹の排除だったのである。

書き換えるというのは排除して、別人の登記に、書き換えで、財務省の大罪が、あったように、罪を罪に、しないのは、事が無意味と、いう縄文時代に遡りさせようと、している事と同一である。

宗教法人の目的は、日本の足跡を、小泉民営化によって、地名が消滅したように、又、日本の祭日が抹消後、新しく、記録する所有者に、移してしてしまう、所有者の家に泥棒がはいり、泥棒が持主にする事と、宗教法人の目的とは同一にするだけか。

宗教法人の目的は、歴史を排除して、新しく、移し変えては、元の全ての意味が、無くなる事。
ここに憲法は催眠商法、騙して、奪い取る事と同じである。
さっするところ、憲法は、熊本催眠商法、騙して、奪い取る事と同じである。
多くの老人が、熊本催眠商法、騙して、奪い取る事と同じである。



 
 

山荒(やまあらし)は、妖怪絵巻

 投稿者:児島宮教学部  投稿日:2018年 7月22日(日)11時46分47秒
編集済
  山荒(やまあらし)は、妖怪絵巻『百鬼夜行絵巻』などにある日本の妖怪

ケルトやまあらし重なった文化は相似する。https://kouhoka.exblog.jp/29495715/


現代文化の中の「英雄」(ヒーロー)と神話の「英雄の日本の様子がわからない(正しい情報かどうかは批判的視点が必要)ように,古代のケルト人やゲルマン人に関する情報の殆どはローマ人の書いた書物による。
日本では、立証できるのは児島宮教学部於いて他には無い、著作権がある。
人とどれくらいの ... 一枚の紙を二つに折って重なった時のような、自分とぴったり同じ考えや気持ちの人はいないでしょう。
重なってた時期がある。
福岡 ? 総合 2018/06/16 - 国の文化審議会が15日、文部科学相に指定を答申した国史跡で、県内からは日本の近代化を支え ..... 日本はすべて重複:ケルトのヤマアラシ. 投稿者:児島宮 ...... 福建省屏山平山治城と、重なっていました。

特徴から、おそらくケルト文化に関するものだと思われる。

ケルト文化「火の祭り」http://www.afpbb.com/articles/-/2723428?pid=5696937

ケルト人 ケルトと宗教 当初の宗教は自然崇拝の多神教であり、ドルイドと呼ばれる神官がそれを司っていた。




 

通常ケルトは、おがむ文字、が知られる

 投稿者:児島宮教学部  投稿日:2018年 7月22日(日)09時37分30秒
編集済
  おがむ文字は児島宮のシンボルとなっている。
2018年八月に何かが起きるとされているのは? 地球のまわりに、整列する星による、変動であるとされる、起点に達する事とされている。これがケルトの三位一体の基本と伝わる。
国内に起きている、様々な、事の分裂に、対する、神々の修正、や粛清が、行われるという。
大惨事が起きるのも、こうした起こす、今のあり方による、ものとなっているという。
昨日は、地球で噴火が、起きているのも、悪い人間が、いるからといわれる。

地球のまわりに、整列する星による、変動であるとされる、により起きる磁力の反転とも、言われる。
千葉には磁力反転の地層が残っていたと、言われている。
地磁気逆転はいつ、どこから始まろうとしているのか

地磁気の減少と同じように知られているのが、地磁気の極が移動するポールシフトと呼ばれる現象です。
https://www.youtube.com/watch?v=IWZcNsBBDnk

おがむ文字は、まだ知られていませんが、
日本を知る上で、なくてはならない、ケルトと日本の古代との関連です。
誰にも判るのが、福岡県朝倉郡夜須の弥生遺跡から出土した、鳥巣窯の灰色硬質土器椀に竹ヘラで刻まれていた、ケルトのおがむ文字が、古代の夜須を、立証して、いる。
写真 鳥巣窯の灰色硬質土器椀に竹ヘラで刻まれていた、ケルトのおがむ文字。壷についていた、ケルトの、おがむ文字、だけでは無く、中国の越王勾践時の、前方後円墳から、見つかった、中国の春秋時代の、おがむ文字の本国、呉越で知られる、天神七代胤、越王勾践の軍隊がケルトといった、その特徴は口頭でしか、使わなかった、言葉が、日本書記の編纂記、にも、口頭によると、記録されているのが、一致している。
今のいい加減な文部科学省には、正しい日本の歴史は、後世には、不可能となるであろう。


ヨーロッパで、のおがむ文字と付けられて、いたのは、勿論日本文字しか、見えない。
日本は朝鮮半島から、伝わったとする、須恵器は、方言でも、無い、のです。正しい呼び名は、中国の浙江省から、近年出土した、灰色硬質土器と相似している。日本殿繋がりは、此処中国の浙江省、安吉県の越人、しか、日本とは一致していません。日本考古学の損失である。






 

朝倉窯(夜須窯三点)(鳥巣窯、小隈窯、山隈窯)国指定された、年代に、日本最古なのに、ケルト人が混入、しているのに

 投稿者:児島宮教学部  投稿日:2018年 7月11日(水)13時37分52秒
編集済
  夜須窯(鳥巣窯、小隈窯、山隈窯)国指定された、年代に、日本最古なのに、ケルト人が混入、しているのに=2018/06/16付 西日本新聞朝刊=

朝倉古窯跡群: 小隈窯跡・山隈窯跡・八並窯跡福岡県朝倉

国史跡指定へ 「筑豊炭田遺跡群」 「朝倉須恵器窯跡」 [福岡県]|【西日本 ...



https://www.nishinippon.co.jp ? 西日本新聞 ? ニュース ? 九州 ? 福岡 ? 総合



2018/06/16 - 国の文化審議会が15日、文部科学相に指定を答申した国史跡で、県内からは日本の近代化を支えた。https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_sougou/article/425048/

同名の、
老洞・朝倉須恵器窯跡 おいぼら・あさくらすえきかまあと 、とは違い、
130基をこえる奈良・平安時代の須恵器窯跡が分布しており、美濃須衛古窯跡群の名で知られている。

国史跡指定へ 「筑豊炭田遺跡群」 「朝倉須恵器窯跡」 [福岡県] - NewsPicks
https://newspicks.com/news/3104846/

小隈窯跡から出土していた①上写真 ミニチュア―高坏か?
https://6309.teacup.com/kobutu/bbs/691

朝倉窯は漢式登り窯で焼成され、筑紫都で神祭祀が行われていたのは、既成の事実  https://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/591
小隈窯は、灰色硬質土器と赤土硬質土器は、漢式登り窯で、燃焼焼成されていたが、日本考古学協会及び教育委員会文化財課は、朝鮮半島から五世紀後半に、大阪に、やってきた?陶工が、九州に伝えたとしているが、
北部九州には、神宮皇后が、夜須には先んじる、都があったと、しており、
夜須の都?宮殿があり、用具?漢式登り窯で燃焼されていたのは、夜須全体から同時期の、漢式登り窯で燃焼されていた、灰色硬質土器と赤土硬質土器が、惣利遺跡の木製土器扉の年代と、符号している。夜須全体から同時期の、漢式登り窯で焼成していた、都は筑紫と、しているのは既成の事実で、五世紀後半ではないのである。

小隈窯調査中 二月より四月

窯、横から三月灰色ミニチュア高坏が出土した。これは川辺龍祭祀の用具である。

何故、福岡県や国は、筑前町の小隈窯調査に関知しないで、ゐられるのか?現段階で?

こんなに貴重な、国宝クラスの灰色ミニチュア高坏が出土なのに?2016年 4月 3日(日)16時40分35秒

福岡朝倉夜須下高場小隈窯からミニチュア、河辺灰色瓦質磁器が焼かれていた、更に、同墳墓から、ペルシャ石製の天珠(   )が出土していて、小隈窯年代が紀元前百年前~50紀元前の間である事が、判った。
更に四三嶋区の焼の峠墳墓が、(宇宙観)が、出ていて、雲南の長沙 馬王堆と、相対して、紀元前百年前迄遡ったという。http://kodaisijiten.web.fc2.com/kogumakamakawabejiki.html


 

言葉の使い方 かみむすぶとは、証言乃ことなり

 投稿者:児島宮教学部  投稿日:2018年 6月 6日(水)15時57分52秒
編集済
  これは間違い、です。むすぶ‐の‐かみ【結ぶの神】の意味 https://dictionary.goo.ne.jp/jn/215411/meaning/m0u/
デジタル大辞泉 - 結ぶの神の用語解説 - 「結びの神」に同じ。これは間違い、です。

結神とは - 世界宗教用語 Weblio辞書  男女の縁を結ぶ仲立ちの神。産霊神から転じた語ともいわれる。俗に出雲大神をそれとするが、島根県の八重垣神社では素戔嗚尊その他を祀り結神とする。 これは間違い、です。

「結ぶの神:むすぶのかみ」(神が入る熟語)読み-成語(成句)など:漢字調  これは間違い、です。




 

小野成季と柏木職名 衛門督の雅称で、かみむすぶとは、証言乃ことなり、すごい夜須は「柏木」

 投稿者:児島宮教学部  投稿日:2018年 6月 6日(水)15時53分25秒
  夜須はこんなに遺跡が、すごいのか? それは、日本が戸々から始まって、いたからである。

夜須三牟田の地名柏木職名の小野成季が見える。平山季重の墓が筑紫の山家山中に五輪塔墓あり、朝日に平山氏、、平山重村、子孫が住んでいた。大庄屋となり、江戸まで、続いていた。

1)侍従の君  末摘花の乳母子。忠実に仕えたが、のち末摘花の叔母の夫である太宰大弐の甥と結婚して九州へ下った(末摘花・蓬生)。
(5)侍従の君  小野の妹尼君の女房。

ところで、女房名は父兄や夫や家の官職によって付けられることが一般です。


「侍従」という女房の役割は何か

奏言官衙遺跡(三牟田在)に在任していた、藤原実範(さねのり)の子。成季は、筑前の国
応徳3年(1086)文章(もんじょう)博士となり,筑前(ちくぜん)(福岡県)筑後の国守などを歴任。
平安時代中期-後期の官吏,漢詩人。
地名の「柏木」遺跡とは本名ではなく、官位・巻名から付けられた通称である。

衛門の督の君〔:柏木〕
柏木の巻は、源氏の君、四十八歳の正月から。物語は「若菜下」の続きです。

「今様柏木」と同一.   忠臣身替物語

兵衛府の官人を 「柏木」 と表現した。

長は衛門督 (後に左衛門督・右衛門督)である。「柏木」は王朝和歌における衛門府、
衛門督の雅称である。

歴史の証人は?


小野成季と柏木職名 衛門督の雅称である。すごい夜須は「柏木」と証言していた。
久留米も小野成季が居たことが、判った。かみむすぶとは、証言乃ことなり。

福岡・佐賀の寺院の伝統風景 :: 私好みの色々最新リンク集 - 夜須の鎌倉http://lester.holy.jp/modules/rssc/single_feed.php?fid=56591&keywords=%C7%EE%C2%BF%2B%BB%FB

子に平山重友、平山重村、平山季武、栄西。 武蔵七党、日奉西党の平山氏のその後の系譜 平山李重ー本告季能櫛田宮の宮司職に補任されたのである 九州に転封した季能の子、小川 季直は配下の武士団とともに宝治元年(一二四七年)前後に甑島に入島 ...

夜須の鎌倉時代紀李重子息平山小太郎重村 (2008-12-16 18:43:43)
夜須の鎌倉時代の資料は残念ながら残されていません。
これは児島宮歴研会による、報告です。
独自に調査によると、夜須町の曾根田と三牟田に位置する遺蹟から、越州窯や泉州窯の磁器の出土品から、読み取ったのが、関る人物から、の関係が伺えます。
これは日本の古代歴史と深いつながりのある、中国の雲南地方との関係にありました。

中国の雲南地方との関係とは、広州は越国とされていたところでして、この越国の王が、後漢紀元前111年前に、この越国から渡海して移り住んだ処がこの夜須でした。以後天皇と中国との関係が、続いていました。
夜須から奈良に都を遷宮させたのは熊野という処でした。

やがて時は移り、平安の頃桓武天皇は二人の僧を派遣しました、最澄と空海です。
この時越国は広州に変わり、こことの関係は最澄と空海が、行った処でした。
これはつながりがあったのは、いうまでもありません。

紀元前に中国から始まったお茶の歴史。日本には、800年代に中国に留学した僧侶たちが伝えたとされます。
紀元前の古代、中国で発見されたといわれるお茶。漢の時代には、すでにお茶はよく知られていたようです。
遣唐使が往来していた奈良・平安時代に、最澄(さいちょう)、空海(くうかい)、永忠(えいちゅう)などの留学僧が、唐よりお茶の種子を持ち帰ったのが、わが国のお茶の始まりとされています。
平安初期(815年)の『日本後記』には、「嵯峨天皇に大僧都(だいそうず)永忠が近江の梵釈寺において茶を煎じて奉った」と記述されています。これが、わが国における日本茶の喫茶に関する最初の記述といわれています。


この後、時代は、平安末期~鎌倉となりました。
この時又派遣されたのが、僧の栄西(えいさい)禅師が宋から帰国する
鎌倉初期(1191年)に栄西(えいさい)禅師が宋から帰国する際、日本にお茶を持ち帰りました。栄西は、お茶の効用からお茶の製法などについて著した『喫茶養生記(きっさようじょうき)』(1214年)を書き上げました。これは、わが国最初の本格的なお茶関連の書といわれています。栄西は、深酒の癖のある将軍源実朝に本書を献上したと『吾妻鏡(あずまかがみ)』に記してあります。

日本一の茶処となったルーツは 中国・雲南省が発祥の地とされる

ここにあるように、茶とともに、雲南省が発祥の越州窯や泉州窯の磁器が、この夜須にも持ち込まれて、いた事が、児島宮歴研会による、報告で判りました。
この夜須に住んでいたのは、推測からすれば、源の名が見られます。
この人物と親しい人物とは紀氏を於いて他には見当たりません。
それは栄西一族になる、紀李重(平山李重)子息で栄西もその一人です。
これは兄弟にあたる、紀李重子息平山小太郎重村の館と見受けられる。
或は、住いは朝日とあることから、役所かも知れません。
これが、雲南省が発祥の越州窯や泉州窯の磁器発見につながりました。

地頭(じとう)は、鎌倉幕府・室町幕府が荘園・国衙領(公領)を管理支配するために設置した職。地頭職という。守護とともに設置された。

平氏政権期以前から存在したが、源頼朝が朝廷から認められ正式に全国に設置した。在地御家人の中から選ばれ、荘園・公領の軍事・警察・徴税・行政をみて、直接、土地や百姓などを管理した。また、江戸時代にも領主のことを地頭と呼んだ。出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
後白河法皇によって右衛門尉に任ぜられたが無断での任官であったため、これが源頼朝の怒りを買った。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B9%B3%E5%B1%B1%E5%AD%A3%E9%87%8D
建永2年(1207年)草花村の大行寺を祈祷所とした平山左衛門尉季重は1159年(治承四年)源頼朝の源家再興の挙

兵に直ちに応じ金砂城を攻略の後、源義経に従い木曽義仲軍と宇治川で合戦、一の谷、屋島、壇ノ浦の各合戦において活躍する。
鎌倉幕府の
元老として取り立てられた。1192年の源実朝誕生の際、鳴弦の大役を務めている。

その後(文治五年)1189年奥州征伐には嫡子平山小太郎重村と共に従軍、藤原秀郷の子孫と下野大擾の職にあった

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%8D%89%E8%8A%B1%E6%9D%91
番 平山小太郎 樟田小次郎 古郡次郎. 重村、武蔵、季重の一族

平山 季重(ひらやま すえしげ、保延6年(1140年)? ? 建暦2年(1212年)?)は、平安時代末期から鎌倉時代初期の武士。父は平山直季(成田成任)。子に平山重友、平山重村、平山季武、栄西。

武蔵七党、日奉西党の平山氏のその後の系譜
平山李重ー本告季能櫛田宮の宮司職に補任されたのである 九州に転封した季能の子、小川
季直は配下の武士団とともに宝治元年(一二四七年)前後に甑島に入島し、文禄四年(一
五九五年)に改易武蔵野守日野宰相宗頼の子孫で武蔵野国二宮郷(現在の東京都

小川は、本姓日奉「古代に日奉部が置かれ、太陽神を奉る。
武蔵二宮一帯を領していた小川太郎季能は、武蔵野守日野宰相宗頼の子孫
恩賞で甑島地頭として、嫡男小川小太郎季直が下向

平山季重の父親は平山(日奉)八郎直季とあるは、児島八郎盛宗で宗綱子息の養子
筑前福岡、対馬などに平山季重がらみがあるそうです。
平山李重ー本告季能櫛田宮の宮司職に補任されたのである


九州に転封した季能の子、小川季直は配下の武士団とともに
宝治元年(一二四七年)前後に甑島に入島し、文禄四年(一五九五年)に改易
武蔵野守日野宰相宗頼の子孫で武蔵野国二宮郷(現在の東京都秋川市)一帯を領していた小川太郎季能は、承久の乱において鎌倉方北条義時につき、宇治川の合戦などで武勲をたてた。小川季能はこの戦功により恩賞として肥後益城郡の七十町と薩摩国甑島の地頭職を授けられたといわれている。
九州に転封した季能の子、小川季直は配下の武士団とともに宝治元年(一二四七年)前後に甑島に入島

鹿児島県薩摩川内市里町里1684-2, 1221(承久3)年の承久の乱で功績をあげた
武将小川太郎季能の子、季直亀城跡
かんざきまちもとおり
神埼町本告牟田(莞牟田). 神埼町本告
牟田(鶴田). かんざきまちもとおりむたやまだ
本告氏
http://www2.harimaya.com/sengoku/html/motooi.html
小野氏系図

成田成任ー成壽成南寺修行──家長藤次出羽守──
成田成任野三大夫ー成綱ー佐々木児島盛綱

小野成綱──佐々木盛綱 前下総守野五郎左衛門尉
小野成綱─兼綱 兵衛尉 号中條義勝法橋

成田成任ー成壽成南寺修行─家長藤次出羽守─家衡─時家─頼平─竹崎季長五郎

時資猪俣介三郎、野五郎武蔵大夫横山義隆三男─時範─忠兼野三貫首─清綱─清重人見三郎

http://www.ne.jp/asahi/hon/bando-1000/data/keiz/yokoyama3.htm
武蔵七党横山党系図によれば、横山資孝の子の成任が成田を称したとある。そして、「成田系図」には助高を成田大夫とし、その子に成田太郎助広、別府氏の祖である別府二郎行隆、奈良氏の祖である奈良三郎高長、玉井氏の祖である玉井四郎助実の四人が記されている。この四人は「武蔵七党系図」にみえる資孝の子の成田成任

小野成任は北埼玉郡の成田・中条を領し成田成任(なりとう)を称した。この二子が盛尋である。 盛尋は頼朝挙兵時から頼朝に従い、. 各地に転戦して功績を挙げた。盛尋は出家して、中条義勝房と名乗った。吾妻鏡では成尋(じょうじん)

「茶は養生の仙薬なり…」ではじまる『喫茶養生記』を著し、お茶を日本に広めた人、栄西禅師。現代、あらためて健康によいと注目されているお茶の効能を、はじめて日本人に知らせた人物です。日本の茶の歴史は栄西の伝法とともに始まりました。
鎌倉時代の禅僧栄西禅師は日本臨済宗の開祖で千光国師ともいわれます。備中(岡山県)吉備津宮神主賀陽(かや)氏の出身で、誕生は保延7年4月。幼少のころから抜きんでた英才と伝えられており、11歳で安養寺の静心に倶舎婆沙二論を学び、13歳で叡山に登り、14歳で落髪。その後ももとの安養寺で修行し、19歳で再び叡山に登り台密の教えを学びました。
若き栄西は、仏教の源である宗の国へ渡り、大陸の正法を学んでわが国仏教の誤りを正したいという強い願いをもっていたようです。
栄西27歳の仁安3年(1168)4月、播磨の唯雅を伴って博多を出帆、入宗に成功します。あこがれの地で天台山万年寺、阿育王山に詣で禅宗への理解を深め、同年9月、天台の経巻60巻を携えて帰朝したました。帰国後は、その経巻を天台座主明雲に呈し、故郷備中、備前を中心に伝法につとめたといいます。

天台山万年寺で虚庵懐敞(きあんえしょう)に出会い師として学びました。さらに天童山景徳禅寺で臨済禅を学び、4年後の建久2年(1191)宗人の船に便乗して帰国しています。この2回の入宗のうち、いずれの折に茶種を持ち帰ったのかは定かではありません。ただ、はじめて栄西が持ち帰った茶の種を捲いたのが、肥前と筑前の境界の背振山であり、2回目の帰着が肥前平戸島であることから、2回目の帰朝で持ち帰ったと考えられているようです。参考元
http://www.ochakaido.com/rekisi/jinup/jinup01.htm
栄西(えいさい)
http://homepage.mac.com/iihatobu/busseki/eisai.html
砥上から出土した越州窯や泉州窯の磁器が語るのは、ここに居た人物が源氏と深いつながりが、あった事が判る。

年改まった2月の始め、将軍直属学問所開いて学芸好みし近習を当番制で詰
めさせた。朝盛番のその時に、栄西僧正説法を聞く集まりを設けたり。将軍
始め近習が、尊い話聞いた後、長い頭を振りながら僧正皆を見渡して、
栄西「皆さん、普段心にかかっていることがあれば、お尋ねください、私で
答えられることならばなんなりとお答えいたしましょう」
実朝「普段強がっていますが、私は臆病に捕らえられがちです、どうしたら
よいでしょうか」
将軍のあまりに素直な問いかけに、栄西微笑み答えたり
栄西「その病の元を断ち切るのです」
実朝「その元はどこからくるのですか」
栄西「実朝様ご自身じゃ」
実朝「どうしてですか」
栄西「将軍様の実朝という自己を投げ捨てた時わかります」
実朝「どうすれば自己を投げ捨てられるのですか」
栄西「一切の邪念、迷いの意識を断ち切るのです」
実朝「いかにしたらそれを断ち切れますか」
栄西「座禅を組み、実朝様に属する一切の思いの源に徹底的に近づいてみる
のです」
実朝「私には毎日携わらねばならぬ俗事がありますので、そちらに心が囚わ
れてしまいます」
栄西「いかなる俗事も、修行の機会となされませ、そのことに臆しているな
ら、そういう己の心を深く覗いて見られるがよい、内なる実朝様の誰なるか
に気付くでしょう」
朝盛「僧正殿は、全ての人に仏性ありと言われましたが、それなら何故修行
なぞ必要なのでしょうか」
栄西「修行することにより内なる仏性を観ずるのです」
朝盛「私ども、武士はこの世の俗事に心を砕かざるを得ません。おのれの領
地を守るためにはきれいごとでは済まぬ場合もあります、場合によっては人
を殺めざるを得ぬ時もあります、そのような人間が救われるのでしょうか」
栄西「生きよ、生きまくれ、その果てに全てを捨てよ」
朝盛は、領地を守り、拡げるに執念燃やす義盛に思いを馳せて、少なくも否
定はできぬ、半端なる生き方しては、この我の誰なるのかはわからない。
佐久間祖朝盛「将軍家の脇でいろいろと聞かせていただきましたが、今日の浄遍様
のお話には大変感動いたしました。」
実朝「法然上人が説かれた教えということじゃが、栄西僧正の説かれる教え
とは対照的じゃな」
朝盛「人を殺めざるを得ない武士は、いくら修行しても成仏は無理と思って
おりましたが、南無阿弥陀仏という念仏を唱えれば極楽往生できるというこ
とです、心の雲が晴れる気がいたしました」
栄西禅師が持ち込み、明恵上人が
普及させたらしいのです。 栄西禅師は2度宋に出かけています。
この頃の越州窯や泉州窯の磁器出土と夜須の関係が判りました。
文化財課がこれを隠しているのは、何かの圧力によると考えられる。

夜須町にこれだけの名前を残す人物が未だに、未発表なのは、児島宮の歴史
を、広められると困る側の圧力だろう。

吾妻鏡入門出演は行 -
12巻建久3年(1192)8月9日。15巻建久6年(1195)3月10日. 平山重村(小太郎)10巻建
八田知定→筑後知定

八田知重→筑後朝重

八田知尚→筑後知尚

八田宗綱(武者)第1巻治承4年(1180)10月2日、http://adumakagami.web.fc2.com/shutuen-06ha.html

平山季重(武者所、右衛門尉、左衛門尉)第1巻治承4年(1180)11月4日、7日。3巻寿永3年(1184)2月5日・7日。4巻元暦2年(1185)4月15日。9巻文治5年(1189)7月19日。12巻建久3年(1192)8月9日。15巻建久6年(1195)3月10日

平山重村(小太郎)10巻建久1年(1190)11月7日


平安?代末期到???代初期武藏七党之一西党(日奉氏)的武将,平山直季之子,出生于武藏国多西郡舟木田庄平山?。



本    名平山季重 所??代保元元年 出生地武藏国多西郡舟木田庄平山 性    ?男
寿永3年(1184年)平山季重参加了源??率?下的木曾?仲?伐?,在宇治川之?中??根井行?和楯?忠,攻入京都。同年在一之谷之?中参加了源??的奇?部?,从一之谷平氏大?的背后??奇?,和熊谷直?一起立下大功。元?2年(1185年)在屋?之?和?浦之?中作?先?参?。当?平山季重以作?勇猛而著称,由于?功?得了筑前国三笠郡原田庄的封地。但是?后因?私下接受后白河法皇授予的官?而受到源?朝的怒斥。

文治5年(1189年)奥州之?中平山季重派遣儿子平山重村参?,并且立下大功。

建久3年(1192年),源?朝?生之?,平山季重被分配担任主管礼?工作。

建?二年(1212年),平山季重病死。 [1]  https://baike.baidu.com/item/%E5%B9%B3%E5%B1%B1%E5%AD%A3%E9%87%8D
 

日本はすべて重複:ケルトのヤマアラシ

 投稿者:児島宮教学部  投稿日:2018年 5月16日(水)17時31分31秒
編集済
  日本はすべて重複して、いなければ、
はまさに伝承文学の10の特徴をすべて含んでいる。

見た絵が重複していて、その当時の人気ぶりがわかる。
絵は桐、ヤマアラシみたいなのもある。
純粋なアイルランド布刺繍のほぼすべてのケルト族の結び目。

中国や日本と密接な関係を築き上げたという。

ケルトの神像 1 ケルト文明で信仰されていた神の像。
合理的に良いことにまったく同じこととしてヤマアラシが表示されます>



「天地合わせたすべての生命や存在」日本料理の美しい盛り付け。 ... その日本料理の盛り付けの美しさに一役買っているものに「飾り切り」や「あしらい(ashirai)」があります。
ケルト族の結び目 (生活の継続の古代のシンボル)

世界が日本に、合わせている、それは見つける、日本は宝の国とよんでいた。西洋が求めるのは、ケルト探しかも。
ロシアの昔は、王族の、文化が、豊かに、していたのは? 今は共産主義で、きびしい時代に。
みんなを豊かに、するという、「天地合わせたすべての生命や存在」
目指すのは、児島宮かも、「あしらい(ashirai)」

目指すのは、しかもそれらと重複する。

地震の原理が何故解るのか? 神に逆らうものは、神に逆らう者が滅びるという。
を利用するには?
神に従う人の名は祝福され 神に逆らう者の名は朽ちる。
知恵ある心は戒めを受け入れ 無知な唇は滅びに落とされる。 9 完全な道を歩む人は安らかに歩む。
神に逆らう者は危惧する事に襲われる。神に従う人の願いはかなえられる。

逆らう者は、神の定めにそむく者である>
昔の掛け軸と今の西洋画の違いが、昔と近代の違いとなる。

江戸絵画は何を、為としたのか、考えよう、それが今を、表すだろう。





 

児島宮は江戸初期より三回遷座しています

 投稿者:児島宮歴史列伝  投稿日:2018年 5月 8日(火)15時07分7秒
編集済
  三回遷座があるのは、珍しい神社です。
それだけでは無く、児島宮の神々は、平山大明神、坂野明神、天満大天神、の礎が、あり、これも珍しい伝統、があります。



本朝皇胤給運録には、平山陵とあり、日本では知られていない、ウガヤ尊が平山陵とあり、こり平山が宮崎や鹿児島につくられた墳墓に、脚本による改竄がされていた事が、二年前に中国福建省?山の地鉄工事の時、発見されたのが、ビン越国の祖、無渚の、城という事が、解りました。これが日本と切り離せない、存在となったのが、
その地は平山県の平山駅、といわれ、治城の軒丸屋根瓦が発見され、ようやく、幻だった、天皇となされた、神で、軒丸屋根瓦から、日本と同じ万歳と、形どられた、軒丸屋根瓦が、出土していたのです。

福岡県朝倉郡筑前町(旧夜須)の惣利遺跡の木製工房出土の唐枕だと、錯誤したのが、越枕だったのです。
唐枕は隋の次で、越枕よりも、六百年後となります。
 

日本の神社の祭主は、誰、、その答えは、天子の「禹祭、児島宮」

 投稿者: 児島宮歴研会  投稿日:2016年11月18日(金)20時15分41秒
編集済
  まつりの、開始は、日本の神社の祭主は、誰、、その答えは、天子の「禹祭』に、始まった。
『禹祭』はアジアの各国に、最近になり、『禹祭』越王の末裔似氏に、ある事が解りました。
ビン越王丑は、日本のウガヤに名を変えて、始まり、その子が、祖先の天皇に因み、イワレ彦が天皇を名乗ったのが、日本の始まりとなりました。

天皇はイワレ彦の祖父、ビン越無渚、の治城に、天王を、二年前に、発見したのが、児島宮歴研会 でした。
天皇は、香港の客家、にも、テンノウ、と、呼ばれている事が、児島宮歴研会によって、ネットで、五年前に、公開されています。
それは今から二千百一年前を、見つける事が、出来たのは日本と、台湾やミャオ族の、相似に、ありました。
児島宮歴研会が、邪馬台国は、卑弥呼では、なかったの中で、河姆渡遺跡が日本の原点としていたので、、、中国により調査されたのも、越王と倭人(周国)、の解説をした事が、きっかけと、なりました。

又「太平記」の中の、越王勾践と児島祖失くしては、調査は、されなかったでしょう。中国では、それ以前は、神話で、実在していないと、言われていたのです。
今の日本で、さえ、、越王勾践と児島祖失も、関係あるという事すら、見えていないのです。
児島高徳の実在さえ、平成十年頃にも、見えては、いなかったのです。
昭和の書物も、児島高徳の実在さえ、見えては、いなかったのです。

今の全国の神社や仏閣さえ、日本で開始となったのは、神主でも、知る人は、誰も、いないのです。
サイトの掲示板で、二十三年前から、中国から、ウガヤ丑王によって、もたらされていたと、書いていました。
邪馬台国フアンの方から、誹謗中傷を、受けていたのも、空事になっていたから、でした。
神社や仏閣の方々は、まだ、天皇はイワレ彦の祖父、ビン越無渚によって、始まったとは、知られる人は、いないでしょう。
例えば神社、仏閣の始まりは、古代中国の武夷宮の、ウガヤ丑王の名が、八尾王とか、あります。ネットで検索されれば、出ています。
仏閣との関係は、考古学で、三角縁神獣鏡が日本の各地で出土しているのが、見えています、この三角縁神獣鏡は、白馬三郎の名で、古代中国では「白馬寺」が仏の始まりとなっていて、白馬三郎とは、ウガヤ丑王の事、となっていました。
ここで三角縁神獣鏡は、白馬三郎に関係している事が解ります。https://zh.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BD%E9%A6%AC%E5%B0%8A%E7%8E%8B

馬祖 白馬尊王,又稱白馬三郎,為中國福建的?土神祇,尤以福州人最為崇信。白馬尊王,為三位神祇之名,即「異神同名」(註一),因名諱相同常易混淆,一為除鱔妖之「閩越白馬尊王」,另一為開閩白馬尊王,亦有附會「白馬尊王」名號的其他地祇神靈。

馬祖列島先民多來自福建省,尤以福州閩東語系區為大宗,先民遷至馬祖生活普遍帶入原?信仰,其中以「白馬尊王」佔大多數,如各?皆有白馬尊王廟或配祀白馬尊王。然在馬祖,可見「白馬尊王」、「白馬大王」、「白馬王」等廟名,其名諱雖然相似,但不全然是「同一尊神」。此與馬祖信仰源流相同,不外由原?攜來分靈香火、本境大王信仰、水流遺體立廟、海漂香火神像等,而「白馬尊王」之來源大概可分為以下三類

八尾王繇王丑,?越国国王。繇君丑是无?的?子。建元六年(前135年)」 夏后ビン越. 2015/10/17 繇王丑,?越国国王。繇君丑是无?的?子。建元六年(前135年)閩越國第9代帝王前110年 閩越王城遺址 ? 冶城 ? 城村 後福州、白馬山、http://star.ap.teacup.com/tensi/188.html

洛陽白馬寺- YouTube https://www.youtube.com/watch?v=a0d_-Ht_sAU
中国最古の寺「白馬寺」について、日本人にはそれ程多くは知られていない。
607年、最初の遣隋使として小野妹子がこの隋の都・洛陽にやってきた。
空海の100年も後の慈覚大師円仁も、中国内陸をあちこち歩き、五台山まで登った。
http://4travel.jp/travelogue/10720511
白馬寺の中の空海像。河南洛陽白馬寺

児島宮知らずして、何もなし。児島宮には、河南洛陽は先祖の地也。

https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-TW&u=http://china.go2c.info/view.php%3Fdoc%3DHenanLuoyangBaima&prev=search


邪馬台の国講座児島宮歴研会 リンク http://6729.teacup.com/siyujin/bbs
 

天子の「禹祭」は、ほとんど、見られない

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年10月15日(土)08時23分47秒
編集済
  ここに神社とは神では、無い、人物が、各地の神社?実はここに不可解が出ている。
神社とは「禹祭」を行う。
「禹祭」を行う大禹祭 - 國家之窗

伊勢神宮では執り行われていなかった。大禹祭 - 國家之窗

「禹祭」について、こう記録されている。
禹以下六世而得帝少康 少康恐禹祭之絶祀 乃封其庶子於越 號曰無余 ...児島宮
「禹祭」とは鬼神の祭、

夏禹祭焉。続群書類従 13上(文筆部) - 81 ページ  現代人が知らない。

天皇が行う、いやそれは違う?では、少康恐禹祭之絶祀 乃封其庶子於越が行う。

天子之位,治國於夏。遵禹貢之美,悉九州之土以種五穀,累?不?。?使使以?時春秋而祭禹於越,

日本ではウガヤ尊によって、福岡県朝倉郡夜須の下高場田屋の丘上で、行われていた事が、「象の布江」一メーター下から出土して、「禹祭」儀式の跡が見えた。

「禹祭」は常世の国を目指すと「記紀」は記す。

秦の始皇帝もおこなった、夏禹祭焉に欠かせないのは?禹於越後裔の禹祭でなければ、ならない。

越後裔の後が二年前暮れ、福建省?山の地鉄工事の際平山駅の地下から、発見され、天皇の住まいが、治城で、軒丸瓦に、平山天皇模様が、ビン越祖、無渚と、児島宮歴研会が発表していた。


紹興市 - 西宮市 夏王朝の始祖・舜王や大禹が足跡を残しました。昔は会稽と呼ばれ、春秋時代の ... 禹王が葬られた所)/ 沈園 / 環城河 / 柯岩/ など。 主な祭りとして、大禹祭。

《越王無余外傳》
禹以下六世而得帝少康。少康恐禹祭之?祀,乃封其庶子於越,號曰無余。余始受封,人民山居,雖有鳥田之利,租貢纔給宗廟祭祀之費。乃復隨陵陸而耕種,或逐禽鹿而給食。無余質朴,不設宮室之飾,從民所居。春秋祠禹墓於會稽。

https://www.youtube.com/watch?v=kWZ87GAWyIk


 

神社とは神の道にまっすぐ進む場所に、なっている

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年10月 6日(木)15時45分2秒
編集済
  神社とは神の道に、夫婦のように、進む、歩む為の家と、なっていると伝わる。イザナミ、いざなぎの、道と、なるように、神殿は、まっすぐ進む場所に、なっている。
神の道に、まっすぐな、神殿では、無関係のようだ。

日本全国には、神社が建てられているが、崇敬の為に、建てられたのが、果たして、天子との崇敬は、ほとんど、見られない。
ここに神社とは神では、無い、人物が、各地の神社?実はここに不可解が出ている。
神社とは神では、無い人物が、各地の神社?実はここに不可解が出ている。
ここに祝詞には関係のない、各地の神社?が、ほとんどのようである。

このように神社とは神の道とあなたが、相対する場所であろう。

何故、祝詞を奏上けるのか理由が、解らない現代で、有名と、いえども、神々に反したのが、神社が民に受けている。

人々は、力の強い、ものほど、憧れ崇敬、従っている。このように神々とは無縁なのである。

東寺、高野山、は神と繋がる天皇が、寺は頂点になっていて、道にあやかる、為に寺は建てられている。
このように寺は、地の善ある仏だけが、人々が、おやかるように、恩恵の教えのごとき、うける寺と伝わる。
神と繋がる天皇が、神々八尾の創建と共に中国の白馬寺の祀りを、絶やさないように、行うものであった。

古代の人々は、鏡を身代わりに、自分を映す霊として、埋葬していた。
東王父,西王母が刻まれているのが、仏になる為の道しるべと、なっていた。
天は神地は仏であり、地の仏が天上に上り、神社の道となるように、願って、崇敬していた。

神々の生い立ちは、朝鮮としているが、これは間違いで、すべてが朝鮮半島からの、モノではありません。
神仏は中国に、よって創生され、やがて日本に、やってきたのです。
五世紀に、敏達天皇により遣唐使が、渡海した国は朝鮮半島では無い。
隋書倭国伝にも、記録されている。
遣唐使を出した天皇は、知っていた?
日本の生い立ちを?

万葉集にあるように、史実を、記録している。

もう、お分かりいただけたと、思う、?

神社とは神の道に、イザナミ、いざなぎの、道と、なるように、神殿は、まっすぐ進む場所に、なっている。

神社とは神の道に、互いに、そうように、祀るものである。
神社とは、好みで造る神社ではない、又地域が造る神社ではない、何故なら神々とは無関係になってる、そこに神社の由来がある。
神社の由来に、創建者があるものは、別にして、神々と相似しているか、による?
好みで神社を建てても、まつらないのでは、神々に反する。
神と繋がる天皇が、神々八尾の創建と共に中国の白馬寺の祀りを、絶やさないように、行うものであった。
灰色硬質土器は、これらの、祭りの用具である。

東寺、高野山、比叡山、熊野神社、伊勢神宮、大覚寺、仁和寺は、正しい祭礼は、行われてはいない。
神と繋がる越王天皇が、神々八尾の創建と共に中国の白馬寺の祀りを、絶やさないように、行うものであった。これが神社、仏閣の道というものであった。





 

大禹 という神

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年 9月29日(木)09時21分39秒
編集済
  その大禹 という神の封禅地は中国の越の地方にある会稽安邑と言うところである。
丑越王は、之により、九州筑紫の夜須と定めました。
そして、松狭に、神殿を造り天皇の名の平山宮と、定めました。
文徳天皇の時代、奏言郡大領地に、前田臣市成という人物が、郡の役人として、住んでいたところからその地を、前田(御酒)と名乗っていました。
今も、三牟田から篠隈辺まで字が前田と、続いています。
郡(ぐん)は、行政区画の一種。中国・日本・朝鮮などの漢字文化圏に導入されたものである。行政区画の一部を日本語に翻訳するときに、 ... 郡には郡衙が置かれ、班田や徴税の管理に重要な任務を果たし、律令制度下の中央集権的行政の末端に位置した。延喜式では591郡があったとされる。郡の下に郷(西郷、東郷)、郷の下に里が置かれた。
夜須の郡衙は平安末まで、砥上にあり、文化財の石井女史により、発掘調査が行われ、栄西上人が、、小野、秋月成李が、柏木遺跡、筑紫夜須と筑後郡衙に、任官していたと記録がある。
http://kodainolekisikan.web.fc2.com/klumevnkazai.html

前漢代に入ると、郡に並行する地方区画の国、すなわち諸侯王国(藩王国)が置かれ、「郡→県」と「国→県」との 2 ぐんこくせいされる一方であった。国→県」の封国制 ... 里は大宝以前からの、言い換えれば前の王朝の地方制度 なに、なぜ抹消されなかったのか。https://books.google.co.jp/books?id=FMaKCwAAQBAJ&pg=PA53&lpg=PA53&dq=%E9%83%A1%E5%88%B6%E5%BA%A6&source=bl&ots=pyO2kUmVVU&sig=5RU2bZKDxMyJnLILkV7utAKiuEU&hl=ja&sa=X&ved=0ahUKEwjy9s-zrrPPAhVEE5QKHa21AWo4ChDoAQghMAE#v=onepage&q=%E9%83%A1%E5%88%B6%E5%BA%A6&f=false

国郡の制度と高千穂 大化の改新では、それまでの国造・県主などの支配していた土地や住民は大和朝廷の支配下におかれ、国郡の ... 肥後国阿蘇郡知保郷と書いた郷名が見受けられ、もともと九州中央部の広い地域にあった高千穂は、新しい国郡制度からで、日本の始まりではなかった。

福建省越窯でつくられた、磁器を、船で運んで、きたのが、児島宮歴研会の調査で、福建省越窯に、ゆかりがあったので、というのは、丑越王(八尾越王)が福建省屏山、治城と、武夷城村宮に、紀元前百十年前迄、ビン越国に居た事が解りました。
これが、日本夜須にに中国、髄の使者がやって来たのが記録により、夜須は華夏人の国があると、書いているので解る。夜須は大伴の家持が万葉集に夜須の句の歌詠んで、いる事が解ります。
日本の古代の重要さが、奈良にばかり、囚われて、あまり知られていなかったのは、日本開始の夜須の落ち度と、なっています。教育委員会は、解らないのでと、しているのは、教育の落ち度と、なっています。

張愛萍

今の浙江省 紹興辺りである。この神話は後に中原地方に伝えられ、その影響は大いに広がった。
大禹 が「地王」として尊ばれ、人々に祭られるようになった。日本にも類似の神話がある。
越は中国古代の春秋戦国時代よりも前から存在していた古い国で「、于越」あるいは「大 越」、「百越」とも言われる。中国古代では、越族の住居するところである。春秋戦国時代 の末期、この辺に生まれた越の国王・勾践の「臥薪嘗胆」の物語はよく知られている。
その領域は今の江蘇省の一部、浙江省大部分、広東省と福建省の一部に及ぶ。禹 の六世孫、少康の息子無余はこの領地の最初の領主であったため、越の人々に始祖と称さ れた。
神話伝説が集中的に存在している地方に ある大きい山あるいは丘陵を神の陵と指定し、それによって、自分の神に対する信仰と崇 拝の気持を表すものであろう。
その封地と指定されたのは泰山一カ所だけである。
「封」は天を、「禅」は地を祭る中国古代の儀式である。具体的に言えば、「封禅」 とは、中国古代の帝王が泰山に登って天を祭る儀式を、泰山近くの小さい山に登って地を 祭る儀式を行う祭祀儀式の総称である。

「尚書・呂刑」曰く。「禹平水土。主名山川。稷降播種。農植嘉穀」8。 「呂刑」は周穆王時期に出来たものだと言われている。
西周後期になってから、 禹を祭る活動が中原地方でも始まったため、「大雅」、「小雅」及び「周魯頌」の中にも屡々 禹が登場するようになったのである。
夏禹。名文命。禹之父曰鰥。鰥之父曰鬣苡。鬣苡之父曰昌意。昌意之父曰黄帝。禹 者。黄帝之玄孫而帝鬣苡之孫也。
「越絶 書」と「呉越春秋」だけは、この神話の本来の姿を保存しているといえよう。
塗山は安徽省にある山であり、楚の国にも近いとこ ろである。この地方のことも神話の重要な内容になっているため、ここを通して、楚の国、 さらには中原地方へと広がっていく条件は揃っていると言うことであろう。

日本の「泥祭り」の別名は「オオハラクチ」とも言う。それは厄払いの意味であろう。 主に日本では大きな川のひとつである。川辺祭

神話の原型にあるよう に鯀が腹を切って禹を生んだことを、「女嬉」が自分の脇下から禹を生んだというように 変えられている。また禹の家系も改められた。これも「呉越春秋・越王無余外伝」にある 記述である。
 禹父鯀者。帝鬣苡之後。鯀娶於有辛氏之女。名曰女嬉。年壮未孕。嬉於砥山。得涓 苡而呑之。意若為人所感。因而妊孕。剖脇而産高密。


夜須の柏木遺跡の武夷山、宋時代の椀や茶壺破片 文化財の石井女史により、発掘調査




 

福建省屏山地鉄平山駅ビン越、治城宮殿2013年発見

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年 9月 7日(水)16時36分38秒
編集済
  福建省屏山地鉄平山駅ビン越宮

東治県(冶県)」の地に閩越国の王都が開設された。
http://www.iobtg.com/C.Fuzhou.htm

二年前中国福建省?山平山の治城が、地下鉄工事で発見 http://kyusai.jugem.jp/?eid=113


福州冶山出土的?越国?殿的瓦当,被作?福州是冶城所在地的?据

冶城(???:Iā-siàng;?南?:Iá-siâ?)是前202年至前110年??越国的都城,很多?史学家??冶城即?冶,其城址一般??位于今天中国福州的屏山?南麓冶山一?,但也有?多?于城址所在的不同看法。冶城建于?越王无??治?期,?于?武帝?亡?越国的?争,作??越国国都共92年??。  http://www.taodabai.com/2088102.html

武漢治城
http://baike.baidu.com/item/%E5%86%B6%E5%9F%8E/10469520

福州屏山及武夷山的城村
福州地下鉄の駅の工事現場は、福州のPingシャンピングシャン、地下に埋設古代遺跡のYeshan交点を見つけました。2013年の考古学的発掘調査の終了
2200年前にさかのぼる発見福建省と古代遺跡。

窯、貯水池、井戸、ピット、石の台座、杭、杭グループ洞は、直接、市の歴史的な文字が陶器、磁器、銅、鉄、ラッカー、角度および他の材料;.種はレンガ、タイルを含む。


 

日本の歴史を学ぼう

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年 9月 7日(水)16時11分54秒
  「武夷山12ビン越王国の全貌」?播?:《中国世界遺産ものがたり》?在?播放??酷网,??高清在??看 http://v.youku.com/v_show/id_XNzMzMjAzMjcy.html?beta&f=22175900

「武夷山13 武夷山の出土品」?播?:《中国世界遺産ものがたり》?在?播放??酷网,??高清在??看 http://v.youku.com/v_show/id_XNzM4MDQ1MTg4.html?beta&&f=22175900&from=y1.2-3.4.9&spm=0.0.item_XNzM4MDQ1MTg4.A.eBd1yG

「武当山11 天に選ばれし皇帝」?播?:《中国世界遺産ものがたり》?在?播放??酷网,??高清在??看  http://v.youku.com/v_show/id_XNzYyNDExNDY4.html?beta&&f=22175900&from=y1.2-3.4.15&spm=0.0.item_XNzYyNDExNDY4.A.3vrsTS

「武夷山12 ビン越王国の全貌」?播?:《中国世界遺産ものがたり》?在?播放??酷网,??高清在??看  http://v.youku.com/v_show/id_XNzMzMjAzMjcy.html?beta&&f=22175900&from=y1.2-3.4.8&spm=0.0.item_XNzMzMjAzMjcy.A.o4wUTj

「武夷山10 古の王国・ビン越」?播?:《中国世界遺産ものがたり》?在?播放??酷网,??高清在??看  http://v.youku.com/v_show/id_XNzI2NTY3Nzky.html?beta&&f=22175900&from=y1.2-3.4.6&spm=0.0.item_XNzI2NTY3Nzky.A.1RMXXL

「武夷山11 武夷山の古代文明」

http://v.youku.com/v_show/id_XNzMwODQwODQ4.html?beta&f=22175900
 

遺跡は人間の先祖を語ると同じく、役目があった事は、誰も、悔いにせず、知らずに、地上から消えている

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年 9月 2日(金)12時58分8秒
  日本の考古学の現実は、?
こんな法律のおかげで、日本全国々いたるところで365日発掘調査が行われるが、遺跡は消滅している。
これと同じなのが、無益な憲法と同じで、催眠商法にかかり、正気ではなくなった。
遺跡が消滅したように、日本は日本でなくなっていた。
変わりに、住宅が立ち並び、
その事すら、何を意味するのか?理解する者はいない。
これが無益と解らないのは、悲しい事である。
考古学は何も学べなくなったのは判る人すら、誰もいない。
ここに遺跡の重要さがある?
遺跡は人間の先祖を語ると同じく、役目があった事は、誰も、悔いにせず、知らずに、地上から消えている。
戦争は何故するのか?
イラクにしろ、トルコにしろ、
戦争の目的は、?
遺跡の抹殺に、他ならない、人類の危険な存在。
そういえば、
こんな法律のおかげで、日本全国々いたるところで365日発掘調査が行われるが、遺跡は消滅している。
発掘調査の後には、どうなったのかと、戦争の足跡は同じである。
憲法破壊者政治と同じ戦争は、人類が無益になる?

何ひとつ変わりそうにない日本考古学協会の態度
考古学が解く日本人の現実/
現実はそれほど甘くなく両親などにずっと昔話したら何をばかな事を・・と一括される。
否めない。 その主な原因は、日本考古学における「理論」の欠如である。
考古学は古い時代のことを研究する学問だと思われがちであるが次元の、過去がなければ、すべて無益となる。

憲法が改正されている、宇宙探検と同じく、人類の未知な、調査よりも、過去がなければ、すべて無益となる。
少子化高齢の今、すべて憲法改正しても、無益なだけで、他民族の世界になるだけ。
日本の考古学の現実は、?遺跡は消滅証拠も、なくなった事を思い出してほしい。

現代は新しい事だけ、モノの大切さが、消滅証拠になった。



 

日本の神々の宮殿越王台とは児島宮

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年 8月11日(木)11時03分41秒
編集済
  日本の神々の宮殿越王台とは、紀元前五百年前に、呉越の戦いの後、中国福建省に、越王勾践が覇者になり、越王台(日本の筑紫城耶麻台と同)を建てた。
日本人なら誰もが耳にした、やまたいこく、の事である。http://www.e-asianmarket.com/asia/shaoxing42.html

前202年、無渚は閔越王に封じられた。写真左側が西、真ん中が北、写 真右が東方向で、宮殿遺跡の平面プランが木の左側に写っているhttp://heartland.geocities.jp/zae06141/jyoson1.html

画像三枚目は児島宮 二つの神殿は無渚は閔越王と同じである。

神々とは天皇のことで、今の天皇とは違う、てんのうは、今から、二千二百年前の、前202年、無渚は閔越王により、福建省屏山平山に建てられ、別に平山城とも謂う。
無渚は閔越王の先祖は、中国福建省に、越王勾践である、その先は夏王朝、夏后てある。
神々の祖先は、夏王朝、夏后てある。

日本人は五世紀後半の朝鮮半島から神々は始まったと、明治に、革命派が、虚証を流布している。明治天皇以降は、これに元ずぃて、虚証を流布している。
日本天皇は無渚は閔越王の先祖は、中国福建省に、越王勾践である、その先は夏王朝、夏后てある。
他民族は、天皇になりたくても、なっていても、てんのうでは、ありません。政治や権力では、てんのうには、慣れない。
いま日本の政府は、天皇の歴史を、文部科学省が政府との間で有識者会議で、選んでも、現実には、史上日本の神々の天皇では、ないのです。政府と権力者が、国民を欺いているだけに、過ぎない。
これにより利を得ているのです。
日本で天皇になれても歌舞伎と同じで化けているに過ぎない、中国やアジアに、於いても、中国福建省に、越王勾践である、その先は夏王朝、夏后てある。系図辞典で、ウガヤや神武、天神七代孝元、敏達天皇、舒明、天智、桓武、後鳥羽も平山天皇なのです。この平山天皇は、二年前無渚は閔越王で、児島宮歴研会が解明しました。

奈良の神武台(平山)天皇台、田原にある。
二つの廓に囲まれている。










 

ウガヤフキアエズ御陵つまり天孫降臨地としたのが、何も知らない者が、鹿児島や宮崎が、天孫降臨地と、騙していた

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年 7月22日(金)06時23分15秒
編集済
  ウガヤフキアエズ御陵つまり天孫降臨地としたのが、何も知らない者が、鹿児島や宮崎が、天孫降臨地と、騙していた。
その時期が、斉彬公毒殺、お由良事件と、関係していた事が、判った。
これが明治以降の、天皇にあたらずで、隠蔽された、魂胆だった。

ウガヤフキアエズ御陵だけに関わらず、関白の変わりに、天皇代理の宮内庁を設けていた事が,日本の西洋化事件の発端であった。
こうして日本は一変してしまった。
今が天皇と言えば、関白の変わりに、天皇代理の宮内庁と、日本の土台?が消えて、しまって、未だに国民は、本物の、天皇と、思っているのは?鹿児島や宮崎が、天孫降臨地と、犯人が騙していた。

国民が、日本が様変わりしたのに、本物の、天皇と、思っているのは?鹿児島や宮崎が、天孫降臨地と、犯人が騙していた事が、インチキ偽の日本の土台?だった。
国民が黙された日が、明治天皇と憲法の始まりで、国民を先導したのは?武器となった、西洋憲法なのに日本式生活と、勘違いしている事になってしまった、原因であろう。

「鹿児島や宮崎が、天孫降臨地と、犯人が騙していた」これは、事件なのに、明治革命に、ごまかされて、しまった、のが今に尾を引いている。

正そう、日本の土台とは、日本の創生に関連している。
日本の土台とは日本の創生に関連している。
天に逆らう者は亡びると菜根譚?長くは続かないという。自然が教える。
正そう、日本の土台とは、日本の創生に関連している。
日本の土台とは、やはり、之無くしては、天孫降臨地日本の土台?である。

それは天孫降臨地が正しくなければ、日本を西洋化に変えた犯人を問い正す事?の事件の解決であろう。
はい、そうでしたとは、簡単に自白はしない、では、どうしたら、日本を西洋化に変えた犯人を問い正す事?に行き着けるのか?
それは天が導いていた、日本の天皇の創生とは?日本の土台とは、やはり、之無くしては、天孫降臨地日本の土台?である。
と、なれば?「鹿児島や宮崎が、天孫降臨地と、犯人が騙していた」

天孫降臨の地とは、日本の創生の事であり、その地には、天皇遺物が、確認できるか、である。
神代の物語が数多く登場し、その中核をなすのが「天孫降臨」神話だ。皇室の祖先神である。

天皇系図には、吾平山御陵とあり
ウガヤフキアエズ御陵つまり天孫降臨地と一致していなければ、正しくない。

鹿児島や宮崎には祭器窯がないので、天孫降臨地ではありません。

天孫降臨地と、偽ったのは?宮崎ではなく、薩摩藩最後の藩主島津忠義の鹿児島に、隠蔽がある。

お由羅騒動にて薩摩藩第11代藩主となった島津斉彬は、1858年に死去した際、まだ実子が押さなかった事から、遺言で島津忠義に長女を嫁がす事で、養子として後継者に指名した。 こうして、暐姫(島津暐子、てるひめ)を正室として第12代の薩摩藩主となる。
最後の藩主: 島津忠義(島津家)遺言で島津忠義に長女を嫁がす事で、養子として後継者に指名した。
島津忠義父久光がこの時から実権を握っていた。

平山御陵が造られたのはこの時といわれ、島津忠義父と久光が、利用したと思われる。により、孝明天皇では、なく明治天皇から従一位を授与されている。
ここに不可解な、明治天皇から従一位を授与が見えている?
従一位は、孝明天皇が暗殺されてから、でここに不可解が見える。
従一位は、功績がなければ、授与されず、島津忠義には功績がなく記録もなく、不可解な従一位は、天孫降臨地説と吾平山御陵の造成の吾平山御陵であろう。
従一位官位は天皇近親者でなくては、なれないのである。

特に島津忠義父久光の母がお由羅騒動の島津斉彬暗殺という。鹿児島では知らぬ者はいない。
島津久光は藩主ではなかった、のに、
幕府は一外様大名である薩摩藩の、しかも藩主ではなく、また当時官位も持っていなかった島津久光である。

言うなれば、天皇地と催眠洗脳した理由しか、島津忠義には功績がなく記録もなく、不可解な従一位は、天孫降臨地説と吾平山御陵の造成の吾平山御陵であろう。

又宮崎には、日本創生の形跡が、天皇祭祀の須恵器窯が何も見えてはいない、夜須には、数えきれない、須恵器窯が、学者により、時代が五世紀後半と、しているのが、不可解である。

降臨とは不可解(根ずく)根付く、創生(はじまる)の事で、ほとんど解釈を間違っています。

 

本当の天皇は創生者でもある、天皇は、すべてを、つかさどっている、脈々と、続いている、

 投稿者:児島宮歴研会  投稿日:2016年 7月18日(月)19時01分33秒
編集済
  天皇とは、を知らない現代人がほとんど、神社とは現代人は、考え違いが、はな、はだしい。

本当の天皇は創生者でもある、天皇は、すべてを、つかさどっている、脈々と、続いている、

だから天皇(天神)という。

(天神)とは八尾と、今から二千百年前の、福建省、武夷の越王丑の名である。

史記「東越列伝第五十四」

「閩越王、無諸と越東海王、搖は、皆、越王勾踐の後で、姓は騶氏である。……漢が項籍(項羽)を攻撃すると、無諸と搖は越人を率いて漢を助けた。漢の五年(B.C202)、無諸を復活して立たせ、閩越王と為した。越王勾踐の子孫は漢代になって東海王(東甌王)は東甌(温州)を都とし、閩越王はさらに南の東冶(福州)に都を置いた。漢は、一族の騶丑のみ、反乱にくみしなかったという理由で繇王に任じた。

日本書紀》には〈越国〉のほか,〈越海〉〈越之路〉〈越之丁〉〈越辺蝦夷〉などとみえ,白鹿・燃土・燃水が献上されたとの記事があり。

えつ【越 Yuè】

中国古代,春秋戦国時代の侯国,都は会稽(浙江省紹興市)。夏王少康の子無余が封ぜられた国という

会稽山】より

また秦の始皇帝も禹をまつって石碑を建てたという(秦望山という別称はこれによる)。この付近は古代の越国の中心で,杭州湾から江南全体を展望しうる会稽山はその象徴であった。秦・漢を通じても江南全体は会稽郡と呼ばれた。

ビン越 - Wikipedia

だから、ほんとうの天皇は、日本の、創生者でもある。福岡圏朝倉の夜須を創生したのが、日本の創生である。

知っているから出来る、知らないと、創生は出来ない。

今の神社は何も創生とは、関係が見えません?無論出来ないのです?何創生していないで、神社を無断に建てていますね。

神社はてんのうにむ

よって創生、されたものであった。

神社には、なにがしかの、創生が秘められている。

それは、てんのうしか、創生は出来ないのです。

神社を無断に建てていますね、てんのうでもないのに?

太平記の作者は、児島高徳といい、天皇の末裔だから、中国の、越王勾践の事を、自分と、照らし合わせて、いたのです。

ここに上げたように、太平記の作者は創生主でもあるのです。

日本の古代天皇は創生主だからこそ、創生していたと言えましょう。

戦国時代が終わり、相撲、歌舞伎、甚句、和歌、昔々物語、茶、を創生したという、佐久間信盛も天皇又は創生主でもあったのです。それは、てんのうを、知っていたからこそ、創生出来たのです。

日本の農業は、てんのう、に、よって、創生されていたのです。

出土品が、天皇に無関係とは、言えないのです。

「記紀」が記す、日本の創生記とは日本神話における神々・国土の誕生とイザナギ,イザナミの事です。てんのうが創生したとある。朝鮮には天皇はありませんね。天皇が知っているのは、中国福建省屏山平山の治城の無渚、ビン越王だけなのです。漢祖の劉邦を助けたとあります。このビン越王の祖は呉越の越王勾践とされている。越王の初代は夏王朝禹の天神(神代)七代の無予です、日本の紀元前の祖となっています。住んでいたのは、会稽の安邑を都としていました。呉越の越王勾践が隠れていた、会稽です。

世界創世記. これを読んでいる方の中に、日本神話を知っている人はどれだけいるでしょうか?

今の天皇は、創生してはいないでしょう、皇居とて、瓦が使われているので、天皇の創生に、携わって、いた人者だからこそ、教わって、建てられたのです。それは丸軒瓦あて、は、てんのう、と言われています。




ほんとうの、天皇は、日本が始まる前の中国福建省の屏山平山の治城の無渚、ビン越王だけなのです。ここにあるように、平山が天皇の創生にあたります。検索すれば、二年前に、確実が判明しています。天皇は、このように創生が出来ていたのです。

今は?道の駅の祖、夜須のトマトの創生となっています。


織田信長も秀吉も、関白に、のぼり上がりましたけど、関白にあたい、できなかったのです。

名前ばかりの天皇は、てんのうとは、言えないのです。

信長を、させたのは、創生主が、傍に、いたから、そのように見えただけなのです。
 

天皇は平山天皇だった

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 7月17日(日)20時00分52秒
編集済
  平山天皇では、ないのは、天皇とは、違う。
では今迄、何故判らなかったのか?平山天皇は一系だった事が判明した。天皇は一系?
日本の天皇は朝鮮半島から渡ってきたと、昭和天皇のお言葉は、誤りだった。朝鮮半島には、天皇等、存在も、いなかった、五世紀前は、中国の、統括区域になっていた事は、朱蒙王で知れる。
朱蒙王の子が百済王になっている。
出は新羅の祖は、楚人母と、日本のウガヤの長男が、創生している事は知られている。日本の卑弥呼はこの末裔の女が奈良の息長王と結ばれて生れて、日本の天皇の繋がりが、見える。
元々楚国は項羽に、奪われて、秦の労役を逃れて、燕国の地で、始まったが、春秋戦国時代に、呉王に楚王の平王が倒れ、その子昭王に越王勾践の娘が嫁いで、惠王から続いたのが、楚国末裔は項羽に、奪われて、秦の労役を逃れて、燕国の地で続いていた、そして新羅しるら、しろう、が始まった。




 

日本で雲巻き模様平山天皇が揃った

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 6月28日(火)17時03分39秒
  日本で雲巻き模様平山天皇が揃った、同時に岡山の吉備津宮が、平山天皇により創建されていた事が判った。
桃太郎神話はやはり、菜根探(さいこんたん)から作られていた。

又、重要な、日本のてんのお、と神社の証拠が見つかった、備中国吉備津宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた模様が、奈良田原の神武宮殿と一致していた事を児島宮歴研会が見つけた。
http://www7b.biglobe.ne.jp/~s_minaga/ato_kibitu.htm

http://www.okayama-kanko.jp/okayama/oka-rekishi100/021/021.html


これで雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識であった事が、判明し、日本の歴史の錯誤が、改められよう。
ウガヤに始まる、日本の神と天皇、神武の出生地の不明だった、起こりに衝撃が走った。
北部九州は、日本の起こりになっていた事は、日本の歴史に、大きな発見となった。


日本の神と天皇と神社は平山てんのお、の、標識であった事が、判明した。
次々に発見を続ける児島宮歴研会は、日本の考古学協会や、宮内庁並びに、全国教育委員会文化財に、日本の歴史の錯誤が、改められよう。
日本とは、が、始めから、やり直しが、求められよう、証拠も無かった、まちがっていた?日本の考古学協会や、宮内庁並びに、全国教育委員会文化財に、日本の歴史の錯誤が、改められよう。

今回は、岡山の吉備宮の神官賀陽、、の出身、福岡黒田家の貝原益軒の書軸の、箱に、記されていた模様が、奈良田原の神武宮殿のと一致、雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識であった、ここに、岡山の吉備宮は「平山てんのお」によって、吉備宮は、始まっていた事は確実となった。

http://www.harimaya.com/o_kamon1/syake/south/s_kibitu.html

桃太郎神話や日本の神話にも、「平山てんのお」によって、始まっていた、事が相似していた。
日本の神々は、この、「平山てんのお」以外には、なかったであう。

さて、この雲巻き模様は、平山てんのお、の、標識とあるのは、
貝原益軒の書軸を知らなければ、解く事はできません。貝原益軒の書軸の内容が、日本人にとっては、日本らしさに、なっているからです。
http://www2.ezbbs.net/22/kojima/
この句は、菜根譚(天地有万古)である。

天地有万古、此身不再得。
人生只百年、此日最易過。
幸生其間者、不可不知有生之楽、
亦不可不懐虚生之憂。

天地は永遠のものであるが、この身を再び得ることはない。
人生はせいぜい百年で、月日はどんどん過ぎてゆく。
幸いに、この世に生まれた者は、生きている楽しみを知り、
無駄に過ごすことの無いように心得ていなければならない。

菜根譚(さいこんたん)の一句、天地は万古の箱書きの標示に、貝原益軒出身の備中国吉備津宮を創建したのは、なんと、平山天皇?だった、平山天皇?の発祥地は、二年前に、児島宮考古学研究室が解明した。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、菜根譚(さいこんたん)を解明する事が出来た。
天地は万古の箱書きの標示雲巻き模様が、http://news.changlenet.com/story/76000/ 貝原益軒出身の備中国吉備津宮と一致していた事が判った。
貝原益軒出身の備中国吉備津宮は知るべき人だけが知り得た項目であった。箱書きの標示雲巻き模様の事。

大きな手掛かりになった時。
2012年11月8-11日に工事が開始中国福建省屏山平山のビン越の治城が、発見され、そのビン越の治城の軒丸瓦当て、が最古とされていて、日本に伝達された経過が解明に至った、のは児島宮おいて外には出来なかったのは言うまでもない。
菜根譚の作者であるが、日本では、ありません、それは箱書きの標示雲巻き模様に、あるように、この標示雲巻き模様は、http://news.changlenet.com/story/76000/ に行き着きます。



ここに、岡山の国生みは、朝鮮半島には、関係していなかった事は確実となった。

http://www2.ezbbs.net/22/yasumati/

三十年程前に、日本の天皇について、ウガヤ尊、や神武天皇、舒明天皇は、「かばね」が平山姓と、していたのが、中国福建省屏山の地鉄工事の時、平山駅から、ビン越王の治城が、発見されてから、いち早く、児島宮歴研会によって、解明された。
それは、児島宮の先祖は、華夏の越王の後裔のウガヤ尊、や神武天皇、舒明天皇や後鳥羽上皇の直系により、河姆渡遺跡の発見、に、つながって、いるのは、此れ無くしては、今解明は不可能となって、いたであろう。

http://www.315ok.com/leftview_mod.php?id=409604
 

辿れば判る日本の足跡?が鳥に因む夏后と判断出来たのは、日本の歴史が、児島宮考古学研究室によって、夏后氏とは鳥習俗で、繋がりを解明出来た日

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 6月 3日(金)12時00分40秒
編集済
  夏后氏とは鳥習俗で、繋がりを象形していた、
華夏が小隈窯と、つながっていたと、発見した児島宮考古学研究室が発表。

福岡県朝倉郡筑前町の小隈窯は、五世紀後半に朝鮮半島から渡来、大阪吹田陶邑で開始としていた、のは、間違っていた。
間違ったのは須恵器に、ばかり捉われていたからで、根源は、別に、
日本の紀元前2600年に、あたるという、根源と、相似している。
日本が開始したのも、未だに、児島宮歴研会於いては、未解明のままである。

さすれば、日本が始まったのは、西暦五百年に、朝鮮渡来に、須恵器と共に開始と、歴博と教育委員会文化財課は、書物に、載せているが、
卑弥呼が西暦「卑弥呼」の時代はそれ以前、AD 200年から250年頃かと
推測されます。 ただし、上記の理学的な時期測定については、今も理学的な議論が繰り返されていますで、結論を一つに断定するのは困難です。
西暦239年くらい。卑弥呼が死んだのが247年ごろ。
これより日本の開始が、後になるとは?とうてい、無理になるでしょう。

神宮皇后が奈良より、香椎から夜須へ国入りした時に、神武天皇幼少、イワレ彦時代、の筑紫宮殿、筑紫野山家の山田徳(故人)が著者に、平山城と同音、のありかは、と、現存していた事が判る。平山城とは、ウガヤ城と同音。
更にウガヤは鳥習俗による、繋がりが、よみとれる。
ウガヤの実態は、福建省武夷山の城村の武夷宮に記録があり、紀元前百十一年前迄、とあります。漢の武帝と、記録から、筑紫国夜須が日本の始まりとなって、いる事が判ります。紀元前はこの福建省武夷山の

以前の事は、未明と書かれている。この時には夜須の地名はすでに、あった存在していたのは、記録から判ります。
神宮皇后とは誰の事か、それも不可解のままです。

日本の足跡?が鳥に因む夏后と判断出来たのは、日本の歴史が、児島宮考古学研究室によって、解明出来たとしたのは?鳥に因む夏后と神宮皇后との鳥習俗による、繋がりが、よみとれるという事です。
辿ればというのは?
神宮皇后よりも前に、夜須の語源は、すでに、存在していた事は、明らかになります。
ここで須恵器は、歴博と教育委員会文化財課は、須恵器は紀元前は、無いというのは、間違いが、夜須の名の存在から、明らかです。須恵器は夜須には五世紀後半開始としている、歴博と教育委員会文化財課は、無いというのは、間違い。
夜須は奈良の後と言っている、須恵器は夜須には五世紀後半開始としている、歴博と教育委員会文化財課は、時代の詐称や錯覚も、はなはだしい、ばかりである。

http://www2.ezbbs.net/22/kojima/

http://kodainolekisikan.web.fc2.com/  福建省武夷山の城村の武夷宮

弥生初期に、夜須城林遺跡出土(平成三年調査)の小隈窯焼成?酒杯半径、13?65個と、小型酒杯、半径、7?94個から、ロクロ台仕上げ痕が見つかり、底辺に、酒杯から、糸切りの後を発見した、 (平島、松本、文化財学芸員同席)焼き上げ時に、板目模様がついて残って、いる所から、くっ付、つかないように敷いて、いる事も判った。http://kodainolekisikan.web.fc2.com/mokuji.html


 

日本の歴史は朝鮮では無い。朝鮮では無く、筑紫の東の大木であった。祝詞は確証していた

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 5月 8日(日)19時42分28秒
  須恵器(すえき)=朝鮮半島から伝来の大嘘
須恵器(すえき)というのは、昭和になり、つけられた呼び名で確証はされていない。
これが日本の歴史を誤らせた原因となっています。
須恵器と称しては、いけなかった?
このままでは立証するには困難になるからです

児島宮考古学研究室から提唱するのは?
土器か磁器かという事から、分けて始めなければ、ならないでしょう。
この土器の事が須恵器(すえき)と、呼ばれるだろうかです?
日本ではこれらに属した呼び名があり、陶器と、呼んでいますね。
この土器の事が須恵器(すえき)陶器とと、呼ばれるだろうかです?
そこからか間違いに、なっているのです。
陶器は軟質である為、低温で、焼成していますね?
京焼は、須恵器(すえき)=朝鮮半島から伝来していたと、考えてしまっては、いませんか?
其処が違っています?
これが古代の古墳の中に、見つかっていましたか?
そんな事はあり得ない!
此処からは、
須恵器の本当の呼び名について、
児島宮考古学研究室では、名前について?瓦質磁器が、古代中国の福建省の江南地方から、筑紫夜須へ、移ってきたのが、灰色硬質磁器であった、ここでは須恵器なんて、朝鮮半島では、なかった、と言えるのが児島宮考古学研究室於いて外には、いないでしょう。
灰色硬質磁器の原形が、この瓦質磁器に因んでいたのです。瓦質磁器なくしては、灰色硬質磁器は存在していなかったでしょう。
まだ瓦質磁器なくしては、灰色硬質磁器には確証となるとが、あるが、まだ先の事です。
瓦質磁器開始が、五世紀ではありません、
児島宮考古学研究室の調査では、
古代中国の春明戦国時代に、越人の墳丘墓の中から、見つかって、いた事を確証しています。
これか、日本の墳丘墓や古墳に、埋葬が行われるようになっていました。
これか須恵器?の、いいえ、違う、
瓦質磁器の確証なのです。
須恵器(すえき)=朝鮮半島から伝来説の意味とは、違うのが、これだ!!
灰色硬質磁器の原形が、この瓦質磁器に因んでいたのです
瓦質磁器とは、
朝鮮南部での瓦質土器の出現は紀元前1世紀、関連していた、時期は後漢の漢の武帝が、福建省武夷宮を、攻めて、其処の国の住民十万人が、居なくなったと、記録していた。
それから、後の隋の時代に、日本は小野妹子や万葉集の時期に隋の使役が筑紫の夜須に来て、この土地は、華夏人の土地と記録したのが、確証出来る。
後の隋の時代に、紀元前より瓦質磁器が、古代中国の福建省の江南地方から、筑紫夜須へ、移ってきた事が明らかになった。
これなくしては日本の歴史は語れない。
日本の開始は、てんのお、と、平山とウガヤに見えた
瓦質磁器だけではなく、てんのお、と、平山とウガヤに見えた吾輩。
http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/545

日本の歴史は朝鮮では無い。
朝鮮では無く、筑紫の東の大木であった。祝詞は確証していた。
神詰まりますと、立証している。
天皇と平山は同音也。
その立証が、福建省屏山の平山県に、呉越の戦いで呉の王を下して覇者となった、越王勾践の裔が、劉邦を助けて、この平山県に治城を無渚が建てた、
その後、この治城に、てんのお、とする瓦質磁器が発見され、児島宮考古学研究室が、日本の天皇との一致を、解明した。
平山県と無渚は、てんのう、である事を確証した。
又てんのう、は日本でも神に有らせられると昔より言い伝えが、あるのが解明した。
それだけではなく漢字は日本と一致している。
今の北朝鮮と韓国には、漢字は使われてはいない。

ここにも北朝鮮と韓国は日本の歴史と食い違っている。
ウガヤは何故平山大神とされたのか、立証していた天皇と夜須
天皇と夜須には越王勾践の裔でなければ、てんのおでは、なかった?
ウガヤは何故平山大神とされたのか、?天孫と同音?
天孫降臨と筑紫の夜須とは?
ここに越王勾践の裔の、てんのお、が一致が見られる。
また平山と天皇の同音?は北朝鮮と韓国ではない。
今の天皇はテンノオ、ではなかった。
名前だけの天皇は存在していません
天皇は権力者の事ではありません。
てんのう、は日本でも神に有らせられると昔より言い伝えが、あるのが解明した。
今の天皇は名前だけの事でしか、ななかった?なので天皇ではなかった。
天皇は朝鮮半島から伝来の大嘘

天皇は朝鮮半島には記録されていない?
日本だけの、てんのうは、八尾也。
八尾とは平山也、武夷の白馬三郎

武夷の白馬三郎とは?白馬寺と中国初の寺と三角縁神獣鏡。夜須のヒルハタ遺跡で鏡の鋳型が出土していた。
天孫降臨地では鏡の鋳型は夜須しか出土していない。
白馬尊王,又稱白馬三郎,為中國福建的?土神祇,尤以福州人最為崇信。白馬尊王,為三位神祇之名,即「異神同名」
前135年),閩越國?史上的一位國王,無諸之子,騶氏。無諸死後,郢與其餘子孫爭鬥並奪下王位。
https://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%83%A2_(%E9%96%A9%E8%B6%8A%E5%9C%8B%E7%8E%8B)
八尾王として列聖されました。
https://translate.google.co.jp/translate?hl=ja&sl=zh-TW&u=https://zh.wikipedia.org/wiki/%25E9%2583%25A2_(%25E9%2596%25A9%25E8%25B6%258A%25E5%259C%258B%25E7%258E%258B)&prev=search
閩越の国都は武夷山脈のなかにあった) 北への ... 王の三男であった彼のことを、いつともなく閩越の民は「白馬三郎」と呼びならわした。 ... 白馬三郎」は神格化され、百越の末裔たちの守護神となる。
全名騶無諸,第七世閩越王
為越王勾踐的後代[a],於戰國末期至西漢初期在位,使一度亡國的閩越再度中興?壯,並成為漢朝立國之初第一位百越族的異姓諸侯王。由於無諸是福建?史上第一位有文獻記載的君主統治者,並且是帶領閩越族登上?史舞台的卓越人物,因此被後世的福建族群頌揚並尊奉為開閩始祖[2]。
先後以臣屬於秦、漢二朝來換取閩越國的延續與發展。有鑒於中原文化與科技的興盛,無諸積極引進華夏文化,並與閩越族原本在地的百越文化做融合,發展出獨特且輝煌一時的閩越文化。在科技方面也引入中原先進的冶鐵技術,使閩越國在農業生?、百姓生活與軍事武裝上都有進一?的發展。
無諸生於戰國?期的武夷山一帶,是閩越王室成員,後來繼位統治閩越國。公元前221年,秦始皇消滅六國統一中原。次年,展開入侵百越的軍事行動,閩越國亦在此次征服行動中遭到消滅。然而,閩越距離中原太過遙遠以致難以實質統治,因此秦始皇僅將無諸廢為君長,並降閩越國為閩中郡,由無諸繼續統治。
公元前209年,陳勝、?廣於大澤??竿起義後,原六國的貴族再度武裝反抗秦朝,無諸與另一位君長騶搖率領閩越人跟從鄱陽令?芮北上幫助中原諸侯消滅秦朝。秦朝滅亡後,楚王項羽並沒有冊封無諸和搖為王,因此無諸與搖皆未臣屬於項羽。後來,無諸、搖率領閩越人輔佐漢王劉邦打敗項羽。公元前202年,登上皇位的劉邦重新冊立無諸為閩越王,統治閩越故土,都城設在東冶,並開始在武夷山城村建造當時越地最雄偉的閩越王城。
公元前192年,無諸逝世,閩越國陷入?亂,無諸諸子為了王位進行長期的爭奪。關於無諸墓葬,有一?是在福州城隍山西面的小山丘,俗呼王墓山。另一?,無諸墓在南台(今台江區)嘉崇里(即大廟山)閩越祖廟後。

?閩越王 騶郢
?東越王 騶餘善


?越繇王 騶(すう)丑
?白馬王 騶三郎
a.^ 史記?東越列傳:「閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王勾踐之後也,姓騶氏。」
b.^ 《《史記?東越列傳》》:「閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王勾踐之後也,姓騶氏。秦已併天下,皆廢為君長,以其地為閩中郡。及諸侯畔秦,無諸、搖率越歸鄱陽令?芮,所謂鄱君者也,從諸侯滅秦。當是之時,項籍主命,弗王,以故不附楚。漢擊項籍,無諸、
http://nihonnolakisi.1616bbs.com/bbs/thread_1.html
史記/卷114
閩越王無諸及越東海王搖者,其先皆越王句踐之後也,姓騶氏。秦已并天下,皆廢為君長,以其地為閩中郡。及諸侯畔秦,無諸、搖率越歸鄱陽令?芮,所謂鄱君者也,從諸侯滅秦。當是之時,項籍主命,弗王,以故不附楚。漢擊項籍,無諸、搖率越人佐漢。漢五年,復立無諸為閩越王,王閩中故地,都東冶。孝惠三年,舉高帝時越功,曰閩君搖功多,其民便附,乃立搖為東海王,都東甌,世俗號為東甌王。

後數世,至孝景三年,?王濞反,欲從閩越,閩越未肯行,獨東甌從?。及?破,東甌受漢購,殺?王丹徒,以故皆得不誅,歸國。

?王子子駒亡走閩越,怨東甌殺其父,常勸閩越擊東甌。至建元三年,閩越發兵圍東甌。東甌食盡,困,且降,乃使人告急天子。天子問太尉田蚡,蚡對曰:「越人相攻擊,固其常,又數反覆,不足以煩中國往救也。自秦時棄弗屬。」於是中大夫莊助詰蚡曰:「特患力弗能救,德弗能覆;誠能,何故棄之?且秦舉咸陽而棄之,何乃越也!今小國以窮困來告急天子,天子弗振,彼當安所告愬?又何以子萬國乎?」上曰:「太尉未足與計。吾初即位,不欲出虎符發兵郡國。」乃遣莊助以節發兵會稽。會稽太守欲距不為發兵,助乃斬一司馬,諭意指,遂發兵浮海救東甌。未至,閩越引兵而去。東甌請舉國徙中國,乃悉舉眾來,處江淮之閒。

至建元六年,閩越擊南越。南越守天子約,不敢擅發兵擊而以聞。上遣大行王恢出豫章,大農韓安國出會稽,皆為將軍。兵未踰嶺,閩越王郢發兵距險。其弟餘善乃與相、宗族謀曰:「王以擅發兵擊南越,不請,故天子兵來誅。今漢兵眾彊,今即幸勝之,后來益多,終滅國而止。今殺王以謝天子。天子聽,罷兵,固一國完;不聽,乃力戰;不勝,即亡入海。」皆曰「善」。即鏦殺王,使使奉其頭致大行。大行曰:「所為來者誅王。今王頭至,謝罪,不戰而耘,利莫大焉。」乃以便宜案兵告大農軍,而使使奉王頭馳報天子。詔罷兩將兵,曰:「郢等首惡,獨無諸孫繇君丑不與謀焉。」乃使郎中將立丑為越繇王,奉閩越先祭祀。

餘善已殺郢,威行於國,國民多屬,竊自立為王。繇王不能矯其眾持正。天子聞之,為餘善不足復興師,曰:「餘善數與郢謀亂,而後首誅郢,師得不勞。」因立餘善為東越王,與繇王并處。

至元鼎五年,南越反,東越王餘善上書,請以卒八千人從樓船將軍擊呂嘉等。兵至?揚,以海風波為解,不行,持兩端,陰使南越。及漢破番禺,不至。是時樓船將軍楊仆使使上書,願便引兵擊東越。上曰士卒勞倦,不許,罷兵,令諸校屯豫章梅領待命。

元鼎六年秋,餘善聞樓船請誅之,漢兵臨境,且往,乃遂反,發兵距漢道。號將軍騶力等為「?漢將軍」,入白沙、武林、梅嶺,殺漢三校尉。是時漢使大農張成、故山州侯齒將屯,弗敢擊,卻就便處,皆坐畏懦誅。

餘善刻「武帝」璽自立,詐其民,為妄言。天子遣橫海將軍韓?出句章,浮海從東方往;樓船將軍楊仆出武林;中尉王?舒出梅嶺;越侯為戈船、下瀨將軍,出若邪、白沙。元封元年冬,咸入東越。東越素發兵距險,使徇北將軍守武林,敗樓船軍數校尉,殺長吏。樓船將軍率錢唐轅終古斬徇北將軍,為御兒侯。自兵未往。

故越衍侯?陽前在漢,漢使歸諭餘善,餘善弗聽。及橫海將軍先至,越衍侯?陽以其邑七百人反,攻越軍於漢陽。從建成侯敖,與其率,從繇王居股謀曰:「餘善首惡,劫守吾屬。今漢兵至,眾彊,計殺餘善,自歸諸將,儻幸得?。」乃遂?殺餘善,以其眾降橫海將軍,故封繇王居股為東成侯,萬?;封建成侯敖為開陵侯;封越衍侯?陽為北石侯;封橫海將軍?為案道侯;封橫海校尉福為繚嫈侯。福者,成陽共王子,故為海常侯,坐法失侯。舊從軍無功,以宗室故侯。諸將皆無成功,莫封。東越將多軍,漢兵至,棄其軍降,封為無錫侯。

於是天子曰東越狹多阻,閩越悍,數反覆,詔軍吏皆將其民徙處江淮閒。東越地遂?。

太史公曰:越雖蠻夷,其先豈嘗有大功德於民哉,何其久也!?數代常為君王,句踐一稱伯。然餘善至大逆,滅國遷眾,其先苗裔繇王居股等猶尚封為萬?侯,由此知越世世為公侯矣。蓋禹之餘烈也。

騶揺(すうよう)とは - コトバンク



https://kotobank.jp/word/騶揺-1346033


世界大百科事典 第2版 - 騶揺の用語解説 - 中国,前漢代前期に越王句践(こうせん)の子孫と称した越族が,閩江(びんこう)流域に閩越国,甌江(おうこう)流域 ... 秦末,君長の騶無諸(すうむしよ)と騶揺はそれぞれの部族を率いて漢王朝の成立をたすけ,騶無諸.

姓は「騶(シゥ、スウ)」氏。「閩、東越は蛇種で、故に、文字は虫. に従う。閩の音は旻(びん、ミン)である。」という注が入れられており、これは、蛇トーテムという意味です。 ミンというのは巳(ミ=ハミ、ヘミ。ヘビ)と考えて問題ないでしょう。 春秋戦国時代の越から
 

近畿の国づくりは、夜須と北部九州の中国華夏族と見える 

 投稿者:児島宮歴研会著作製作  投稿日:2016年 4月 9日(土)11時27分22秒
編集済
  近畿の国づくりは、夜須と北部九州の中国華夏族と見える。土器に中国華夏族しか、使いません。
日本の原点は、筑紫の夜須にあり、中国華夏族、が、篠隈、大木原に、鳳凰(法王てんのう、平山)が、甦っています。福建省屏山平山治城と、重なっていました。?初??越王都治城,唐?元?始称福州。http://kouhoka.exblog.jp/25111572/

前漢第七代皇帝の武帝により、紀元前111年に広州に勢力を張った南越国が滅ぼされ、その討伐戦に協力した閩越国はその領土保全を引き続き認められたが、翌紀元前110年より前漢朝は閩越国への締め付けを強化する。領土内の閩越族らの一部が江東地区へ労働力として強制移住させられ、閩越国の王都として繁栄を極めた「東冶県(冶県)」も人口・産業激減から衰退していくこととなる。
長らく衰退の一途をたどり瀕死状態にあった王都「東冶」であるが、最終的に紀元前85年、ついに閩越国も廃止され、前漢朝による直接統治が導入されるに至る。

漢祖劉邦を助けた事により、http://www.iobtg.com/C.Fuzhou.htm
「東治県(冶県)」の地に閩越国の王都が開設された。これが後に、漢武帝時、武夷城村武夷宮の、住民十万人が忽然と姿を消したと記録している。ここに日本は、筑紫夜須大木原に始まっていた。
五月の連休には篠隈の大木原に、行って、、鳳凰(法王てんのう、平山)が一致するのを、探すのも、日本の始まりを、あなただけに、知る事が出来るでしょう。

日本の原点は、筑紫の夜須にあり、中国華夏族、が、篠隈、大木原に、鳳凰(法王てんのう、平山)が、甦っています。福建省屏山平山治城と、重なっていました。?初??越王都治城,唐?元?始称福州。http://kouhoka.exblog.jp/25111572/

日本の始まりは、「東治県(冶県)」の地に閩越国の王都から筑紫夜須へと、続いています。

日本の原点は、筑紫の夜須にあり、中国華夏族、が、篠隈、大木原に、鳳凰(法王てんのう、平山)が、甦っています。福建省屏山平山治城と、重なっていました。?初??越王都治城,唐?元?始称福州。http://kouhoka.exblog.jp/25111572/

前漢第七代皇帝の武帝により、紀元前111年に広州に勢力を張った南越国が滅ぼされ、その討伐戦に協力した閩越国はその領土保全を引き続き認められたが、翌紀元前110年より前漢朝は閩越国への締め付けを強化する。領土内の閩越族らの一部が江東地区へ労働力として強制移住させられ、閩越国の王都として繁栄を極めた「東冶県(冶県)」も人口・産業激減から衰退していくこととなる。

長らく衰退の一途をたどり瀕死状態にあった王都「東冶」であるが、最終的に紀元前85年、ついに閩越国も廃止され、前漢朝による直接統治が導入されるに至る。

漢祖劉邦を助けた事により、http://www.iobtg.com/C.Fuzhou.htm

「東治県(冶県)」の地に閩越国の王都が開設された。これが後に、漢武帝時、武夷城村武夷宮の、住民十万人が忽然と姿を消したと記録している。ここに日本は、筑紫夜須大木原に始まっていた。

五月の連休には篠隈の大木原に、行って、、鳳凰(法王てんのう、平山)が一致するのを、探すのも、日本の始まりを、あなただけに、知る事が出来るでしょう。

日本の始まりは、「東治県(冶県)」の地に閩越国の王都から筑紫夜須へと、続いています。

場所は、篠隈交差点、セブンイレブン、か゜目印で、十メーター先左手の鳳凰(法王てんのう、平山)を見つけよう。

そこで万歳をしましょう。

それが越国の王都から日本の原点です。


 

日本の開始が解明された、根拠となったのは、いざなぎ命と、いざなみ命による相似

 投稿者: 児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 3月30日(水)17時50分34秒
編集済
  日本の開始が解明された、根拠となったのは、いざなぎ命、と、いざなみ命による相似。

日本考古学会による、朝鮮半島の土器須恵器が日本の始まりというのが、もろくも、崩れた。
朝鮮半島には、いざなぎ命、と、いざなみ命の記録は見えていない、ここに、朝鮮半島から、日本は出来たというのは、成り立たなく、なりました。

又朝鮮半島には、てんのう、は、見えない、この、てんのう?にも、日本とのつながりは、なかったのである。
天皇といえば、日本にとっては、神武天皇から、そう、この、てんのう、を 児島宮考古学研究室  が側面から、解明して、次のとおり、
足利将軍等や豊臣から江戸も重宝されている、その外、まつりの神輿にも、象、いろどられている、頂点に、鳳凰が、日本の、象、となっている。それは、トーテム、流れとなって、日本の起こりを、表している。

鳳凰が、日本の、象、?
これでビンと、こない人に、これは、鳳凰とは神のトーテム、流れと、 児島宮考古学研究室  では説明していた。又神々とは聖天子でもあり鳳凰、瑞鳥(世の中が平和になる時生じる)、でもあり、根拠となったのは、いざなぎ命、と、いざなみ命による相似とした。

佐久間信盛が滋賀(近江)で、楽市楽座をしたが、その地に鳳凰を残していたのは?子息のの佐久間甚九郎信栄が備後に伝えた、宇喜多家の再興の為?に、赴いた時の話と、鳳凰が、物語るのは共通していた。

ここで灰色硬質土器は、神々に祭祀に捧げる農耕民族の用具なのであり、食器ではなかった。
祭祀は、灰色硬質土器と、揃うのが、根拠となったのは、いざなぎ命、と、いざなみ命による相似と説明。

いざなぎ命、と、いざなみ命による相似にならなければ、明るい世の中には、ならないとされていた。

鳳凰聖天子は世の中に良い影響をもたらす、と言われる。

反対に縦型社会、憲法制度、明治以降~現代は、世の中に悪影響になるという、孔子説。


天井の鳳凰、天人の極彩色の図は狩野探幽、土佐徳悦の筆とされています。 三門の ... 南禅寺. 門前右方の巨大な石灯籠は寛永5年の三門落慶の際に佐久間勝之が供養の為に奉献したもので、高さ6メートル余りあり、大ささでは車洋一といわれています。

「佐久間信盛」(さくま・のぶもり 1528?~1582年)とは、戦国時代の武将である。 織田信長に仕えた重臣だが、晩年は織田家から離れて高野山に入った。 概要 尾張の国人・佐久間信晴の子。...
未指定: 鳳凰

桃山時代の織田信長の佐久間信盛の息、の父子が、果たしたのは、茶道、歌舞伎、甚句、イソップ物語、楽市楽座、相撲、の発祥がある。ここ滋賀城に残っている石塔も、標として、鳳凰の像が見える。

児島宮の、越台  日の丸の発祥
http://kobijiyutu.web.fc2.com/hinomal2012.html

鳳凰城駅(ほうおうじょうえき)は中華人民共和国遼寧省丹東市鳳城市にある、中国鉄路総公司(CR)の駅。瀋陽鉄道 ... 鳳凰古城が湖南省湘西土家族苗族自治州鳳凰県に位置し、中国には有名な歴史がある文化の城である。 .... 佐久間信盛長男、信實之兄。http://www.rak1.jp/one/user/yasukuhu/dialy1.html

広報もりやま平成26年5月15日号21ページ - 守山市
信長は、金森に全国7番目の楽市楽座令を布くことを許可した朱印状を出しましたが、さらに天正2年(1574)5月には、佐久間信盛(さくまのぶもり)も楽市楽座を認める禁制を出しています。
http://www2.city.moriyama.lg.jp/koho/140515/index21.html

佐久間信盛の父は山崎城主の佐久間信晴、

因為照中國和日本傳嫡不傳賢的傳統

信晴子

信盛是佐久間家家督嗎: : 因為照中國和日本傳嫡不傳賢的傳統,
: : 似乎輪不到信盛來當家,

信盛長盛政26?,

従兄弟/従姉妹の用語解説 - 父または母の兄弟姉妹の子。
従兄弟/従姉妹(イトコ)とは - コトバンク
おじ・
おばの子。[補説]自分との年齢の上下関係や性別によって「従兄」「従弟」「従姉」「従妹」
などとも書く。

佐久間盛次と佐久間信盛は従兄弟同士となる

佐久間信晴の室は佐々木系、佐久間盛通の娘

佐久間盛通. 生没年:; 父:佐久間安盛

佐久間安盛 佐久間朝継の子

佐久間朝継 佐久間朝明の子

佐久間朝明 佐久間宗朝の子

佐久間宗朝 佐久間為明の子

佐久間為明 佐久間常朝の子

佐久間常朝 佐久間朝村の子

佐久間朝村 佐久間為盛の子

佐久間為盛 佐久間家盛の子

佐久間家盛 さくまいえもり 和田朝盛の嫡男

佐久間家村 多々良義春の四男
和田朝盛 和田常盛の嫡男 佐久間家村の養子

ここには、佐々木児島氏、佐久間氏の接点が、無いように、あいまいでは、ありません。接点がかならす゜、物事には、あるはず?
「佐々木児島氏、佐久間氏の接点」

佐久間信盛はでは? 何氏か?それは、城 ... 広瀬城に、居たという佐久間信盛は、児島高徳が築城したとある。

範長は今木範俊の子なりとて 児島と河野は一族にてと、あり ...

児島範長が和田範長としたのも、姻戚で佐々木信実(加地)のー東郷胤時ーはこう記していた。
千秋氏と児島宮のつにながり、佐久間不干斎ハビアンと千秋家 ...http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/734
「千秋氏と児島宮のつにながり」

千秋氏と宮家のつながりは、江戸に至るまで続いていた。

頼宴大僧正の三男高徳は外祖父三宅範長の嗣となりました。

佐々木季定─季家─家長─定心─【和田】季房─家勝─家弘─範長─??高徳(宮家姓児島氏へ) 【児島】高徳─【宮家】

高光─正綱─正光─本草【児島宮家】

祖児島高徳で、宮家代々の「高東院」は皇統

から高東?日いずるから、付けられた名前である。 高東?武夷命トーテムのこと也。

千秋氏と児島宮のつにながり、佐久間不干斎ハビアンと千秋家吉田兼倶のひ孫、清原枝範女イトの関係が出てきた。http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/734

加地一族祖はの信実で、佐々木児島八郎盛宗(藤原宇都宮宗綱の子)の女婿になった、佐々木児島盛綱の子が加地一族祖はの信実である。 ... 0 佐々( 余語)盛政^宗長の系図(『武功夜話』より 余語氏の出自は近江国余語庄であるが、佐々成政の父佐々盛政も ... 佐久間信栄の系図には、後鳥羽上皇子息東寺長者道乗が見える。

佐々木児島八郎盛宗の系図は、
京都府洛北の妙心寺智勝院で、古記録を、拝見したおり、
藤原北家系図に、佐々木、児島系に、宇都宮宗綱の子盛宗の婿に、佐々木盛綱が、児島氏を継いでいた。

高徳叔父の東郷胤時氏は、語っている、一族の名を挙げている。佐々木児島盛綱の子が加地一族祖はの信実である。

佐久間信盛は後鳥羽院末裔頼任親王の室になった?加地一族祖はの信実である。なので、関白良実、の子となったのが、頼任親王の室となった、加地信実女の子が、東寺長者道乗、である。
後鳥羽院末裔頼任親王の末裔が、佐々木季定─季家─家長─定心─【和田】季房─家勝─家弘─範長─女系??高徳(宮家姓児島氏へ) 【児島】高徳─【宮家】という。児島宮の家紋は、十六葉菊紋で、相似する。
【宮家】女系が、藤原北家となっている。千秋氏と児島宮のつながりとは、佐久間不干斎ハビアンと千秋家の 清原イト...http://6102.teacup.com/sankaku/bbs/734










 

千木に雲巻きがが巻雲瓦当が天皇専用の出土軒瓦だった、奈良田原、唐子鍵は間違いなく神武宮殿

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 3月 3日(木)15時56分47秒
編集済
  千木に雲巻きが巻雲瓦当が天皇専用の出土軒瓦だった、奈良田原、唐子鍵は間違いなく神武宮殿。

千木とは=鳥巣

【相似】の意味  形や性質が互いによく似ていること。

土器と日本の開化は、隋よりも六百年前に、夜須に於いて、硬質土器が生産されて、いた事がまるで、前後逆になっていて、六百年間が空白になっているのです。
児島宮考古学研究室は、硬質土器開始を立証すべく、調査しています。http://6729.teacup.com/siyujin/bbs

2016/3/2日筑前町下高場小隈窯を調査中、ミニチュアー須恵器の高坏の部分が出土、我が国初?の、祭祀の為のミニチュアー硬質土器を確認した、と平島文化財係と児島宮考古学研究室。
これにより、夜須三並鳥巣窯の灰原から、出土していた、ミニチュアー土器は、夜須松延の梨の木遺跡の掘っ建て住居の竈と甑とともに出土、石井文化財係調査の時、ミニチュアー土器の窯は、夜須三並鳥巣窯の灰原と一致したと、2/27日、児島宮考古学研究室が確認した。
これにより、朝倉窯の時期年代は、紀元前百年前、鳥巣ウガヤ丑王による、祭祀があった、武夷祭祀とみなされる。

三輪松林の君ヶ畑遺跡出土のミニチュアー土器の製作窯は夜須三並鳥巣窯と一致していた。
小隈窯ではミニチュア、埴輪二百体も出土していたと、児島宮考古学研究室が立証した。
この頃製造されたミニチュアー土器埴輪は夜須中学校地下一メータから、六十年前出土したのを著者が確認している。

筑前町下高場小隈窯は朝鮮半島から渡ってきた須恵器陶工よりも、精密な硬質土器の年代の違いが、はっきりしている、朝倉窯と、陶邑の時期の違うところは、陶邑の硬質土器が雑で、厚く、きめ細かい用土の朝倉窯とは、年代時期の違いに、よるものと、なっている。
朝倉窯は三雲遺跡、周辺の遺跡の年代、弥生紀元前百年前、神武~起源二百年卑弥呼と、相似しており、大阪陶邑とは関係していない事が文字の墨石の確認で、立証されたと、昨日の新聞でも、発表された。

大阪陶邑の硬質土器は紀元前五十年前、神武の兄が、築いた国の窯陶工末裔時期頃であり、朝倉窯は神武東征以前に、造られた窯であると、神武胤児島宮考古学研究室が立証した。


硯の破片
.
弥生時代後期、福岡で出土 http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_toshiken/article/227991

ここでは中国・前漢が朝鮮半島支配のために設けた「楽浪郡」 製の弥生後期とみられる土器が多数見つかっているため、市教委はすずりも同時期 の1~2世紀ごろに楽浪郡で作られたとみている。

市教委は「伊都国では、楽浪郡からの渡来人が外交を担っていたと考えられる。 中国からの賜り品への返礼書などを作るため、半島から持ち込んだのでは」と 推察する。


  
 

巻雲デザインが、平山=天皇を表すものだった

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 2月 5日(金)19時09分32秒
編集済
  ひらやまとは、古代中国では、天皇てんのう、とは、越王の夏王朝因に、因があった事を、児島宮考古学研究室が付きとめた。

これまで中国でも、平山=天皇とは、平山県に因し、越王が「てんのう」と、呼ばれていた事が、香港の客家の、流れと、なっていた事を明らかにした。

日本には、てんのうの国とされていた、のであった。天皇の住む国日本だった。

世界でも天皇とされるのは、中国の紀元前までの、ビン越人の皇帝となっていた事も解った。

明治以降の天皇は、天皇ではなかった事も、見えてきた?天皇と呼ばれるのは、因が越人の皇帝だけであった。今の皇室も宮内庁も、皇帝天皇とは、まったくの別人だった。山口田布施は北朝鮮人部落だった事は、ネットで検索すれば、北朝鮮人と出ている。

これまで政府が隠し続けていた天皇が、実は、北朝鮮人だった事は、本当だった事を明らかにした。
今の国民や政治家の程度が、低い事が露呈した。

国民は、何故日本に天皇が、始まったのでは、なかった?、神武天皇は、何故初代の天皇に、なれたのか?が、日本の紀元前何年に、始まっていたのである。
天皇はやはり、朝鮮半島では、なかった事か、奈良田原に、始まった紀元前五十年前に、都となっていたのは、間違いない。奈良田原唐子鍵から出土の土器に線刻されていたのは間違い無く宮殿が都で、?文化財課も知識が、持ち得ていなかったので、紀元前の事も、見えて、いなかった事は、考古学に於いて、遅れていたのである。

神武天皇が日本に存在した事態が、越人の皇帝との繋がりを、明らかに、している。
これが違うと、いうのなら、日本も無く、天皇も、なかったであろう。

考古学者に尋ねる?汝らは日本と天皇を、まるっきり、理解してはいない?
それで考古学者と言えるのか?
日本語は、朝鮮や韓国の文字というのか?まるで国語の知識が無いのではないのか?

日本の着物は、朝鮮や韓国が着用して、いたのか、問いたい?
平安時代飛鳥以前の生活様式は、朝鮮半島と、まったく、同じと、見ていたのか? それさえも知識が無いというのか? では、考古学も、危ういというべき、だろう?
よくも、何時代と、よく、言われた、ものだな? 嘘ばかりなのか?歴史事態が?おかしい。









 

奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が巻雲の雲瓦当が王室専用の出土軒瓦

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2016年 1月 9日(土)14時33分20秒
編集済
  奈良田原の唐子鍵遺跡出土の巻雲瓦当が巻雲瓦当が天皇専用の出土軒瓦だった。
巻雲デザインが、平山天皇を表すものだった。

しずまりかえっているのは?
マスコミによる、押さえなのか?ネット上に出ている、のだから、止めても、無駄だろう。
完全な形で、大発見、神武天皇の宮殿の、証拠は、日本の内では、なかったのだから、信じていないのか?
朝鮮半島より渡来説が、吹っ飛んだのだから、それはそれとして、致し方がないのであるが。
消えた朝鮮半島からの天皇渡来は、なかったのである。
無論須恵器も、朝鮮半島五世紀後半も、消えた。それは紀元前に、神武天皇は始まっていたという事である。

神武天皇の宮殿が発見された事を知らなかった方へ、神武天皇は朝鮮半島とは、関係がなかった?では、神武の父と母は、どこの人なのか?

神武の父はウガヤ尊という、これは皆知っているだろう。
そこで、天皇系図で見ると、墳墓はひらやま、御陵と書いてある。
ここに、出ていたのである。

神武天皇の宮殿はこの、平山に関係が、あった事が、昨年暮れに、発表している。
平山とは中国では天皇を意味している。
それが判るのは、まず、ウガヤ尊の故郷であろう。
ウガヤ尊とは、中国の福建省の武夷山にあった、漢の武帝の時に、武夷山城村漢城遺跡が、漢の武帝に、攻め取られ、てと記録が、ある。
この城村漢城は、越王勾践の子孫の、越王無渚が、漢祖の劉邦を、助けて、から、福建省の平山県に建てられた、屏山の治城に、始まっている。
その始まりが、昨年末12/23非に、ヤオオクで、落札した、日本古刹の丸当瓦、と中国の、越王の城を調査すると、検索検索で出てきたのが、児島宮祖の、武夷越王の祖である、越王無渚の治城の、遺跡が、2013/
11月、地下鉄工事により、越王無渚の治城か、発見されたという。
この越王無渚の治城の中から、丸当瓦が、出土し、この丸当瓦は、越王無渚の治城の丸当瓦が、中国では、始めてとある。それ以前秦時代は、半当瓦だそうである。

そこで丸当瓦は、越王無渚の治城と子孫の越王縣丑王、の武夷城村の、城村博物館にも、天皇を表した、雲巻瓦が、あった事が、児島宮考古学研究室 が掴んだ。

平山とは中国では天皇を意味
それは、平山とは中国では天皇を意味していたから、天皇は平山となっていたのである。
福建省の平山県ひらやま駅の越王無渚の治城も、天皇氏の事と判った。
ここに、雲巻瓦とは、平山天皇の事と判った。
そこで、昨年末12/23非に、ヤオオクで、落札した、日本古刹の丸当瓦の雲巻瓦とは、平山天皇の神武天皇の事であった。

中国の香港の食客はこの、民族であるとしている、それは、平山天皇の身元が、越王勾践の元祖、夏王朝と子孫の越族だった事も、昨年12月大発見になると、中国の香港の食客に知らせる。
この越王無渚の治城と子孫の越王縣丑王、の子孫が後鳥羽上皇の子孫、児島宮の事である。
延々と続ていていた、越王は、福岡県朝倉郡夜須篠隈平山に、続いている。

雲巻瓦当が神武天皇の宮殿である事が、ヤオオクで日本の古刹の瓦、を12月 10日落札、23日に手元に届き、調査した結果、唐子鍵遺跡から、土器面に、線刻された宮殿の存在が、確認に至った。前に、出土しており、ここに、神武天皇の宮殿の屋根に、雲巻模様が、施されている事で、神武天皇の父ウガヤ尊(縣丑王)の浙江省武夷城村の宮殿にも、同じ、雲巻模様が、施された瓦当が、武夷城村博物館に、展示されており、
おりしもその日、ウガヤ尊(縣丑王)ビン越の開祖である、無渚の築いた、浙江省屏山平山の地鉄工事をネット検索に至り、無渚治城の瓦当が、同じ、雲巻模様が、施された瓦当が皇室専用となっていて、日本の天皇と一致した。
もう一点は、日本の天皇が平山としているのが、浙江省屏山平山の開祖のビン越無渚、による事が判ったと考古学界に、偉大な貢献を果たしたと、見解を示した。
之は弥生年代と日本の年号の基本にあたる、歴博の元、今村峰雄教授に、炭素年代の時、電話会見して、紀元前、百十一年が、日本の初見と、伝えていたのが、今回の神武天皇の宮殿と、ともに、立証された事になる。
歴博は、今日まで無視続けている、している。
マスコミがネット上で、「共同通信」が、無視しているのも、日本全体と同じ、政治も、ふくめ、ているのが?出てくるだろう。ここに国民の信用がなくなる日は近い。昨年の新年そうそう、福岡県朝倉郡筑前町の下高場の田屋から、も、「記紀」の中にも出ている、象の布江も、夜須が日本の開始と、伝えていたが、一年で薄れているのも、薄れた理由が、真相の無視と同じと、見る事が出ている。
国民に偽りを通す、日本の政経済界は、これで、終わりに、しなければ、国民はもう何も信用が出来なくなるのは、相対していないから、なのだろう。


ここに日本の天皇の始まりと日本の夜須の始まりが、相似していて、会稽の安邑と夜須の由来が児島宮考古学研究室 では解明できたと、発表している。

福建省福州屏山平山治城の、巻雲の雲瓦当が王室専用の出土軒瓦という。
ここに、福州屏山平山治城の雲瓦当が奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が一致したと、児島宮考古学研究室が発表。
これにより神武の祖先は福建省福州屏山平山治城の無渚、で、児島宮考古学研究室が、インターネットで、夏后七代の祖は越王無予、その末裔が、ビン越王の無渚となっている。このビン越王の無渚が、平山を名乗ったのであろう。今は、ビン越無渚から、地名から起きていた事が判りました。


写真の上は福州屏山平山治城の無渚の巻雲の雲瓦当が王室専用とある。

写真中は田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当

巻雲の雲瓦当は中国福州屏山平山治城では天皇専用とある。これで、奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が神武天皇の宮殿である事が判る。
これまで神武天皇の存在すら、判明していなかったのに、解明できた。
ここで国民の皆さんは、ウガヤ尊の、墳墓が天皇系図に平山御陵とされているのを、思い起こしていただこう。神武の祖は平山に在していた。敏達天皇も祖は平山としていたから、平山としていた。舒明天皇も、平山祖となっている。


天皇は何故平山を、名乗っていたのか?が、雲瓦当は、天皇専用とあり、福州屏山平山治城在、地名平山に、起こりがあったことが解明し、判明したと児島宮考古学研究室。

考古学に携わられている方々、全国教育委員会、文部省の方々には、お気の毒ですが、これから日本の歴史を伝達するには、勇気ある態度で向かわれますよう、祈ります。

「天鹿」は「天禄」の仮借である。
道教の神仙像と、蒼龍、白虎、獅子、天鹿、三角縁神獣鏡
虎・獅子・天鹿・辟邪・麒麟が刻まれている。
天鹿文様の瓦当 「「漢長安城未央宮の禁中」」
禁中が未央宮前殿の北側の特定の区画に位置
承明殿・金馬門・温室・石渠閣・天禄閣・黄門・蚕室・後宮などが禁中にあった 1980-1989年考古発掘報告 漢後期
https://xuetui.wordpress.com/2012/07/06/%E3%80%8C%E6%BC%A2%E9%95%B7%E5%AE%89%E5%9F%8E%E6%9C%AA%E5%A4%AE%E5%AE%AE%E3%81%AE%E7%A6%81%E4%B8%AD%E3%80%8D/

三角縁神獣鏡は、約400面が確認され、その文様の種類は約140種におよび、多いもので9面の同笵鏡が発見されている。
銘帯内に反時計廻りに「吾作明竟甚大工 上有王喬□赤松 獅子天鹿其義龍 天下名好世無雙」と七言の句が鋳られる。
これらはいずれも、福建省から、関係していると言える。
麒麟は頭上に先が丸くなった一角を立て、頸には房のような文様、肩には翼あるいは火炎. のような ..... 一角はあるいは天鹿と. なし。
代表的な柄には、鶴・亀・松竹梅・四君子(菊、竹、梅、蘭)・扇・桐・鳳凰・御所解き文様などがあります。
龍文や鳳凰文等のように文様の題材から宮廷に向けての製作が推定される。
正倉院文様~☆. 着物にも帯にも柄がある。 この「柄」に面倒なことに「格」というものがある。

狭義には正倉院の染織品の裂(きれ)の模様を正倉院文様と云ったり、広義には正倉院に収められている楽器・調度品などの宝物を模様にしたもの全てを含めて正倉院文様と云ったりする。王道をいく

天禄とよんでいる)=平山天皇模様

天禄(天鹿)とよばれる天界の霊獣等が刻まれている。
縁起の由来=中国の福建省夏王朝から、伝来していた。

大地を表す四角と天を表す円の統合

中国古代瓦当. -西周・戦国・秦・漢時代の瓦当及びその瓦拓等の. 文様・書法表現の芸術的特徴

日本書紀 人の道に由来し、慶事や異変は天の文様に対応する。

雲巻き当瓦は平山天皇模様=屏山の治城にも瓦当てに雲のデザインとは天皇城の事。
雲巻き当瓦は平山天皇模様=奈良田原の唐古鍵遺跡
奈良田原の唐古鍵遺跡=土器にきざまれていた、屋根に雲巻きデザイン

平山天皇=雲巻きデザイン 治城 ビン越丑王、扶桑大帝東王公は天皇なり とし、『扶桑大帝は 東王公』であり、元陽父と号し、碧中に住す。
唐古鍵遺跡の神武天皇の宮殿雲巻き当瓦=平山天皇模様

(天禄とよんでいる)=平山天皇模様

奈良田原の唐古鍵遺跡と福岡県朝倉郡筑前町の遺跡の繋がりが、出て、土器から木製農具にいたるまで、華夏人の特徴があるとした。
田原の唐古鍵遺跡の土器に線刻された、家の屋根に、華夏人の特徴が、見える。
それは雲を意味した、中国福建-城村?城?址の瓦当て、にも雲のデザインとは天皇城の事てとされていた。
同じ地?屏山の治城にも瓦当てに雲のデザインとは天皇城の事てとされていた。これらは共通している。
また、唐古鍵遺跡と思われる、亀岡の人から2015/12/13日に買い受け、購入した、瓦当てに雲のデザインとは天皇城の事て地?屏山の治城、とされていた。これらは共通している。
すべてに於いて一致していたので、奈良田原の唐古鍵遺跡は神武天皇の宮殿の瓦当ての外には、無く、間違いないだろう。児島宮考古調査室

特に注目されるのは、唐古鍵遺跡木製枕は華夏の枕であり、朝倉郡夜須の惣利遺跡の木製枕と一致していて、他には出ていない。
考古学者は古代感の知識に間違いがあったという事になる。

朝倉郡夜須の惣利遺跡の報告書をご覧いただきたい。参考

福岡県朝倉郡筑前町夜須の遺跡に木棺、石棺に埋葬するのは、華夏人の特徴である。
福岡県朝倉郡筑前町夜須の遺跡の年代は紀元前110~50年前で、その後の遺跡は、見られない。

纏向遺跡には、年代が、はっきり出ていて、五世紀以降の、中国の雲南昆明の寺社に見える瓦当てが、寺社の模様となっている最古の瓦当てだろう。
平城京や東大寺 飛鳥寺に、花模様の瓦当が使われている。
山東省臨淄斉故城瓦当に酷似するタイル

湖南省 鳳凰古城は越人の瓦当が見える
水車が回るのが越族。 昆明もある。最古の瓦当
湖南省湘西土家族苗族自治州的西南部
由苗族、?族、土家族等28个民族?成,?典型的少数民族聚居区。

天鹿文様の瓦当 「「漢長安城未央宮の禁中」」
禁中が未央宮前殿の北側の特定の区画に位置
承明殿・金馬門・温室・石渠閣・天禄閣・黄門・蚕室・後宮などが禁中にあった 1980-1989年考古発掘報告 漢後期
https://xuetui.wordpress.com/2012/07/06/%E3%80%8C%E6%BC%A2%E9%95%B7%E5%AE%89%E5%9F%8E%E6%9C%AA%E5%A4%AE%E5%AE%AE%E3%81%AE%E7%A6%81%E4%B8%AD%E3%80%8D/

「漢長安城未央宮の禁中」
 

福州屏山平山治城の雲瓦当が奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が一致したと、児島宮考古学研究室が発表

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月27日(日)10時55分9秒
編集済
  福建省福州屏山平山治城の、巻雲の雲瓦当が王室専用の出土軒瓦という。
ここに、福州屏山平山治城の雲瓦当が奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が一致したと、児島宮考古学研究室が発表。
これにより神武の祖先は福建省福州屏山平山治城の無渚、で、児島宮考古学研究室が、インターネットで、夏后七代の祖は越王無予、その末裔が、ビン越王の無渚となっている。このビン越王の無渚が、平山を名乗ったのであろう。今は、ビン越無渚から、地名から起きていた事が判りました。


写真の上は福州屏山平山治城の無渚の巻雲の雲瓦当が王室専用とある。

写真中は田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当

巻雲の雲瓦当は中国福州屏山平山治城では天皇専用とある。これで、奈良田原の唐子鍵遺跡出土の雲瓦当が神武天皇の宮殿である事が判る。
これまで神武天皇の存在すら、判明していなかったのに、解明できた。
ここで国民の皆さんは、ウガヤ尊の、墳墓が天皇系図に平山御陵とされているのを、思い起こしていただこう。神武の祖は平山に在していた。敏達天皇も祖は平山としていたから、平山としていた。舒明天皇も、平山祖となっている。


天皇は何故平山を、名乗っていたのか?が、雲瓦当は、天皇専用とあり、福州屏山平山治城在、地名平山に、起こりがあったことが解明し、判明したと児島宮考古学研究室。

考古学に携わられている方々、全国教育委員会、文部省の方々には、お気の毒ですが、これから日本の歴史を伝達するには、勇気ある態度で向かわれますよう、祈ります。


 

ビン越丑王の子神武、が夜須から東征した、証が、唐子鍵の甲骨占卜

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月20日(日)16時20分58秒
編集済
  ?高祖五年(公元前202年),刘邦封无???越王。
?武帝が即位するとき 江淮、dongou の人々 の移動、ハンティン donghaiwangzhi 隋分すべての土地。 6 年 (紀元前 135) CCB、ビン越軍は緊急時にハンティン王また南ベトナム、南ベトナムを打った。

王輝と一般的な秘書ノン韓安国、河南省章 (今南昌市) 移動 (現在の江蘇省蘇州) 紙十字軍ビン越から兵士皇帝ウーの女の子。 英仙霞嶺半径を守る。

郢,姓?氏,无?后裔,?越王位的?承人;余善是郢的弟弟。
越建成侯敖便与繇君(ビン越)居股(繇君丑之子)君居股合?,?死余善,向横海将?投降降伏する。 徙其民于江淮? 間の移行を命じた。
徙其民、十万人が移動したと記録している。

ビン越丑王の子神武、が夜須から東征した、証が、唐子鍵の甲骨占卜は、甲骨に熱を加え、それによって生じたひ. び割れの形によって、狩猟や祭祀の可否、あるいは降雨・災害・収穫の. 有無などを、神武が唐子鍵で行っている。
甲骨占卜は華夏人独特である。

越丑王の子神武は、夏王朝の子孫で、越王無予、天神七代の子孫が、治城の無渚で、百越の王であった。
治城の無渚について日本の考古学は、知られていない、なので、
紀元前202年前、劉邦と項羽との闘いの時、無渚が、味方して、勝利したので、そのあと、百越の王となったと記録がある。
児島宮にしか、できないのは、児島宮の元祖のビン越丑王の子神武が、夜須から奈良に移動した、のは紀元前五十年前と、歴博の今村峰雄教授と児島宮考古学研究室  の、弥生年代炭化推定の時である。
これにより、初めて、弥生について、年代が、確率は今もできていないが、
それは、日本の始まりが、五世紀後半としているからである。
歴博の藤尾純一郎氏は、須恵器は五世紀後半としているから、越丑王の子神武について祥伯出来てしていない。
ここで児島宮考古学研究室が、唐古鍵が何故夜須と関係あるのか、
説明しょう。
下の枕は  唐古鍵から出土した木製枕で、紀元前百年前の惣利遺跡の木製工房から出土した木製枕と同じ、ビン越枕の相似である。中の画像は、唐古鍵から出土した木製農具が一致している。
更に一週間前、京都府の骨董商から、購入した、唐古鍵の瓦当ての雲模様トーテムが、田原の唐古鍵の宮殿の屋根の雲模様が、京都府の骨董商から、購入した、唐古鍵の瓦当と、福州屏山地鉄の治城宮殿に使用されていた、雲模様トーテム、天皇瓦二点が一致したのが、唐古鍵の年代が、明らかに、なった時である。


この治城が2013年十一月に、福州屏山地鉄?で、調査され、瓦当が、の屋根を飾っていた事が解り、このときは日本の考古学は、福州は日本との関係は、なかったとしていて、それは知識が、なかった、ということである。

これにより、歴博をはじめ、全国の教育委員会文化財課は、知識がまったく無いので、五世紀以前については、児島宮考古学研究室  以外は皆、皆無である。
児島宮考古学研究室以外に、五世紀前半の、古代は、何年経過しても、見えてこないだろう。
児島宮考古学研究室を知らないと、日本の歴史は、同じく、見えてこないでしょう。

何回も繰り替えているのに、知識は必要ないのだろう?
それは児島宮先祖がはじめ、だからであるのです。
はっきり言うと、明治以降の天皇と加担した、政府用人は、知識が何も、ないといえるでしょう。
いまで江戸初期で日本の古代が見えなかったのは、京都柴野大徳寺から、佐久間不干斎の長男と次男が、夜須に、移って、天皇皇統の関係が、消えたからであった。





 

神武天皇の宮殿の存在を確認したと、児島宮考古学研究室地?屏山站挖出古代建筑?越国?殿?址遺物と一致したと発表

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月13日(日)17時03分11秒
  福建冶城??
福州古城址福州古城址
?越立国之后,无?建造了福州?史上最早的城池??冶城。

http://baike.baidu.com/subview/596910/17958981.htm

福州地?屏山站挖出西??殿?址

神武天皇の存在は、学者でも、知られては、いなかった。
磁器須恵器夜須鳥巣、小隈窯は、やはり、屏山站挖出古代建筑?越国?殿と一致していた。

神の怒りの表れか?
12月に小隈窯の調査といいながら、やらない筑前町町文化財課に、神々は、児島宮考古学研究室に、日本の知られない、知ろうと、しなかった、のに、授けられたのであろう。
前先日に、神々は、授けられたのであろう。
突然の、児島宮祖である、地?屏山站挖出古代建筑?越国?殿?址遺物に合わせて、神武天皇の宮殿のありかを、諭された。

これまで、文化庁は、児島宮考古学研究室の研究に、邪魔することばかりで、全国の教育委員会文化財課にも、捏造した、日本人は五世紀後半に、朝鮮半島から渡来したとして、児島宮考古学研究室に、対し、うてあっては、いない。

全面的に歴史は、児島宮考古学研究室のインターネットで、十年の歳月が過ぎた。これが神の思し召しなのか?
一筋の、糸で、児島宮考古学研究室と、浙江省屏山站挖出古代建筑?越国?殿?址調査とを、ムスビつけられたのであろう。

一向に穿つが、上がらない、小隈窯の調査に、やる気がない、筑前町文化財課、に神々の、追い打ちか?
恥ずかしき筑前町文化財課、は、あとがない?

夜須地方の遺跡はやはり、鳥巣窯、小隈窯、山隈窯は、??越国?殿或衙署民であった。朝鮮半島ではなかったのである。
武夷宮の丑王の子である神武天皇の宮殿の瓦当てと、先日確認した。

武夷宮の丑王の祖は紀元前、202年前の屏山站挖出古代建筑、無渚越国である。
http://news.changlenet.com/story/76000/

秦朝?一天下后,降?君?,秦朝以其?地?置?中郡。秦末,无?率?中士卒??北上,?同?侯?秦。楚?分争天下,无?出兵?佐?王刘邦打??羽。?高祖五年(公元前202年)二月,?立他??越王,封管?中故地。无?仿效中原,于?今福州的冶山之麓筑城建都号“冶城”。由于他?建冶城,?辟?疆,因而成?中国?史上?越族的第一个卓著人物。[

福建冶城是古?越国的都城 無渚時期始建
越王無渚,姓?氏,生卒年不?,越王勾践后裔,西??期?侯国?越国国君。越国解体后,無渚移居?地,占有福建及周?地区,自称無渚越王。冶城(?南?:Iá-siânn)是前202年至前110年??越国的都城

勾践→鼠与→不寿→翁→?伯→侯→无彊→玉→ 尊 → ? →恒→朝→睦→无?→ ?→繇王丑(ウガヤ尊)

http://baike.baidu.com/view/9759522.htm
 

佐久間不干斎と宇喜多家は同祖児島高徳姻戚だった

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年12月 2日(水)14時32分4秒
編集済
  その昔、宇喜多家再興のため岡山に潜入した佐久間甚九郎が当地を視察に訪れたのか?
佐久間甚九郎信栄の祖先は、児島高徳の後裔であって、児島宮家姒鳳凰を、守るという、因縁があったのであろう。

宇喜多秀家再興の為?に、赴いた時の話と、鳳凰が、物語るのは共通している。http://blogs.yahoo.co.jp/xix_artemis_xix/12324601.html
この鳳凰は、古来より、象の布江として、越王も、鳳凰が、物語るのは共通している。
記紀の中にも、書かれていて、中国でも、「象の布江」が、河姆渡遺跡でも、出土しており、重要視されていた事が判る。


画像上 夜須の下高場田屋の、「象の布江」
画像中「象の布江」が、河姆渡遺跡
画像下 メソポタミアレリーフ- 棒注連縄の下にも、「象の布江」が見える、伝えている。
「象の布江」は又天子の鳳凰でもある。それが佐久間父子の天子の鳳凰でもある。

鳳凰は天使の心づかい、ともある。こころ無きときは、蒙古のように、東北大震災の時のように、突然にして、佐久間不干斎の備後宇喜多秀家再興の為?に時のように、突然にして起きるという。
これは、さておき、鳳凰が見張っているという事なのか?

ここ夜須の下高場田屋の丘畑からも、出土していて、、「象の布江」が西日本新聞でも、発表された、これが、それっきり、となっている。

夜須の下高場田屋の裏の丘畑からも、出土していて、、「象の布江」は、朝鮮半島から土器が五世紀後半に、北部九州に、もたらされたという、論理は、中国隋時期とは、いささか、時代感に、大きな誤差、錯覚が出ていると、児島宮考古学研究室は、二十年前から、いい続けている。
それは、日本の創生は、五世紀後半の朝鮮半島経由ではなく、
紀元前百年前の筑紫の夜須、のウガヤ尊の男が、新羅の開祖となった、ものであると、児島宮考古学研究室。
ここには、五百年の誤差があるのです。

確固たる、日本の創生年は、児島宮の祖、越王勾践から、計測したものも゛ある。
又、日本の紀元前の開祖は、禹の天神七代の越王祖予からと、児島宮考古学研究室は、近畿の橿原文化財課や千葉の歴博にも、提示しているが日本の紀元前の開祖を、受け入れては、いないのが現状で、日本の古代史教科書は益々、混迷を深めている。何も感じてはいない。
同じように、我が国のまつり事も、同じく、混迷を深めている。何も感じてはいない。

ここからは、
佐久間不干斎と宇喜多家について、
いずれも同祖?遠い昔々の話で、紀元前五百年前の呉越の戦いの話は、中国で遺作されて、テレビで放映されていた、その呉越の戦いで、覇者となった越王勾践の娘が、呉国の敵となって、太夫ごしこうに仇と、されていた王がなくなり、王子の昭王の后となって、恵王を生まれた話が伝わっている。

これには、越王勾践の、象之布江、鳳凰の力が、突然現れたのかもしれない。中国の周国の覇者に上り詰めたという。この後、楚国は、王が変わり、李項羽となるが、国人の話を、、受け入れないようになり、内紛が起こり、楚王の入れ替わりとなったという、漢の劉邦に敗れたのは、越国の王が劉邦に味方した事によるとされ、武夷に城を、造り、これも越王勾践の後と言われる。それがウガヤ事丑王である。
このウガヤ事丑王が浙江省の白馬に寺が出来、三角縁神獣鏡が、用いられたという。
二世紀後半に、神功皇后が、中国王から、三角縁神獣鏡百枚を与えられたという。

夜須の下高場田屋の裏の丘畑からも、出土していて、、「象の布江」は?、漢の武帝と同時期であると、児島宮考古学研究室は捉えている。

佐久間不干斎と宇喜多家の関係は、
佐久間氏(信晴系) - Reichsarchiv ~世界帝王事典~
reichsarchiv.jp ? 家系リスト
佐久間信栄(不干斎). 生没年:1556-1632; 父:佐久間信盛: 通称:甚九郎: 別名:正勝: 駿河守: 1576-1580 石山合戦: 1580-1582 追放; 正室:: 男: 男: 娘(高家 織田貞置室): 娘(佐久間信勝室): 娘(安見元勝室): 娘: 娘: 娘: 娘: 1573-1620 (養子)信実: (養子) ...
未指定: 宇喜多

慶長三年に、甚九郎佐久間信盛ー甚九郎正勝不干斎の男二人が、京の柴野から、夜須入りしたのが、遠祖ウガヤの開いた夜須松延に、住す。

三成や毛利・宇喜多の本意も分からない ...... 常真との交渉は常真の元家臣である佐久間不干斎を通じて行われた 。

この説は、『宇喜多和泉能家入道常玖画像賛』(『宇喜多能家画賛』)の記載に基づくものである。宇喜多氏自身が称した出自であることから、地元岡山県に於いても古くから広く受け容れられ、20世紀末以降に入って出版された岡山県史・岡山市史・倉敷市史など地元自治体が編纂した歴史書などでも、この説を採っている。

藤原北家閑院流三条家の宇喜多中将(宇喜多少将とも)へ嫁いで宇喜多氏となっっている。
他の説として、宇喜多氏を児島高徳の後裔とし、高徳を宇多源氏佐々木氏の一族[17]、あるいは後鳥羽天皇の皇子・冷泉宮頼仁親王の子孫とする説もある。

室町時代中期の宇喜多久家の頃から宇喜多氏の動向が比較的明らかとなってくる。久家の子宇喜多能家は16世紀初頭に備前の守護代浦上氏に仕え、守護赤松氏に対する下克上に功績を立てた。その能家の孫が備前を領する戦国大名に宇喜多を押し上げた直家である。

毛利氏・織田氏の勢力争いに乗じて才覚を発揮し、ついには備前一国に飽き足らず備中の一部や播磨の一部・美作などにまで勢力を広げることに成功した。まさに下克上の人生であった。
直家の子秀家は、天正9年(1581年)に父直家が死んだときまだ幼かったため秀吉に育てられ、本能寺の変後に政権を握った秀吉のもとで備前・美作と備中の一部を安堵されて岡山城57万石を領する大名になった。秀吉の晩年期には、秀家は五大老の一人となり、その絶頂期を迎える。朝鮮出兵においては主力として渡海している。
しかし、秀吉死後の慶長4年(1599年)にお家騒動が起きて宇喜多氏は急速に衰退し、慶長5年(1600年)の関ヶ原の戦いには石田三成に同調して西軍の主力の一人となり、敗北して所領を没収された。
秀家は辛うじて助命されたが、子息等とともに八丈島に流されて50年間の配流生活を送り、明暦元年(1655年)11月20日にそこで没した。

宇喜多家は八丈島で直系血族は浮田、傍系は喜田などを名乗り、他の流人とは区別されて「浮田流人」と呼ばれ、後に20家に分かれた。



宇喜多直家が大名 天神山城が宇喜多家所属 備中高松城が宇喜多家所属 浦上家が滅亡 武将録下克上達成です。
範長─高徳(範長の長女の子)─高秀(弟三宅高光、弟三宅高貞)─高家─信徳─宇喜田久家(母児島高徳家女←藤原三条実家を婿とす)─能家(和泉守)─興家(弟義家、弟定安〔戸川正実養子〕)─和泉守直家(弟出羽守忠家、弟河内守春家)─秀家(参議、権中納言)─秀規【宇喜多氏】。

高徳─児島高秀(弟児島高光、弟三宅高貞)─高家─女(藤原三条実家を婿とす)─宇喜田久家─能家(和泉守)─興家(弟河内守春家、弟出羽守忠家)─秀家(参議、権中納言)─秀高(弟秀継)。

宇喜多秀家は備前(現在の岡山県東南部)の大名・宇喜多直家の次男として生まれ、織田家→豊臣家と仕えました。

佐久間 信栄は、安土桃山時代の武将。織田信長、豊臣秀吉、徳川秀忠に仕える。通称は甚九郎、駿河守を自称し、剃髪後は不干斎と号した。( )は正勝とも。

佐久間 信栄(さくま のぶひで、弘治2年(1556年) - 寛永8年11月23日(1632年1月14日))は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将。佐久間信盛の長男、信実の兄。子に娘(織田貞置室)、娘(佐久間信勝室)、娘(安見元勝室)。養子に信実、信勝、信重。通称は甚九郎。駿河守を自称し、剃髪後は不干斎と号した。諱は正勝(まさかつ)とも伝えられるが、信頼できる史料は信栄としている。




 

佐久間信盛が滋賀(近江)で、楽市楽座をしたが、その地に鳳凰を残していた、子息のの佐久間甚九郎信栄が備後に伝えた、宇喜多家の再興の為?に、赴いた時の話と、鳳凰

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年11月11日(水)13時10分6秒
編集済
  佐久間信盛が滋賀(近江)で、楽市楽座をしたが、その地に鳳凰を残していたのは?子息のの佐久間甚九郎信栄が備後に伝えた、宇喜多家の再興の為?に、赴いた時の話と、鳳凰が、物語るのは共通している。http://blogs.yahoo.co.jp/xix_artemis_xix/12324601.html

甚九郎稲荷の由来



その昔、宇喜多家再興のため岡山に潜入した佐久間甚九郎が当地を視察中、

多数の暴漢に襲われ危機一髪となったさい、

天から電光燦然と輝き白狐の声が轟き、暴漢どもはその場にひれ伏したので

甚九郎は九死に一生を得て危機を脱出することが出来た。



この白狐は当地に在った稲荷神社のご本尊であろうと、

上之町々民(現在の天神町南町を含む)は甚九郎稲荷と言うようになり大切にお祀りして来た、


以来上之町に異変がおこるさいは前もって白狐が鳴きこれを町民に知らせると言う、

今も上之町に火災など災難がないのも当社のお蔭と

町民の深い尊敬を集めており上之町の守護神である。


夏祭り 毎年七月二十四、二十五日

天神社、稲荷神社奉賛会


岡山市北区天神町9-41

日本で鳳凰を伝えたのは足利義満の金閣寺と、滋賀(近江)と備後国(現在の天神町南町を含む)は甚九郎稲荷だけである。

桃山、織田信長、の時より始まった、神社と御神輿の頂点に、とりつれられた鳳凰は、御振興は、開始、創設に、関わっている。
御振興とはに、関わって、いた、共通する、治める発祥のことである。

これらは天神、鬼神、天満に、伴うのに、用いられる。
近年、御神輿が、用いているので、御振興の意味が、不明確にになっていた?

近年禁句と古来よりされて、いた、鳳凰は十六葉菊紋と同じ、天子を頂点にしている時だけ、であった。

ここで、何故佐久間信盛と甚九郎信栄が、鳳凰と関係して、発祥としたのか?
その理由とは?
備後国(現在甚九郎稲荷の天神町南町を含む)にも、共通しているのは?佐久間甚九郎信栄と宇喜多家との関係が遠祖、児島高徳にある事に通じている。
これが発祥を許される児島高徳に秘密がある?それが鳳凰は十六葉菊紋と同じ、天子を頂点にして、行われる事にある。

おまつりは、天子を頂点にして、しているか?しないかに左右されるという?神とさわり、が関係している?
天子を頂点にして、すべてのまつり事が行われていない時、神とさわり、が関係している?
東北大震災の時は、神とさわり、が関係している?
筑紫の日向の橘の大木原に、神を遮る、電柱に、関係していると、九州電力の間に、東北大震災と津波が起きて、東京福島原発にも、神とさわり、が関係している?
いち早くNASAは、東北大震災に、人間が引き起こした、さわりだったと、報告している。

いわば、神のさわり、が東北大震災となっていたのか?
ここに、まつり事は? 正しく行われていたのか、徹している。
身勝手は?さわり、になると、昔より聞いた事が、あるであろう?

突然のさわり、が、天から電光燦然と輝き白狐の声が轟き、暴漢どもはその場にひれ伏した、としている。
同じなのが、フビライかぜ、博多湾に押し寄せて来た時の台風、天から電光燦然と輝き白狐の声が轟きで、あったのであろうか?
この時に、そなえて、敵国降伏としての、箱崎宮だった、のかも知れない?

写真上 天から電光燦然と輝き白狐の声が轟き

中 甚九郎稲荷

下  石部城 近江国(石部)  石塔鳳凰 楽市楽座


獅子、狛狗、鬼、鬼犾頭(きぎんとう)、鬼龍子、鯱、鴟尾、麒麟、鳳凰(不死 鳥)、迦楼羅などは 虞(すうぐ)を象ったもので龍(風=天空、宇宙、宇気、大気、空 気、虚空・・・)


三月五日                                    信 長 (黒印)

   佐久間甚九郎殿

 内容からみて、石部城が佐久間軍に攻められ、承禎が信楽に逃避した天正二年四月の直前に発給されたものと思われる。六角氏の滅亡寸前に、信長は甲賀武士たちが自軍になびきつつあることを意識して、佐久間信栄に油断なきよう差配することを命じているのである。はたして承禎に付き従った甲賀武士がいか程いたかは不明であるが、少なくともこの文章から知られることは、甲賀郡内の地侍たちが信長に帰順していることである。この合戦において信長は、ほぼ終焉を迎えたといってよかったのである。

石部館(城)に佐久間父子が落居して、その守りと監視を一層厳しくしていったことを伝えている。

信長直臣の武将、佐久間信盛は永原城にあって、延暦寺焼き打ち後に信長から野洲・栗太の両郡とその近郷の村々が安堵された。

 

1597年5月, 名護屋城内茶会配置

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年10月21日(水)10時19分23秒
編集済
  1597年5月, 名護屋城内茶会配置

文禄元年(1592)5月28日には名護屋城内茶会が開かれています。
この茶会にはハビアンと清原イトも、同席している。
ハビアンと清原マリアは、天草に渡り、豊臣秀吉の肥前名護屋城の茶会の(不干斎)席にも、見えている。

如水の遺言により、福岡の教会で葬儀が行われ、ハビアンがその追悼式で話をする。
ハビアンが林羅山との教義問答の際、如水のことを迂闊にももらしたという。
元和7年(1621)3月、長崎西坂にが訪れる。清原いとの娘と名乗る。この家に昨年から住み着いていた男の名は不干斎。 細川ガラシャとその小侍従清原いとの協力で、不干斎ハビアンが『妙貞問答』を書いたことが語られる。そして、娘が不干斎に尋ねたのは、「なぜ不干斎様が変わられたのか」ということ。母いとが尋ねたいと望んだことなのだと。

不干斎は、原田喜右衛門に会ったことが、棄教の道へと歩ませたのだと物語っていく。

関ヶ原の戦のさなかに、いとはガラシャ夫人の思いを伝えるために織田秀信の陣に赴く。如水の密使としてひそかに秀信と会おうとしていた又兵衛と出会い、ともに秀信の陣に行く。

ハビアンは天草コレジオで日本語教師を務め、同学院出版『平家物語』の編者として序文を書き、巻末に「不干斎巴鼻庵」と記した。
不干斎巴鼻庵は先祖より、伝えられた御恩と奉公によって、保たれている家門の出、であった事。

「茶道四祖伝書」では佐久間不干斎からの伝聞として「織部は初めは 茶の湯が大嫌いであったが、中川清秀に ... 大茶人を招いての茶席に備え、慎重に床に 飾る花を選


佐久間不干斎からの伝聞
   投稿者:児島宮歴研会   投稿日:2012年 6月22日(金)13時36分31秒

「名物一つあれば茶の湯はできる」

茶道は今とは、違う?
茶の古典とは「みいだす」、こと。
めきき、一つあれば茶の湯はできる。

書画骨董も同じ。
秘蔵申すと咄有之。
「扨々見事」
吉も悪も能存候間
名ヲ人生と付ケシナリ。人生七十古来マレナリト云。

茶道は故一器一回を宗とす。
お香も、故一器一回を宗とす。
松屋久重編の「茶道四祖伝書」では佐久間不干斎からの伝聞として「織部は初めは茶の湯が大嫌いであったが、中川清秀にそそのかされて上々の数寄者になった」と記されている。

ここに、佐久間父子によって、茶道は開かれていた。

名物がなければ、茶道は、できなかったとある。

古田氏は元々美濃国の守護大名土岐氏に仕えていたが、永禄9年(1567年)、織田信長の美濃進駐と共にその家臣として仕え、重然は使番を務めた。翌年の信長の上洛に従軍し、摂津攻略に参加したことが記録に残っている。永禄11年(1569年)に摂津茨木城主・中川清秀の妹・せんと結婚。

数寄者、数寄聞書。

「数寄(茶の湯)というのは(同と)違った工夫をしなければならない。

大茶人を招いての茶席に備え、慎重に床に飾る花を選んでいた家光に、永井信濃守が
「善い花を見つけたので」と、持って来た花を献上した。

それはそれは見事な、木瓜の花だった。


茶人と呼ばれる人には自分なりの主張を持った、一本筋が通った人が多い。

「一つの試み」

やはり道具が、数寄の基本。

大名はそれぞれに、窯を築かせたのも、うなづける。

今の茶道は、数寄(茶の湯)では無い。

ここみ、として、
モノを粗末にしない。可能性にいどむ。
今忘れている大切な要素、道で、学問ではありません。

なので、佐久間不干斎は、祭、や甚句や相撲、歌舞伎出雲のお国、お伽話し、が排出しています。
なんかもう現存しないモノについては、真偽はさておきとりあえず一覧。
侘て面白とて。

故に文明を周知していないと、何も出来ないとある。



http://turuta.jp/story/archives/6450   佐久間不干斎の 種村肩衝 たねむらかたつき

「都帰り」というのは、狩野探幽か所持していたとき明暦の大火が起こり、この茶入が焼滅したと思っていましたが、はがらずも京都において京都所司代牧野佐渡守親成により見出され、親成が探幽の所持したものであることを知っていましたので、再び江戸へ返付されたことにより付けられた銘であります。
伝来は種村某から佐久間不干斎・木下宮内少輔を経て、堺の町人某に渡り、探幽かこれを求めて所持し、この間に前述の「都帰り」の逸話が生まれました。

佐久間 信栄(さくま のぶひで、弘治2年(1556年) - 寛永8年11月23日(1632年1月14日))は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将。佐久間信盛の長男、信実の兄。子に娘(織田貞置室)、娘(佐久間信勝室)、娘(安見元勝室)。養子に信実、信勝、信重。通称は甚九郎。駿河守を自称し、剃髪後は不干斎と号した。諱は正勝(まさかつ)とも伝えられるが、信頼できる史料は信栄としている。

無料の百科事典であるウィキペディアでは、佐久間不干斎に関する項目がありますが、これは、その内容の抜粋です。ウィキペディアでは、著者に関するリストが閲覧できます。

佐久間信盛の長男佐久間不干斎と佐久間信盛の長女は狩野永徳の息孝信の妻

この種村某から佐久間不干斎の手に入った、それから、佐久間不干斎・木下宮内少輔を経て、堺の町人某に渡り、探幽かこれを求めて所持し、この間に前述の「都帰り」の逸話が生まれました。狩野探幽が二百両で、手戻したという。

木下足守家系図
http://homepage3.nifty.com/hyuuga/daimyou/kinosita.htm

木下宮内少輔利房:生まれる(父 木下肥後守家定).
木下利房が大坂の陣で功をあげ、備中足守2万5千石を与えられた。 木下利房の父、木下家定はねねの兄で、 ... 従五位下 宮内少輔. 木下家定の二男

https://books.google.co.jp/books?id=ZYnE99OizPkC&pg=RA3-PA28&lpg=RA3-PA28&dq=%E6%9C%A8%E4%B8%8B%E5%AE%AE%E5%86%85%E5%B0%91%E8%BC%94&source=bl&ots=SFP21kjgAV&sig=5KpufQ6lh0RMzmYLZBcFLf9HbYk&hl=ja&sa=X&ved=0CC8Q6AEwBGoVChMIiIr52MLSyAIVSbaUCh1BhwD7#v=onepage&q=%E6%9C%A8%E4%B8%8B%E5%AE%AE%E5%86%85%E5%B0%91%E8%BC%94&f=false

 

久野次郎左衛門

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年10月10日(土)12時19分20秒
編集済
  佐久間信盛と佐久間不干斎に最後まで、仕えた人。

久野次郎左衛門

  又右衛門次郎左衛門子

  八左衛門次郎左衛門子

次郎左衛門  元佐久間右衛門(信盛)家臣 三斎公代豊前ニ而召出・三百石(先祖附)
            (1)馬廻組六番 三百石 (於豊前小倉御侍帳)
            (2)御馬廻衆 三百石 (肥後御入国宿割帳)
            (3)御郡町奉行 三百石
    2、又右衛門(嫡男)
            (1)御詰衆 二百石 (真源院様御代御侍名附)
            (2)二百石 (真源院様御代御侍免撫帳)
            (3)岩間小十郎組 二百石 (寛文四年六月・御侍帳)
            (4)御側組外衆 二百石 (寛文四年六月・御侍帳)
    3、又右衛門   御詰衆・五番槙島半丞組 大番士 二百石 (御侍帳・元禄五年比カ)


久野次郎左衛門  (南東33-5)
     次郎左衛門
    1、八左衛門(二男)
              (1)坂崎清左衛門組 百五十石 (真源院様御代御侍名附)
              (2)百五十石 (真源院様御代御侍免撫帳)
              (3)佐敷・薮図書組 百五十石 (寛文四年六月・御侍帳)
              (4)佐敷・山本三郎右衛門組 水俣御番 百五十石 (御侍帳・元禄五年比カ)
    2、次郎左衛門(初・長七郎)
    3、八左衛門(養子 実・中村左太夫五男 初・七大夫 次郎左衛門)
              (1)百五十石 佐敷詰
              (2)佐敷組脇 百五十石 寛保二戌九月十六日当役
    4、七大夫(次郎左衛門)
    5、八左衛門     百五十石
    6、長次郎    旧知百五十石
    7、俊太(次郎左衛門) 下馬久馬組・御番方二番 百五十石
http://www.shinshindoh.com/samurai/08-ku.htm



信雄が改易されると茶人として秀吉に召抱えられ、大坂の陣後は徳川秀忠に御咄衆として武蔵国児玉郡、横見郡に3000石を与えられた。 細川家に再仕官した旧臣の久野次郎左衛門あての佐久間不干斎書状2通が現存している。 法名は宗岩。墓所は京都紫野大徳寺の高東院。

織田信長の重臣・佐久間氏の当主・佐久間信盛の長男として生まれ、若くして父と共に各地を転戦、伊勢国大河内城攻略戦、対六角氏戦などで父と共に戦功をあげ、天正4年(1576年)には対石山本願寺戦で天王寺城の守備を任されている。

塙直政の戦死によって父・信盛が石山本願寺攻めの指揮官になる


『寛政重修諸家譜』では正勝、『佐久間軍記』
肥後細川藩拾遺http://blog.goo.ne.jp/shinshindoh/e/434131cb6e7b7d316bb9d5c20707fc54
佐久間 信栄(さくま のぶひで、弘治2年(1556年) - 寛永8年11月23日(1632年1月14日))は、安土桃山時代から江戸時代にかけての武将。佐久間信盛の長男、信実の兄。子に娘(織田貞置室)、娘(佐久間信勝室)、娘(安見元勝室)。養子に信実、信勝、信重。通称は甚九郎。駿河守を自称し、剃髪後は不干斎と号した。http://www.cyclopaedia.asia/wiki/%E4%BD%90%E4%B9%85%E9%96%93%E4%B8%8D%E5%B9%B2%E6%96%8E

ハビアン[1](Fucan Fabian、1565年(永禄8年) - 1621年(元和7年1月))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての日本人のイエズス会修道士(イルマン)。本名不詳。後に棄教しキリスト教弾圧に協力した。またキリスト教と他の宗教を比較した著作を残した。[2]不干斎 巴鼻庵(ふかんさい はびあん)と号した。
1565年(永禄8年)、加賀国または越中国にて誕生。母のジョアンナは北政所(おね、高台院)の侍女となった。始めは大徳寺の禅僧となり、恵俊または恵春と称したとされる。

1583年(天正11年)、京都で母とともに受洗。高槻、大坂のセミナリヨで学び、1586年(天正14年)に修道士となってイエズス会に入会した。豊臣秀吉のバテレン追放令を逃れて山口、長崎、加津佐などを経て、天草のコレジオで日本語を教える傍ら、同地で『天草本平家物語』を編纂した。また自身の経験により『仏法』を著し、これより後はキリスト教を擁護し仏教を批判する論陣を張った。1603年(慶長8年)に京都に戻ると、1605年(慶長10年)、護教論書『妙貞問答』を著す。本書は、2人の尼の対話形式で記され、キリシタンである幽貞が神道・儒教・仏教を批判し、キリスト教の教理を説いて妙秀を入信に導くという内容[3]。1606年(慶長11年)には林羅山と論争し、当時支持されつつあった地球球体説と地動説を主張した。

ところが1608年(慶長13年)、修道女と駆け落ちして棄教し、1614年(慶長19年)には長崎でキリシタン迫害に協力するに至った。晩年の1620年(元和6年)にはキリスト教批判書『破提宇子』(は・だいうす:デウスを破却する意)を著した。

彼はそもそも禅門大徳寺の禅僧(臨済)、それがキリシタン修道士に、教会内部でもえらく出世しますが
ついにキリスト教を棄て、耶蘇との決別の書を著します(ハダイウス:破堤宇子)
[1565~1620?]安土桃山・江戸初期の日本人イエズス会士で、「天草本平家物語」の編者。

永禄(えいろく)8年生まれ。禅僧からイエズス会士となる。慶長10年護教論書「妙貞問答」をあらわし,翌年林羅山と論争。

《平家物語》を口訳編纂,1597‐1602年(慶長2‐7)長崎に在住し《仏法》を編纂する。

戦乱で京都が焼け野原になるような状況で、
禅僧は寺で集団で修行することができず、
「密参録」(師と弟子が口頭でやる禅問答)の時代が続きます。http://ameblo.jp/nibbaana/entry-10409926156.html
その「禅僧からイエズス会に改宗した第一級の知識人」が、不干斎巴鼻庵(フカンサイ・ファビアン)だったのです。禅僧でしたが、後に改宗してキリシタンになり、
44歳で突然キリスト教信仰をも捨てて、行方知れずになってしまいます。
そのとき、ひとりのベアタス(貞淑を守る関白家女性の修道誓願者)と一緒に教会から駆け落ちしたという。
ハビアンは、キリシタンになった後で、『妙貞問答』という本を書きます。
これは、仏教の各派や神道をボロクソに書いて、それに比べてキリスト教はなんて素晴らしいんだ!というQ&A集です。で、そのあとキリスト教を棄てたときには、
キリスト教がいかにインチキかを説いた『破堤宇子(はだいうす)』これは本人が皇統だからなのです。何故って、日本の為だからなのです。
でも、私たちのように、現代に生きている者からすれば、
ハビアンと同じく、「突っ込み」を抑えることはできません。
例えばキリスト教批判の書『破堤宇子』の中で、
神が世界を創造して、全知全能だというなら、なんで悪魔なんていう存在を許すのだ?
アダムとイブが、リンゴを食べたぐらいで人類に罪を負わせるなら、
神ってちっとも慈悲深くないんじゃないの?
http://ameblo.jp/nibbaana/entry-10226171762.html#mainオレは長年イエズス会にいたけど、一度も奇跡なんて見てないよ。みたいなことを書いています。

九州大学
江戸初期、林羅山(名は信勝、一五八三~一六五七)が出版間もない『天主実義』を読み、日本人イエズス会. 士である不干斎ファビアンと論争したことは、その著. 「排耶蘇」. でよく知られるところである。
作者の名は、不干斎ハビアン、こと、佐久間信盛の息、佐久間甚九郎正勝である。 豊臣 秀吉の伽衆の時、豊臣秀吉朝鮮征伐、で佐賀に、きていた時、茶会にも列していた。 不干斎ハビアンは朝鮮征伐には、加わらず、天草コレジョで清原イト

佐久間信榮(1556-1632)安土桃山時代和江?時代武將。佐久間信盛長男、信實之兄。養子有信實、信勝、信重。通稱甚九郎。自稱駿河守,剃髮後號不干齋。諱正勝,史料中是信榮。
信榮是織田氏重臣佐久間氏當主信盛的長男,年輕時跟隨父親轉戰各地,伊勢國大河内城攻略戰、對六角氏的野田城、福島城之戰與父親一起立下戰功,天正4年(1576年)中與石山本願寺的戰鬥(石山合戰)中擔任天王寺城的守備。
由於塙直政戰死,父親信盛擔任進攻石山本願寺的指揮官並由信榮輔助,與畿内各地的援軍一起出兵,但是一直沒有戰果。對此感到憤怒的主君織田信長在天正8年(1580年)動用朝廷與本願寺和解,並寫下19條譴責?把信榮父子流放到高野山。
父親信盛死後,信榮在天正10年(1582)1月被赦免,被允許仕官於織田信忠。本能寺之變後出仕信長次子信雄。小牧、長久手之戰中築起大野城並與瀧川一益戰鬥,但在築城期間信榮守備的蟹江城被一益攻下,因為這樣的失敗,事實上這是信榮最後的從軍,在此以後直到76?死去為止再沒有從軍記?。信雄被改易後,作為茶人被豐臣秀吉雇用,大坂之陣後成為德川秀忠的御咄眾,被給予武藏國兒玉郡和横見郡3千石。
寛永8年(1632年)在江?死去。法名是宗岩。墓所在京都紫野大德寺的高東院。有2子7女,因為兩個兒子都先於信榮死去










http://

 

日本の根幹御恩と奉公

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 9月25日(金)09時38分22秒
編集済
  日本の根幹御恩と奉公とは、
主人・従者が相互に利益を与え合う互恵的な関係で成り立っていた。ここで、主人が従者へ与えた利益を御恩といい、従者が主人へ与えた利益を奉公といった。

今ここで、忘れ去られた、通用しなくなった、日本の根幹とも言える、佐久間不干斎の前臣下に充てた二通の手紙により、孔子も教えた、相互に利益を与え合う互恵的な関係が培われていた事が見えている。
佐久間不干斎と旧臣の久野次郎左衛門あての不干斎書状2通が現存していた事が、判った。
ここには信長から追放された、佐久間信盛父子の、蓄えていた、持っていた、御恩と奉公の実の姿が、昔物語の『御恩と奉公』ように、ありありと、書かれていたのに、感動を覚えた。感涙恐々謹言


佐久間信盛・正勝(不干斎)父子に仕えた久野次郎左衛門の墓が、熊本県南関町指定文化財(建造物)になったそうです。
最後は正勝の口添えで細川忠興に仕える事になり、肥後へ移住した。http://ameblo.jp/9zaemonn/entry-11329705750.html
久野次郎左衛門は、織田家を追われた佐久間父子に最後まで従い、忠義を尽くしました。
元和七年(1621)に正勝が送った手紙には、「越中守殿(細川忠興)や内記殿(三男・忠利)へ自分からも折々手紙で申入れをするから心配しないで、しっかり奉公するように・・・」という思いやりのこもった内容が書かれています。これら二通の書状は、「佐久間不干斎書状」として現存し、久野氏御子孫の元にあります。
細川家に再仕官した旧臣の久野次郎左衛門あての佐久間不干斎書状2通が現存している。 法名は宗岩。墓所は京都紫野大徳寺の高東院。
久野次郎左衛門の熊本県南関町文化財課の紹介で、御子孫と佐久間不干斎子孫某が、通信で巡り合う事が出来ました。

熊本市在住の久野氏より、正勝が送った手紙の史料や
久野次郎左衛門の細川家に再仕官してからの、記録も、お送り下さり、天草動乱に至る、文書等々、拝見する事が出来ました。
天草動乱と言えば天海僧正(三宅秀満)の息が天草で殺害されたのが、、天草動乱の引き金になって、キリシタン、討伐へと、なったのは、何かの因縁の感に致します。天海僧正(児島高徳胤三宅秀満)は天皇胤(神胤)を、キリシタンは、冒涜した事が、見えました。

古代中国より、恩と奉公が、不干斎と旧臣の久野次郎左衛門の間に、見えてきました。
何よりもこの恩と奉公が息づいていた事が忍ばれた。


「御恩と奉公」が既に広義の封建制としていた日本。
春秋時代以降を封建という。
恩と奉公の主従関係
中国大陸の漢文化の受容である。この義理人情は家族から社会まで、上下関係、御恩と奉公などに 現れている。


不干斎が亡くなった時に朽木氏、が殉死していた。ここ高東院墓地に、何名かの墓石が、「御恩と奉公」殉死と高東院住職松長氏より、教わった。ここにも不干斎の御恩と奉公」が、宿っていて、後々まで、語り継がれるであろう。

【不干齋】/佐久間信栄

      (その一)
           尚以 不及申候へ共
           弥無油断御奉公
           専一ニ候 連々之儀ハ 如在申
           間敷候 以上
          御状到来 披見
          珍重ニ候 其後絶
          音問候処 御書中満
          足仕候 大阪御普請ニ
          御詰候由 御辛労奉
          察候 併無相違御奉
          公喜悦之至候 折々便
          を以 越中殿へ可申候
          条 可御心易候 折節
          持病発平臥候間 不
          能多筆候 恐々謹言
           五月二日    不干斉
                      (花押)
           久野二郎左衛門尉
                   回答


      (その二)
           尚以 久絶音間候処
           来札本望ニ存候
           以上
          去月廿四日之御状到
          来 披見珍重々々
          先以其地御無事
          尤満足申候 今度内記
          守殿へ御家徳(ママ)相済、小
          倉へ御移之儀 千万目
          出存候 我等之大慶可
          有御推量候 殊貴
          所内記殿へ御付候由
          尤本儀ニ候 連々之儀
          内記殿へ可申入候 大坂
          御普請之刻 御煩ニ
          付 為三齋老御気
          色悪候へ共 被対拙老
          御様捨之由 於我等承
          候 御父子へ御礼可申候
          此度之書中ニも 我等
          三齋老へ奉願 貴所
          出し申候由 内記殿へ
          申入候間 可御心易候
          将又 従旧冬長々
          煩申候キ 近比得快
          気 御前へ罷出候
          甚九郎も無事候間
          可御心易候 猶期後
          音時候 恐々謹言
           七月廿七日   不干斉
                      (花押)
           久野次郎左衛門殿
                   回答


佐久間氏の没落により、再仕官を余儀なくされた旧臣を思いやる、不干齋(信栄)の暖かい心情が読み取れる。
http://blog.goo.ne.jp/shinshindoh/e/434131cb6e7b7d316bb9d5c20707fc54

法名は宗岩。墓所は京都紫野大徳寺の高東院。

紫野大徳寺の高東院には児島高徳子孫の墓と「寛永系譜帳」「寛政系譜帳」に記載されている。

ここに先日、佐久間不干斎夫婦像と裃に入れられた佐久間不干斎の二福対が手にいり、佐久間信盛の先祖が、輪宝紋である事が、判り、児島高徳子孫と、一致した。輪宝紋は紀元前の中国浙江省白馬寺の由来が、武夷のビン越王丑王とされ、白馬三郎と三角縁神獣鏡が、相対し、三重の奇跡に遭遇した事を報告する。








 

児島高徳の代表紋菊と輪宝紋

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 9月21日(月)21時16分44秒
  三宅氏児島高徳の代表紋といわれている。
家紋の由来_輪宝紋について、知ろう。
古代の仏教では、法(真理)をもってこの世を治める王を転輪聖王といった。輪宝は、この転輪聖王の感得する七宝のひとつ。聖王は、輪宝という巨大な車輪を武器とし、この輪が戦場に回ると敵は調覆され、四隣はこの威力に従った。
仏教で輪宝は「真理を回らすもの」であることに意味が抽象化された。


輪宝紋は紀元前浙江省白馬寺に始まったとされていて、越王を白馬三郎と呼んでいる。
これが越王丑により、日本に伝わったとされている。
輪宝紋は、日本にも仏教伝来とともに伝来した。これが瓦にも武夷城村の武夷宮の瓦にも見えている。

輪宝紋 仏教の真理を説く法具として伝来、 修験者の間で広まり、三宅氏の代表紋となった。
『見聞諸家紋』には、讃岐の三宅氏が使用と書かれている。
三宅氏の祖は、南北朝時代に南朝方で活躍した備前の武士児島高徳であるという。その子孫が備前はもとより三河へも移住したことで、輪宝紋は三宅氏の代表的家紋して広まった。一方、三宅氏は三宅連の子孫で、備前国児島郡三宅庄から起こったともいう。三宅庄は聖護院との関係も深く、修験道五流のあるところであった。当然、修験者も多く、みな輪宝を所持していた。
http://www.harimaya.com/kamon/column/rinpo.html

輪宝紋で知られる備前の武士児島高徳であるという。その子孫佐久間信盛の子甚九郎信栄の、像が、児島高徳その子孫佐久間甚九郎信栄も、裃に入れて、その釋願いが、七十六歳の願い、元禄二年になって喪明けの、五月五日に、像が絵師により、夫婦像として、備えられたの゛あろうか?この輪宝紋は紀元前浙江省白馬寺の原型であろう。


 

桓武天皇柏原陵の位置について?明治に壊されていた?桓武天皇柏原陵の位置について?明治に壊されていた?桓武天皇柏原陵の位置

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 9月 9日(水)09時29分58秒
編集済
  東福寺と藤原道長の胤関白藤原良実は京都五山
1263年、関白・藤原良実は、和泉国の長滝包富荘を寄進し、覚空、湛照を開山とした。
白河院並びに法勝寺跡, 白河院は、もと藤原良房(よしふさ)の別荘で、北家藤原氏によって代々受け継がれてきた。
東寺の五重塔が見える周囲には京都五山の中心東福寺の大伽藍がみえる。
桓武天皇柏原陵の位置について?明治に壊されていた?

何故壊されたのか? 変わりに明治天皇の墓が上に作られたのは何故?

明治天皇政府は何故、桓武天皇柏原陵を、破戒して、政府は何故、天皇の祖先を、壊して宮内庁管理にしたのか?今に続いていた、宮内庁管理にしているのは?天皇冒涜でしかない。
宮内庁とは何か?日本の皇室を冒涜している。さらに代わりに仕立て上げたのか新皇室となっている。
日本政府は真相を隠ぺいしているのは何故か?日本民主主義さえも、日本の皇統を冒涜しているではないか?

皇室としとているが、明治以降は、ウガヤ王から、後鳥羽天皇以降は、その皇統の血族は、受け継がれてはいなかった? ウガヤ王からの皇統は、御印が受け継がれていたが、それも、頼任親王へと、受け継がれていたのは、皇統の御印が受け継がれていたが、それが何かは、判らなく、なっている。皇統を解明するには?御正体しか、、解明はできないという。邪馬台国で揺れ動く日本の真相は、御正体しか、、解明はできないという。今迄発掘調査が教育委員会文化財課で行われていたが?これらは、いずれも日本の真相には一つも至ってはいない。

この真相を解明できるのは?頼任親王が住まわれていた、備後国の尊滝院が今、皇統とは何も関係ない、宮内庁管理にしている事に、皇統への冒涜が?宮内庁と関係している皇室が、皇統への冒涜の真実であった。
ここ頼任親王が住まわれていた、備後国の尊滝院には、隠蔽をガードされた、現実を、表していた?
http://www.geocities.jp/qbpbd900/kumano.html

結ばれて(相対)いた皇統?
熊野神社本殿は何故ここにあるのか、なのです?それが繋がりの証明なのです。

国重文 五流尊瀧院宝塔
延応元年(1239)2月22日、隠岐の国にて後鳥羽上皇が崩御遊ばれたが仁治元年(1240)一周忌に際し、上皇のご供養をするため覚仁、頼仁両親王が御影塔を建てました。
http://www2a.biglobe.ne.jp/marusan/phkumanojinjya.html




 

児島宮祖、佐久間孫五郎助安

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 8月20日(木)08時38分20秒
編集済
  児島宮祖佐久間孫五郎助安について、
南北朝期から、戦国時代には前近衛中将助安と言う公家出身の人の位牌が鹿島山法寿院にある。 文安三年(1446)佐久間孫五郎助安の系図について

宮家助安ー甚九郎朝次弥平次ー信晴ー甚九郎信盛ー甚九郎正勝不干斎と続いた。 熱田千秋持季とは? ⇒ 満範 持季 勝季 ... 左近衛中将藤原助安」. 文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』

佐久間孫五郎助安は藤原と名乗って、いたのは、祖の関白家良実の子とされていた、東寺長者道乗、の藤原、上乗院道乗後鳥羽院皇子頼仁親王の子にある。

醐醍醐天皇は、自分の子供、天皇にしてから、児島高徳の「太平記」で、宮家の先祖について、越王勾践、迄を書き記して、いる。

児島高徳ー高光─正綱─正光ー甚九郎満盛ー甚九郎朝明助安(近衛中将助安) 文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』 鹿嶋城は、築城者や築城年代については定かでない。

児島宮祖、佐久間孫五郎助安の先祖は、古く、
中国浙江省の開祖、河姆渡遺跡の、夏王朝の、禹王に始まる、是を「夏后」の姓は姒、と呼んでいる。
この禹王の七代が日本の紀元の始まりとなっている越王祖の無予である。。
この姒の末裔が、武夷の城村の越王丑王(日本の開祖のウガヤ)、である。

この夏王朝の、禹王のシンボルが今日の、日の丸である。日の丸は宇宙のシンボルでもある。

児島高徳の「太平記」で、宮家の先祖について、越王勾践を取り上げているのは先祖にあたるとしている、
児島高徳が宮家なのは、後鳥羽上皇だけではなく、遡る越王ウガヤ、その先、越王勾践、越王祖の無予その先、夏王朝の、禹王その先メソポタミアのウル王を祖としている、これが、紫宮のことから、宮家としている。
今の宮家は、血族には無関係で、児島高徳以降が宮家ただ一つとなっている。

児島宮の開祖は後鳥羽上皇の頼任親王で、藤原、佐々木系児島氏とは女系縁戚也、佐久間氏は藤原関白道長を祖として、いる。宇都宮関白宗円、の子宗綱の子盛宗か児島祖と、藤原関白道長系図に載せている。
宗綱の子盛宗の養子となったのが、滋賀の佐々木盛綱が備後児島の所領から、児島を名乗った。
藤原が千葉の和田を領?ことから、佐久間が開祖となった。



 

児島宮祖、左近衛中将藤原助安

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 8月17日(月)22時41分47秒
編集済
  左近衛中将藤原助安は児島高徳の後なり、
助安が藤原と名乗ったのは、頼仁親王の子、東寺長者道乗、東寺地乗院僧正 道乗が二条関白良実の子となったのに、始まる。

二条 【にじょう】. 藤原北家摂関流。明峯寺関白・九条道家の次男良実を祖とする。

道乗. 女子, 徳大寺公孝室

愛知の五所八幡宮は佐久間氏の建立した社と言われ、熱田神宮とのつながりが、あったという。 佐久間信盛の先祖に助安という近衛中将なる人物が、二条家の関白家の中に、見えている。 この人物は、 二条家関白東寺長者道乗の後胤にあたる。
 

宮修理亮藤原満盛は造 宮職の業務を独立させ、令外官として新設された

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 7月10日(金)11時08分13秒
編集済
  宮修理亮藤原満盛は造宮職の業務を独立させ、令外官として新設された
明徳3(1392)年8月28日「相国寺供養参仕人」要旨抜粋(『相国寺供養記』:『国史大系』35「後鏡」所収)
相国寺供養に「帯刀」として参列した。



造宮職とは、宮修理亮

これらは明治の廃物希釈によって取り壊されていた。奈良十津川武蔵にある、佐久間信盛の墓は、祖が、宮修理亮藤原満盛である事すら、忘れ去られている。
造宮職を宮修理亮藤原満盛が、兼任していた事さえ、知る人はいなくなっている。
佐久間信盛の息甚九郎不寛干斎ハビアンですら、楽市楽座を、近江でしたのに、信長が楽市楽座を、したと、しているのは誤りである。
佐久間信盛の遠祖からの領地を召上げて、秀吉に与える事をしたのに、こんな信長が楽市楽座をする事は無い。

熟語でしても、そんな非道は、ないからである。
ここに明治以降も信長の時も、礼儀に欠けるからである。
礼とは行うか、行わないかの間の中庸でなければ、礼儀に欠けるからである。

その時はお世話になっていたのに、関係がなくなると、礼は重んじないようである。

このように今の日本が、関係ななると、民の礼は、無くなるようである。こころが途絶えると、いう事である。礼に終わりがあるのか?

佐久間信盛は、織田家に尽くしたのに、追放された後は、織田家とは、礼は絶たれていた。消えたとなっている。墓は祀られる事もなく閉さんとしているという。

「造宮職」宮修理亮藤原満盛の父は正光といい児島高徳の、てんのうの血を分けている人物の、なれそめであった。宮修理亮藤原満盛頃には、礼は、存在していた事が解る。
宮城の造営・修理を掌る造宮卿(ぞううぐうきょう)を長とする令外官。大宝律令制定時(大宝元年(701年))に設置された造宮職(ぞうぐうしき)

ぞうぐうしき【造宮職】古代、 宮殿などの造営をつかさどった臨時の役所。子の佐久間助安も任官しているこの時は従三位とある。
主に内裏の修理造営を掌る。

宮修理亮藤原満盛の子息も、官職,を受けていたようで、
父は越前守満盛甚九郎満盛で、岡山に生まれた。 天皇家に順ずる職の左近衛中将藤原助安となった。
そして引き継がれた佐久間甚九郎朝次弥平次と名乗る。佐久間甚九郎朝次ー信晴ー信盛ーと続く。

修理大夫; 3.2 修理亮 ... 弘仁9年(818年)嵯峨天皇の代に令制で造営・建築を担当する木工寮の事務 が繁雑であったため、いったん併合した造宮職の業務を独立させ、令外官として新設 された。

新政権と足利尊氏 の間に激しい軋轢が生じると、新政権内でも足利方・朝廷方に分かれ ..... 宮修理亮藤原満盛, 海老名八郎左衛門尉源満秀, 本間甲斐太郎源詮忠, 粟飯原次郎左衛門尉平兼胤が見える。

修理亮の意味・解説

?大夫(従四位下相当)…1人
?亮(従五位下相当)…1人
?大進(従六位上相当)…1人
?少進(従六位下相当)…2人
?大属(正八位下相当)…1人
?少属(従八位上相当)…2人


児島高徳 (*)三宅・小島・今木・備後・三郎・入道志純。備前の豪族。笠置山の挙兵に呼応して、反幕の挙兵。桜山の死後、備中旗頭。<太平記の作者とも推定されている。

伊達政宗の妻は将軍・足利義満の母・紀良子の妹であった。応永20(1413)年
伊達大膳大夫入道政宗(円孝。後代の伊達政宗の8代前)


明徳3(1392)帯刀宮修理亮藤原満盛足利義満時

1410 応永17 (庚寅)足利義持.後鳥羽院御影堂領三木郡氷上郷・香西郡中間郷の下地を雑
         掌に打渡すよう,守護細川満元に命じる(水無瀬宮文書)






 

甚九郎満盛は父方が実系である

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 6月20日(土)19時15分13秒
編集済
  佐久間為明子宗朝は甚九郎満盛は、佐久間宗朝と号す。甚九郎満盛父は児島正光

児島か佐久間か、これは習わしによる。
児島高徳が母方の祖父和田、児島範長と高徳と名乗った、したように、母系の、あらわれと、なっている。

父方が実系である、

甚九郎満盛父は児島正光である。
甚九郎満盛母は、佐久間為明の女である。
児島宮考古学研究室が、発表


朝明は父、佐久間宗朝子、甚九郎盛保?総五郎?とあり、甚九郎盛保は他に佐久間朝明、盛保孫五郎助安民部左近文安頃である。

佐久間朝次は誠栄平右衛門文明頃の人で、父は孫五郎助安である。母は未明
「誠栄 さくま平右衛門 尾州御貴所」
以下に『東浦町誌』からの抜書を記す――
「当院所蔵の『血脉衆』は、乾坤院二世逆翁宗順が戒名を付与した人の戒名を記した帳簿であり、水野氏の法名と実名が記されている最初の資料である。この中には、水野氏とはっきりしているもの以外にも「常貞 常滑(とこなめ)郷」「貞全 今村殿母儀」「誠栄 サクマ平右衛門 尾張 御貴所(ごきそ)」「貞安 大夫女」等があり。
http://blog.goo.ne.jp/heron_goo/e/f01e3b69944c277e7b532d70dbf6c3a1
「乾坤」が壮大な天地をも意味することから、山号を「宇宙山」とした由来があり、当院の本堂前には、天空を指さす石像が置かれている。

「今村殿母儀」「誠栄 サクマ平右衛門 尾張 御貴所(ごきそ)」「佐久間貞安 大夫女」


佐久間信晴父は佐久間朝次也。

佐久間信盛父は佐久間信晴也。室は前田種利女也。

佐久間信栄母は、前田種利女、生年は前田となっている。







明智頼冬頼重子長山頼基孫土岐頼貞曾孫下野

  光冬頼冬子下野太郎

  光英光冬子新太郎



光高頼高子頼秀孫頼重曾孫長山頼基玄孫土岐頼貞耳孫長山光明曾孫?頼兼玄孫?新太郎光英?彦一郎?美濃?

  光重光高子頼久子?彦一郎美濃

  光兼光重子光高子?明地十郎光継?文明頃



  光継頼弘子頼秀孫頼秋曾孫国篤玄孫頼篤耳孫頼重昆孫長山頼基仍孫明智頼尚子?頼典?兵部駿河宗善

  光綱====1552光継子彦太郎玄蕃下野光国光隆遠江

  光秀15281582光綱子進士信周子?岡崎十次郎?十兵衛惟任日向主一院明叟玄智「四天王」坂本亀山城主仕朝倉義景足利義昭織田信長丹波平定本能寺山崎

  光慶15691582光秀子十五郎十兵衛

  定頼====1582光秀子自然丸十二郎



 

児島正光子宮修理亮藤原満盛

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 6月11日(木)16時25分56秒
編集済
  「佐久間孫五郎助安」

児島高徳ー高光─正綱─正光ー甚九郎満盛ー甚九郎朝明助安(近衛中将助安)

佐久間為明子宗朝は甚九郎満盛

佐久間宗朝子朝明は甚九郎盛保?総五郎 孫五郎助安(近衛中将助安)

佐久間朝明子甚九郎朝次は弥平次

佐久間信晴====1542盛通子朝次子 甚九郎九郎左衛門朝信重行?全孝?山崎城主討松平広忠?


佐久間信盛15271581信晴子半羽介?出羽右衛門夢斎定盛宗祐山崎永原刈谷城主天王寺城番

佐久間信栄15561632信盛子甚九郎駿河信勝基栄定栄正勝不干斎 信勝信栄嗣柴田勝重子勝政孫佐久間盛次曾孫

佐久間信実15731620信盛子信栄嗣新十郎兵庫 信由信実子

佐久間正成 児島宮 信栄子助九郎長興(秋月祖)


宮修理亮藤原満盛は造宮職の業務を独立させ、令外官として新設された
亮(従五位下相当)…1人
主に内裏の修理造営を掌る。

『修理職』より : 修理職(しゅりしき)は内裏の修理造営を掌る職 (律令制) 職である。
修理とは『修理職』より : 修理職(しゅりしき)は内裏の修理造営を掌る職 (律令制) 職である。
修理職 [すりしき・しゅりしき] 内裏の修理造営をつかさどる役所。

修理職 [すりしき・しゅりしき]

内裏の修理造営をつかさどる役所。
http://www.komachi-web.com/salon/the_tale_of_genji/glossary/yougo03.html

修理の大夫, しゅりのたいふ, 官職, 内裏の修理・造営を司る役所の長官

宮修理亮藤原満盛の子息も、官職,を受けていたようで、
父は越前守満盛甚九郎満盛で、岡山に生まれた。 天皇家に順ずる職の左近衛中将藤原助安となった。
そして引き継がれた佐久間甚九郎朝次弥平次と名乗る。佐久間甚九郎朝次

児島高徳ー高光─正 綱─正光ー甚九郎満盛ー甚九郎朝明助安

宮修理亮藤原満盛は何故藤原となったのか? 藤原満盛の祖は児島高徳であるが、その四代前が、二条関白家の藤原良美の子とされた、東寺長者道乗の後裔児島高徳ー高光─正 綱─正光ー甚九郎満盛であった。二条関白家は坊門家から、始まっている。

http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/562

明徳三年 1392年 相国寺供養参仕人 帯刀 宮修理亮藤原満盛と海老名八郎左エ門源満秀

139?年は応永元年  紀良子女中 日枝社参詣供奉人

別に児島高徳ー三宅高光─三宅正綱─三宅正光とあり

三宅姓は、宇多天皇の後胤佐々木児島藤原盛宗・盛綱より出づhttp://www.k2.dion.ne.jp/~tokiwa/keifu/keifu-kojima.html
盛綱承久の変で、後鳥羽院の流鏑馬とした、城南宮に馳せ参じている。以降つながりが深い。息子は加地信実で、北条時政の娘が室に入り、頼任親王(児島宮)の室となり、東寺長者道乗が生まれる。

大覚寺統

藤原二条良実ー東寺長者道乗


和田範長家弘嗣家勝孫季房曾孫三宅定心玄孫家長耳孫季家昆孫今木範俊子備後

   ∴三宅
(46)郷守(  -  )
   |
   |
   |三宅
(47)重範(  -  )
   |
   +――――――――+――――――――+――――――――+
   |児嶋      |児嶋      |今木      |児嶋
(48)範守(  -  )  範勝(  -  )  範光(  -  )  範常(  -  )
            |
            |
            |児嶋
           範長(1275-  )
(49)          |養子實加地綱秀男
            |児嶋
           女子(  -  )
            |
(50)          |児嶋
           高徳(  -  )
            |
   +――――――――+――――――――+――――――――+
   |児嶋      |三宅      |三宅      |脇屋義治室
(52)高秀(  -  )  高光(  -  )  高貞(  -  )  女子(  -  )
   |        |
   |        |
   |児嶋      |児嶋
(53)高家(  -  )  正綱(  -  )
   |
   +――――――――+――――――――+
   |児嶋      |宇喜田     |宇喜田久家室
(54)信徳(  -  )  久家(  -  )  女子(  -  )
            |婿養子實藤原三条実家
            |
            |宇喜田和泉守
(55)         能家(  -  )
            |婿養子實藤原三条実家
   +――――――――+――――――――+
   |宇喜田     |宇喜田     |宇喜田
(56)興家(  -  )  義家(  -  )  定安(  -  )
   ↓

三宅氏とは? 三宅氏は日本の氏族のひとつ。系譜^ 得能通俊の子。^ 和田孝房の子。^ 和田太郎。備後守。妻は、佐々木盛綱五世孫・東郷左衛門源胤時の娘。^ 和田備後二郎


児島高徳頼宴子澄意甥道乗孫和田範長嗣備後三郎

高秀高徳子太郎

高家高秀子小五郎

高行



高光高徳子

正綱高光子



後鳥羽上皇後裔説

承久の乱の折、後鳥羽上皇の第四皇子・冷泉宮頼仁親王が備前国児島へと配流となり、その孫の僧・頼宴の子という説
五流尊瀧院内に現存する頼仁親王当時建立とされる石塔を昭和45年(1970年)に修繕・調査した際、舎利が発見された。これを受け、頼仁親王と弟の桜井宮覚仁親王が後鳥羽上皇一周忌の際に分骨を行い、これとともにこの石塔を建立した。


東寺長者道乗の室は、藤原小野、中条の娘が入り、頼宴僧正が生まれた。
頼宴僧正の室は、佐々木流れ、児島、和田、範長の娘が入り、高徳が生まれた。

児島、和田、範長の妻は紀家弘(石清水八幡家)で、石清水八幡宮検校善法寺通清の娘。良子の母である智泉尼聖通が順徳天皇の皇子四辻宮善統親王の孫に当たるともいわれた。

姉妹に後円融天皇生母の紀仲子と、伊達政宗 (大膳大夫)正室の輪王寺殿がいる


石清水八幡宮検校善法寺通清(紀家弘)の娘 が範長の妻。

石清水八幡宮検校善法寺通清の娘。

http://www.iwashimizu.or.jp/about/history.html
紀家弘の姉は藤原兼綱[廣橋]の女となる)

児島高徳ー三宅高光─児島正綱ー





http://

 

千秋氏と児島宮のつにながり、佐久間不干斎ハビアンと千秋家吉田兼倶のひ孫、清原枝範女イトの関係が出てきた

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 5月25日(月)19時32分10秒
編集済
  「千秋氏と児島宮のつにながり」

千秋氏と宮家のつながりは、江戸に至るまで続いていた。

頼宴大僧正の三男高徳は外祖父三宅範長の嗣となりました。

佐々木季定─季家─家長─定心─【和田】季房─家勝─家弘─範長─??高徳(宮家姓児島氏へ) 【児島】高徳─【宮家】

高光─正綱─正光─本草【児島宮家】

祖児島高徳で、宮家代々の「高東院」は皇統

から高東?日いずるから、付けられた名前である。 高東?武夷命トーテムのこと也。

京都府

京都市北区紫野大徳寺不干斎ハビアンはここ「高東院」隠遁、住んでいた。

宮家助安ー甚九郎朝次弥平次ー信晴ー甚九郎信盛ー甚九郎正勝不干斎と続いた。



熱田千秋持季とは?

⇒ 満範 持季 勝季 政範 高季 晴範 (刑部少輔。駿河守。従五位上。左将監。

又、⇒ 満範 持季季国 季通 季平 季光(大宮司。紀伊守。

熱田の大宮司千秋氏

斯波家付き

藤原季範仍孫季兼

雲孫実通裔能通流貞嗣流千秋範康曾孫範成玄孫宇治江範世子兼範孫雅範曾孫 ... 持

季満範子左近駿河刑部常保大宮司永享頃. 勝季持季子左近駿河刑部大宮司長禄頃

千秋高範政範嗣範宗孫範頼曾孫範時玄孫範朝耳孫星野範信昆孫藤原季範仍孫季兼雲孫実通裔能通流貞嗣流千秋範康曾孫範成玄孫宇治江範世子兼範孫雅範曾孫義範玄孫範俊耳孫千秋憲朝昆孫左衛門大宮司康永頃

経季高範子常季?駿河左近刑部大宮司浄善

満範経季子野田重季子?野田貞範子?満季左近駿河刑部野田上野大宮司道珍応永頃

  持季満範子左近駿河刑部常保大宮司永享頃

  勝季持季子左近駿河刑部大宮司長禄頃

  政範勝季子左近駿河

  高季政範子北條長氏弟?左近刑部入道

  晴季高季嗣卜部兼永子晴範左近刑部駿河

  輝季晴季子左近刑部

  惟範政範子範宗孫三郎三河左衛門康永頃

  常季高範弟大宮司代至徳明徳頃

  範安宮内長禄頃

  季藤式部仕朝倉文明頃

  季貞民部嘉吉頃

  浄祐民部入道寛正頃

  政宗民部長享頃

  尚範宮内長享頃

  主水

  左近

  因幡

藤原南家出身で、藤原季兼の子。生母は尾張員職の娘。額田冠者を名乗る。子は範忠、範雅、範信、範綱、範智、長暹、祐範、上西門院女房千秋尼、待賢門院女房大進局、源義朝室(由良御前、頼朝母)、源師経室(隆保母)らがある。


いろいろ調べて見たら、

千秋氏と宮家のつながりは、江戸に至るまで続いていたことが、

ハビアンと千秋家吉田兼倶のひ孫、清原枝範女イトの関係が出てきた。

平安末頃、千秋尼とも、関係していた。1114-1137 熱田神宮大宮司家

千秋尼(上西門院女房)

藤原範忠

生没年:

父:熱田神宮大宮司 藤原季範

1149 縫殿助

1149 正六位上

1149 兵部少丞

1153 従五位上

1155-1161 熱田神宮大宮司

1161 左近将監

1161 内匠頭

1170?-1178 熱田神宮大宮司

1181- 熱田神宮大宮司

妻:美福門院女房上総

忠季

野田清季(野田氏へ)

範高

能季

寛伝

任暁

娘(陸奥守 足利義康室、義父:熱田神宮大宮司 藤原季範)

藤原能季

生没年:

父:熱田神宮大宮司 藤原範忠

相模守

妻:

季氏

宗季

義伝



藤原忠季

生没年:

父:熱田神宮大宮司 藤原範忠

従五位下

妻:

忠兼

範仲

藤原忠兼

生没年:

父:藤原忠季

従五位下

備中守

妻:

忠成

藤原忠成

生没年:

父:藤原忠兼

妻:

忠氏

時光

父:藤原季兼。 母:尾張員職の娘。 女子:待賢門院女房大進局。 三女:由良御前(源義朝室)-頼朝の母。 女子:源師経室。

児島宮家でも、

児島高徳胤助安と熱田神宮大宮司千秋持李家との関係が知られる。

「左近衛中将藤原助安」

文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』「血脈集」文明十一年(1479)条に「誠栄 サクマ平右衛門 尾州御貴所(御器所)」

愛知県名古屋市昭和区御器所4-12-5

(近衛中将助安)

[左近衛中将藤原助安] 通称・民部丞、右馬允。

近衛中将とは、律令官制における職の名前です。

近衛府(このえふ)は令外官のひとつ。765年に授刀衛を改めて設置された。

花押は、熱田の大宮司・千秋持季の、ものだと言われます。千秋家と佐久間家の深い関係は何を表わしているのか?

児島宮家でも、

児島高徳胤助安と熱田神宮大宮司千秋持李家との関係が知られる。

「左近衛中将藤原助安」

文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』「血脈集」文明十一年(1479)条に「誠栄 サクマ平右衛門 尾州御貴所(御器所)」

「ハビアンと千秋家吉田兼倶のひ孫、清原枝範女イトの関係」

吉田家を継いだ吉田兼右、等貴(牧庵)、周清(相国寺恵林院南豊軒主)、和歌古今伝授を受けた細川藤孝(細川幽斎)を生んだ娘(智慶院)など。孫は千秋 輝季室、枝賢(えだかた、業賢の子、娘にマリア)、教重。 吉田神社詞官神道家吉田 兼倶

卜部氏は古代より卜占を司り、神祇官を出す神職の家で、兼好の父も吉田神社の神職であった。

明治4年(1871年)、伊勢神宮以下、すべての神官社家の世襲を廃し、神祇官および地方庁に神職の任免権を与えた。

これにより廃止となって、在日韓国北朝鮮人スパイが、今の神職に入れ替わった。

兼範の子範世は「千秋宇治江五郎」と号し、千秋氏の一族である野田氏の女子を妻としている。(鳥取県史) ......

三つ星、・丸に三つ星>由来は、妙見信仰から図案化(信仰紋) >使用氏は、児島氏

千秋氏

千秋氏は藤原南家季範の子孫・熱田大宮司家の一流

熱田神宮の大宮司家は、当初尾張氏で火明命の後裔と伝え、大和国葛城郡高尾張邑に起こったという。尾張国造として尾張の古豪となり熱田大宮司職を世襲した。のちに員職のとき、外孫南家藤原季範に大宮司職が譲られて藤原姓となった。

季範の娘は源義朝に嫁して頼朝を生んでいる。それ以後、大宮司家は源氏と強く結びつき、次第に武士化していった。

熱田大宮司の始まりは尾張氏であり、12世紀初め、藤原氏に継承され、いつしか千秋氏を名乗るようになった。千秋氏は熱田大宮司でありながら武将としての顔も持ち、 南北朝時代〔1336~1392年〕、千秋親昌と甥の千秋昌能は南朝方となった。

尾張志附図熱田図〔1844年〕・熱田宮境内図〔1777年〕で見ても、八剣社の北に大宮司千秋氏・大宮司屋敷のエリアが描かれている。現在の状況と照らし合わせると、きよめ茶屋・宮きしめん・西側の佐久間灯籠がある。

千秋氏屋敷跡【愛知県名古屋市熱田区神宮1丁目】

http://www.geocities.jp/shiro20051212/Senshu-yashiki.html

南北朝時代には熱田大宮司であった千秋昌 能が築城した羽豆崎城があったが、跡地は羽豆神社となり、城址碑が建てられている。

「太平記」に依れば熱田神官の大宮司千秋昌能の持ち城と記され、南朝方の拠点として守 る。


愛知県名古屋市尾州御貴所(御器所)と佐久間、佐々木、佐々家は、熱田神宮と鎌倉より、縁故となっていた。児島宮家でも、

児島高徳胤助安と熱田神宮大宮司千秋持李家との関係が知られる。

「左近衛中将藤原助安」

文安三年(1446)佐久間孫五郎助安は、民部丞の官途吹挙状を得ている。『龍興寺文書』「血脈集」文明十一年(1479)条に「誠栄 サクマ平右衛門 尾州御貴所(御器所)」

熱田神宮の大宮司を世襲した由緒正しい家柄。 ... 熱田大宮司の尾張員職(かずもと)の娘と、尾張国の目代・藤原季兼(藤原南家)との間に生まれた藤原季範(すえのり)が熱田神宮大宮司職を継いだ。

愛知県名古屋市昭和区御器所4-12-5
(近衛中将助安)
[左近衛中将藤原助安] 通称・民部丞、右馬允。

近衛中将とは、律令官制における職の名前です。
近衛府(このえふ)は令外官のひとつ。765年に授刀衛を改めて設置された。
花押は、熱田の大宮司・千秋持季のものだと言われます。千秋家と佐久間家の深い関係は何を表わしているのか?

熱田大宮司千秋家譜について
千秋家は三河国設楽郡千秋を本貫地とする
藤原氏 尾張氏の婿となり大宮司職を継承。初代は三河四郎大夫季範(源頼朝の外祖父)。
小野氏 武蔵国多摩郡(東京都)出身、横山党。平氏追討戦で活躍。尾張国守護として3代任じられる。
中条氏 武蔵国北埼玉郡中条発祥の横山党小野氏族。小野氏に代り尾張守護に任じられる。頼平(神奈川県)ら剣の中条流で知られる一族。基本的に鎌倉在住。
名越氏 北条氏族(神奈川県)。鎌倉末期の守護。
中条氏 再び 頼任親王『児島宮)の息が、東寺長者道乗で室が中条女で、頼宴僧正が生まれた。
小野氏は季範(すえのり)同人物で、息の成季が夜須に赴いている、柏木と地名がある。秋月祖とも。



 

名古屋市昭和 御器所西城 

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 5月14日(木)09時53分49秒
編集済
  尾暘神社 御器所西城 佐久間信盛ゆかりのお城



佐久間信盛


時代
戦国時代 - 安土桃山時代

生誕
大永8年/享禄元年(1528年)?

死没
天正10年1月16日(1582年2月18日)[1]

改名
牛助(幼名)、信盛、夢斎定盛(号)

別名
通称:右衛門尉、半羽介、半介[2]
渾名:退き佐久間

戒名
洞無桂巌、宗祐(法名)

墓所
京都府紫野大徳寺高東院
奈良県十津川村武蔵

主君
織田信秀→信長

氏族
児島高徳胤 女系の二条家 佐々木、佐久間氏

父母
父:佐久間信晴

兄弟
信盛、信辰、僧明嶽


前田種利の娘


信栄、某(兵衛介)、信実、安見右近大夫妻、福島正頼室、佐々清蔵室  狩野孝信室

佐久間 信盛(さくま のぶもり)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての武将。織田氏の家臣。佐久間氏の当主。通称は出羽介、右衛門尉。子に信栄・信実。従兄弟に佐久間盛次(佐久間盛政・佐久間安政・柴田勝政・佐久間勝之の父)がいる。

徳川家光の代に編纂された『寛永諸家系図伝』『寛永諸家系図伝』では、記録を提出した家によって兄弟姉妹の配列順が不統一であるが、『寛政重修諸家譜』においては兄弟姉妹を長幼の順に並べ直す方針がとられた。しかし、『寛永諸家系図伝』の編纂時から歳月を経ていることもあり、完全には修正されていない。http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AF%9B%E6%94%BF%E9%87%8D%E4%BF%AE%E8%AB%B8%E5%AE%B6%E8%AD%9C
『寛政重修諸家譜』(かんせいちょうしゅうしょかふ)

近衛家は藤原家の流れであり五摂家の筆頭でもあり、当時天皇の前で唯一、足を組むことを許されたと言われています。
近衛家・九条家・二条家・一条家・鷹司家の5家があり、645年の大化の改新以来今日に至るまで天皇を支え続けてきている

鷹司家には佐久間信盛の娘が、とつぎました、それは日本の柱の代行に、すえる為で、佐久間信盛は祖の鎌倉時代後鳥羽上皇に近衛家は、天皇を補佐する位置司職に置かれていました。

このような、流れから、
近衛司職に、後鳥羽上皇胤児島高徳、の胤は宮家といわれるようになりました。
宮家とは、「神まつりをする家」のこと
を云います。神殿をたてるには宮家しか、出来ないとされていた。
天皇は、
児島高徳が醐醍醐天皇の、次にするように亀山上皇から、基天皇座に、戻す事を命じられていましたが、
醐醍醐天皇は自分の子を、天皇にしました。
ここに、宮家、「神まつりをする家」は、宮家しか「古代夏后」の決まりがあり、
夏后しか、「神まつりをする家」は他には、ありませんでした。

醐醍醐天皇は権力でもって、
政治を行なったので、内乱が起りました。それは政治に何か柱、「神まつりをする家」が、別に、なっていたからでした。
真ん中が注彗、になっていなかったという事です。
宇宙の法も注彗で、廻っていることを人間達は知りません、
それは、神まつりをする天王しか、出来ないし、他の者では、必ず唯一(停止)となるからです。
これが天王の胤しか、判らないのです。

こうして、古代より、封建制度母系制度が、「天王の基本」となっていました。
「天王の基本」は三角の中心のことです。
http://nihonnolakisi.1616bbs.com/bbs/nihonnolakisi_tree_p_14.html
足利義教と嘉吉の乱
(嘉吉の乱)。足利義教の首は赤松氏の分国である播磨へ持ち去られ、死骸は等持院へ運ばれました。その後、首は相国寺の季瓊真蘂(きけいしんずい)により京都へもどされています。

兵庫県加東郡東条町にある安国寺にも、足利義教の首塚と伝えられる宝篋印塔があります。赤松満祐により安国寺でも盛大な葬儀が行われています。

「天変地異が起きる」
△形が、置き換わると、狂いが生じます。
嘉吉の乱が起りました。
この時、
児島高徳胤は、近衛司職に、
任官していました。
近衛中将助安といい、嘉吉の乱「世の中が狂った時、に、起るのは?天の定めのとおりでした。

これは天の定め道理に、行なわれていなかったという事である。
三角のバランスが、壊れたから起こります。
今地球上も2012年には、起るとマヤが伝えているとおりです。

塔頭=首座

御器所西城(ごきそにしじょう)は現在、神社がある付近に在った平山城である。
現在の社地は嘉吉年間(1441年-1443年)に佐久間美作守(佐久間家勝とも言われる[1])が築いた御器所西城の跡地と伝わる。 なお、創建当時は空堀と土塁の一部が残っていたという。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%BE%E9%99%BD%E7%A5%9E%E7%A4%BE
嘉吉年間(1441~1444)、佐久間氏中興の祖と言われる佐久間美作守家勝によって築かれた。
以降佐久間氏代々の居城となった。佐久間氏は織田家の重臣として信盛を輩出するが、本家筋である御器所佐久間氏は、盛政の頃柴田勝家に従って転戦し加賀尾山城主となるが、賤ヶ岳の合戦で敗れ斬首された。
現  況  尾陽神社周辺地が城址
http://www1.s2.starcat.ne.jp/robby/gokiso_f.htm
現在は尾陽神社となっている。御器所は佐久間氏の在所でもあり、この神社でも佐久間信盛・江戸開幕後に寄進を行った徳川家康が祭神となっている。

八所明神御器所八幡宮 御器所西城は当社から見て北西方向にあり、土塁と空堀の一部のみその跡をを偲ぶ事が出来たと伝えられます。

海部郡蟹江町蟹江本町 信長死後、佐久間氏が城を守っていたが、小牧・長久手の合戦時には滝川一益らの説得により前田与十郎が佐久間氏を追放、織田・徳川側から秀吉側に鞍替えする。
そのまま城には滝川一益・九鬼嘉隆が入ったが、徳川家康の攻撃を受け一益は降伏、城は明け渡され廃城となった。蟹江城


熱田神宮と深い関係のある「御器所」。

 

兵衛府の官人を 「柏木」 と表現

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 4月20日(月)08時27分47秒
編集済
  「柏木」とは 「今様柏木」と同一
皇宮守衛の任に当たる兵衛・衛門の官の異名。 〔柏の木には葉守(はも)りの神が宿るという言い伝えによる〕


王朝和歌における衛門府、衛門督の雅称。
何故「柏木」と夜須の中に地名が付いたのか?
盗作が早い、かしわぎ?、源氏物語侵害が説明できていないのに、なぜ、でている?
記録が、残れていないのに、「柏木」源氏物語とするのは、理由が、解説されていない。

「柏木」とは文字で、何かを伝える事である。
かしわぎの見本は、源氏物語の事ではありません。
「柏木」とは何かを知らせる事である。
地名の「柏木」はここにある。


 

夜須郷柏木の小野成季と柏木職名は地名の「柏木」遺跡とは本名ではなく、官位・巻名から付けられた通称である

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 3月18日(水)13時55分10秒
編集済
  地名柏木職名の小野成季が見える。

1)侍従の君  末摘花の乳母子。忠実に仕えたが、のち末摘花の叔母の夫である太宰大弐の甥と結婚して九州へ下った(末摘花・蓬生)。
(5)侍従の君  小野の妹尼君の女房。

ところで、女房名は父兄や夫や家の官職によって付けられることが一般です。


「侍従」という女房の役割は何か

奏言官衙遺跡(三牟田在)に在任していた、藤原実範(さねのり)の子。成季は、筑前の国
応徳3年(1086)文章(もんじょう)博士となり,筑前(ちくぜん)(福岡県)の国守などを歴任。
平安時代中期-後期の官吏,漢詩人。
地名の「柏木」遺跡とは本名ではなく、官位・巻名から付けられた通称である。

衛門の督の君〔:柏木〕
柏木の巻は、源氏の君、四十八歳の正月から。物語は「若菜下」の続きです。

「今様柏木」と同一.   忠臣身替物語

兵衛府の官人を 「柏木」 と表現した。

長は衛門督 (後に左衛門督・右衛門督)である。「柏木」は王朝和歌における衛門府、
衛門督の雅称である。

歴史の証人は?


小野成季と柏木職名 衛門督の雅称である。すごい夜須は「柏木」と証言していた。
久留米も小野成季が居たことが、判った。かみむすぶとは、証言乃ことなり。

衛門督. よみ:えもんのかみ時代:平安時代以降 内容:左右各一人。職掌は、諸門の
禁衛、出入りを管し、礼儀をただし、時間を定めて所部を巡検する役である。相当は従四
位下であるが、中納言・参議で兼帯したものが多い。

筑前町は露骨にも、遺跡を破壊している。歴史の証言が、消されているのは間違いない。
山隈窯も、放置しているのは、歴史の証言を、消されているのは間違いない。
イラクのイスラムによる破壊と同じ。

米国もイスラムによる破壊と同じであった、沖縄防衛ではなく自然破壊でしかなかった。

橋下の大阪都構想に、市民の投票で決めるのは、歴史の破壊そのものである。

安部自民、公明構想は、歴史の破壊そのものである。政治が歴史の破壊そのものであった。









 

平安時代の夜須郷柏木

 投稿者:児島宮歴史研究室  投稿日:2015年 3月18日(水)12時39分30秒
編集済
  夜須郷柏木の小野成季とはどんな人物なのか?

小野成季は初代の秋月祖とあり、大蔵氏とは、別系か。

藤原成季(ふじわらの なりすえ)とも平安時代中期-後期の官吏,漢詩人。

藤原実範(さねのり)の子。応徳3年(1086)文章(もんじょう)博士となり,筑前(ちくぜん)(福岡県)の国守などを歴任。「中右記部類紙背漢詩集」「朝野群載」などに詩や文章がある。嘉承(かじょう)2年80歳ぐらいで出家した。https://kotobank.jp/word/%E8%97%A4%E5%8E%9F%E6%88%90%E5%AD%A3-1106336

藤原 実範(ふじわら の さねのり、生没年不詳)は、平安時代中期の廷臣・漢詩人。藤原南家貞嗣流、左兵衛佐・藤原能通の長男。官位は従四位上・文章博士。

文章博士・藤原義忠に師事し、治安3年(1023年)に文章得業生となって世に出る。生涯をかけて紀伝道をよく修め、当代随一の権威として知られることとなった。蔵人・文章博士・大学頭などを務めたが、康平5年(1062年)に病のため致仕。
父:藤原能通
母:藤原元尹の娘
妻:小野資通の娘 男子:藤原成季
男子:藤原季重
男子:藤原季兼(1044-1101)

藤原季兼(1044-1101)は鹿児島の元祖にあたる人で、源為朝の名も、残っていた。
藤原季兼(1)(ふじわらの すえかね)とは
藤原敦兼(あつかね)の次男。母は藤原顕季(あきすえ)の娘。正四位下,備後守(びんごのかみ)。家芸の管弦,とくに篳篥(ひちりき)にすぐれていた。源資賢(すけかた)とともに,後白河天皇の初期の今様(いまよう)の師。長寛2年5月3日死去。

藤原季兼生没年:1044-1101父:文章博士 藤原実範初名:季風称:三河四郎大夫妻:松御前 尾張職子(父:熱田神宮大宮司 尾張員職)1090-1155 季範憲実


父:熱田神宮大宮司 藤原季範1137-1155 熱田神宮大宮司1161-1170? 熱田神宮大宮司

藤原姓熱田大?司家の成立と平治の乱寛徳二年(一〇四五)から応徳年間二〇八四~七)に大?司職にあったという尾張員職は、その一女を藤原季兼としのり 110 の妻とし、二人の間に生まれた季範は、のちに大?司職を継いだ。

由良御前の父、祖父について質問です。源頼朝の母由良御前は この藤原季範をwikipediaで検索すると、尾張目代として下って来て熱田神宮大宮司の尾張員職の婿となった藤原季兼の子、とあります。つまり、藤原季兼
源頼朝の母由良御前は藤原季範の娘です。


ここで、小野資通の娘を妻とし、子に男子あり:藤原成季が母の小野になったようである。
夜須では一番の大物となっていた。

ここで児島宮との関係の深い熱田神宮大宮司の事を、歴史の証人として、取り上げた。






 

平安時代の役所の跡. 筑後国府「前身官衙」藤原小野成季、平安末の様子が見えた

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 2月19日(木)11時49分16秒
編集済
  地名の「柏木」遺跡とは本名ではなく、官位・巻名から付けられた通称である。
柏木の用語解説 - 1 カシワの木。2 《カシワの木に葉守の神が宿るという伝承から》皇居警備の任に当たる兵衛(ひょうえ)または衛門(えもん)の異称。「―の木高きわたりより」〈かげろふ・上〉源氏物語第36巻の巻名。また、主要登場人物の名。
柏木とは、日本の苗字、地名である。 苗字としては関東地方、関西地方に多く分布している。
② 皇宮守衛の任に当たる兵衛・衛門の官の異名。 〔柏の木には葉守(はも)りの神が宿るという言い伝えによる〕

皇居守衛の任にあたる兵衛および衛門の異称。

王朝における衛門府、衛門督の雅称。

久留米相川の筑後官営に見える、任官は、飛鳥時代から平安時代の役所の跡. 筑後国府「前身官衙」

筑後国府跡(ちくごここくふあと)(国指定史跡)http://www.city.kurume.fukuoka.jp/1060manabi/2050bunkazai/3020maibuncenter/2014-0611-1047-551.html
場所:久留米市合川町、朝妻町、御井町一帯
筑後国は、現在の福岡県南部であり、小郡市、大刀洗町、久留米市、うきは市、大木町、大川市、柳川市、大牟田市、八女市、筑後市、みやま市、広川町にあたります。

一〇七三 延久  五   この頃、国府御井町朝妻の北に移る 一〇一六 藤原道長、摂政になる

国府は御井郡(三井郡)に存在した。
III期国庁10世紀前半に朝妻遺跡へ移転。大宰府政庁(Ⅲ期)よりさらに大規模な平面プランをもっていた。IV期国庁11世紀後半に横道遺跡へ移転された。以降、文献上には12世紀後半まで記述が残る。

? - ? 平範季
1000年? - ? - 藤原広業(※筑後権守)
1017年? - 1019年? - 高階成章(※筑後権守)
1159年前後 - ? - 平家貞 父は平範季。
1160年? - ? - 平貞能 父は平家貞。
? - 1180年前後? - 波多野遠義(※筑後権守)
1180年前後? - ? - 橘遠茂(※筑後権守) - 平家家人
1186年 - ? - 藤原俊兼(※筑後権守)

国府は御井郡(三井郡)に存在した。国府の位置は、江戸時代に久留米藩の学者である矢野一貞によって、三井郡合川村に推定された。
筑後国 人物 国司筑後守

橘以政
生年:生没年不詳
平安末期・鎌倉初期の官人。筑後守橘以長の子。後白河天皇の六位の蔵人を経て,肥前,筑前,摂津などの国司を歴任。正四位下に至る。父より橘氏の氏長者を受け継ぐ。九条,近衛などの摂関家の家司。建仁2(1202)年ごろまで生存が確認できる。


1047年(永承2)太宰府天満宮安楽寺金堂に下妻庄53町が庄園とする
寄進される

八田知家は、源頼朝の異母弟で、当時、筑前守(のち筑後守も勤める)を勤めており、その役職名から「筑前」と呼ばれたと論証。

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけては筑前守および筑後守を同様に扱われた。

近衛天皇崩御、深夜、後継者を決める王者議定(7月23日)、後白河天皇践祚(7月24日)。

『拾芥抄』「西京図」には、春日小路以南の恵止利小路を挟んだ西側に「前肥前守成季領」が、. 東側に「月輪 ... 前者は応徳三年(1086)文章博士となり筑前(のち筑後守も勤める)などの. 国司を歴任し漢詩人としても活躍した藤原小野成季のことであり、嘉承二年(1107)に出家している。

国司遺跡出土の、浙江省土器は、小野成季が、筑前、筑後守も勤める)などの. 国司を歴任の痕跡である。

大宰府が設けられ、筑後の国では国司小野成季のいる国府は御井にあった。氏姓小野成季、から ... 高田町の竹飯からも青磁の 油壺や破片、中国の浙江省竜泉県竜泉窯(りゅうせんかま)の品も発掘されている。

小野成尋(じょうじん、寛弘8年(1011年)小野成季
http://9009.teacup.com/cojimagu/bbs/?


児島宮に許可なく、転載禁止
 

平安時代の夜須郷柏木では、法橋成尋次男成李、筑前筑後任官時、浙江省磁器が出土、平安末の様子が見えた

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 2月19日(木)10時22分40秒
編集済
  小野姓中条氏の系で、鎌倉御家人中条義勝(法橋成尋)の次男成季である。
『鬼柳文書』

成季(義季・入道西念)は和田義盛の養子となって桓武平姓に改姓、行賞によって陸奧刈田郡を与えられて、刈田三郎左衛門尉を名乗り、その子義行も当初は刈田三郎左衛門尉と名乗った(『吾妻鏡』貞永3年正月1日条)が、承久年間(1219~22年)に和賀郡に下って、郡半分の地頭として義行以降は和賀氏と称し(『鬼柳文書』所収系図)てその宗家となり、黒岩(北上市)の岩崎を本拠とし、また、同じころ、義行の弟義春も宗家と重複しない和賀郡を与えられ、初め更木の梅ヶ沢に拠り、後に二子城に移ったものと考えられている。

南北朝期において、暦応3年(1340年)には、有力な一族鬼柳氏らとともに北朝方に転じ、南朝方に属した同族の須々孫氏らを攻めており、和賀氏も南朝・北朝側に一族相別れて戦ったが、応永8年(1401年)に、関東管領から和賀下総入道時義に和賀一族の惣領権と和賀郡一円の支配権を認める辞令を得た。和賀惣領家の本拠は二子城に置かれ、天正年間まで地方大名としての体制を維持し続けた。

石橋合戦のとき源頼朝に従った46人の中に中候成尋が. いる。
成尋阿闍梨母集. F 日記(中世)神皇正統記

奏言郡大領、(夜須)前田郷、時代は宋(平安鎌倉時代)居舘、成季は秋月の祖也。

朝倉夜須といえば、三牟田の前田遺蹟から、太宰府筑紫の線があった。太宰府安楽寺は、七条院の領地で、安楽寺内には五重塔が建てられたとある。承久の後、七条院の領地太宰府安楽寺は、修明門院へ譲られた。

夜須郷柏木の由来は、
【名字】柏木

【読み】かしわぎ,かしき,かしのき,かしはぎ,かしわき,わかご,かつわぎ,かやき

現滋賀県である近江国甲賀郡柏木荘が起源(ルーツ)である、清和天皇の子孫で源姓を賜った氏(清和源氏)山本氏流がある。ほか桓武天皇の子孫で平の姓を賜った家系である平氏(桓武平氏)、中臣鎌足が天智天皇より賜ったことに始まる氏(藤原氏)秀郷流などにもみられる。

「やすらい花や」と願うように歌うのは、「花よやすらえ(散らないでくれ)」という祈願です。「富草」とは稲のこと。「ナマヘ」は、「祈まえ」という意味です。
また、苗の事が出てくるので、田植えをする時の歌でもあったのでしょう。

今回の「柏木(一)」から「御法」段までの八段は、詞書も含めて同一の制作者たちによる本来連続した一巻分と考えられています。
この場面は、薫を出産した[ア]女三宮が衰弱していることを聞いた[イ]父朱雀院が、にわかに見舞いに訪れて、[ウ]光源氏が応対しているところ。
柏木に密通されて不義の子となる薫を産んだことは光源氏の知るところです。しかし、朱雀院はその事情を知りません。また、光源氏の女三宮への愛情が薄いことを恨めしく思っていますが、そのことを口に出すことはできません。光源氏自身は女三宮への愛情が薄いことで朱雀院に対して申し訳なさを感じていますが、やはり口に出せることではありません。そして、女三宮はすでに出家を望むまでになっています。場面は、そのことを朱雀院に願うところになります。ここには、三者三様の思いがありつつ、病の女三宮が出家を願うということに涙する様子が描かれているのです。http://dictionary.sanseido-publ.co.jp/wp/2014/05/17/%E7%B5%B5%E5%B7%BB%E3%81%A7%E8%A6%8B%E3%82%8B-%E3%80%8E%E6%BA%90%E6%B0%8F%E7%89%A9%E8%AA%9E%E3%80%8F%E3%80%8C%E6%9F%8F%E6%9C%A81%E3%80%8D%E6%AE%B5%E3%80%8C%E6%9C%B1%E9%9B%80%E9%99%A2%E3%81%AE%E8%A6%8B/

2014/03/15 - 奏言官衙遺跡(三牟田在)に在任していた、藤原実範(さねのり)の子。成季は、筑前の国 応徳3年(1086)文章(もんじょう)博士となり,筑前(ちくぜん)(福岡県)の国守などを歴任。平安時代中期-後期の官吏,漢詩人。
http://6729.teacup.com/siyujin/bbs/393

地名の「柏木」遺跡とは本名ではなく、官位・巻名から付けられた通称である>
奏言官衙遺跡(三牟田在)に在任していた、藤原実範(さねのり)の子。成季は、筑前の国 応徳3年(1086)文章(もんじょう)博士となり,筑前(ちくぜん)(福岡県)の国守などを歴任。平安時代中期-後期の官吏,漢詩人。


藤原 実範(ふじわら の さねのり、生没年不詳)は、平安時代中期の廷臣・漢詩人。藤原南家貞嗣流、左兵衛佐・藤原能通の長男。官位は従四位上・文章博士。

?父:藤原能通
?母:藤原元尹の娘
?妻:小野資通の娘 ?男子:藤原成季筑前秋月祖。三並祠に子孫の位牌有
?男子:藤原季重
?男子:藤原季兼(1044-1101)薩摩地頭、基兼也。

?妻:高階業敏の娘 ?男子:藤原季綱(?-?)

子の成季、季綱らも父と同様に文章道によって名をなし、その子孫からも文章博士を輩出したため、実範は後世、南家の家学の祖として一門の尊崇を受けることとなった。また三男の季兼の子孫は熱田神宮の大宮司職を世襲する家柄となった。


横山資孝(資隆)  小野義孝の子。
           1004年、朝廷より小野牧の別当に任ぜられる。

横山経兼     資孝(資隆)の子。 朝廷より従五位下に任ぜられる。
           前9年の役に参戦し、安倍定任(さだとう)の首をとる軍功を上げる。

横山隆兼     経兼の子。 朝廷より従五位下に任ぜられる。

横山時重     隆兼の子。 朝廷より従五位下に任ぜられる。

横山時広     時重の子。 朝廷より従五位下に任ぜられる。
           淡路国守護。  丹波国守護。

横山時兼     時広の子。 朝廷より従五位下に任ぜられる。
           淡路国守護。
           頼朝に御護刀を献上した有力御家人七名に名を連ねる。(吾妻鏡)
           和田合戦で敗れ、横山一族は衰退した。

成田成任  小野資隆の子。
          埼玉県北埼玉郡成田を領した為成田と名乗る。地名平山在、子孫夜須朝日村在

成田成綱  小野成任の子。 成尋とは兄弟。 吾妻鏡に記述あり。
          1156年、保元の乱で義朝に従い軍功を上げる。
          義朝の子頼朝により尾張の守護に任ぜられる。
          1193年頼朝と北条政子との間に男児(のちの3代将軍実朝)が
          誕生した際には、小野成綱が御護刀を献上した。
          1194年頼朝の上洛に従う。

成田義成  小野成綱の子(兄)。 山城国守。 後に後鳥羽上皇に使える。
成田盛綱  小野成綱の子(弟)。 尾張守護。 後に後鳥羽上皇に使える。佐々木姓盛綱の事也。

成田成尋  小野成任の子。 成綱の弟。

中条家長  小野成尋の子。 尾張国守護大名となる。
           評定衆の一人となり「御成敗式目」の制定にかかわる。
           埼玉県北埼玉郡中条(ちゅうじょう)を領した為中条と名乗る。
           南北朝時代のはじめまで小野(中条)氏が長らく守護職を世襲した。
      中条家長の娘。児島宮頼任親王の子、藤原関白家の東寺長者道乗室となる。頼任僧正の母

大串重親  小野経兼の曾孫。 名門畠山重忠は重親の烏帽子親。
         重親は畠山重忠と共に「平家物語」「吾妻鏡」にも記述される
         有名な武将。
         頼朝の奥州藤原氏討伐の際には、藤原国衡の首をとる武功を上げる。

横山季兼  小野義孝の曾孫。 村上天皇の皇子・為平親王の子から数えて
        四代目の源有兼(1113年相模国守)の養子となる。
        横山季兼も相模守となる。 季兼は「吾妻鏡」「曾我物語」にも
        記述される有名な武将。

成尋上人が福建省の武夷にいって、越州窯から、夜須の奏言官衙に在していた、成季に、磁器を送り届けていた。

地名の「柏木」遺跡とは本名ではなく、官位・巻名から付けられた通称である。
柏木の用語解説 - 1 カシワの木。2 《カシワの木に葉守の神が宿るという伝承から》皇居警備の任に当たる兵衛(ひょうえ)または衛門(えもん)の異称。「―の木高きわたりより」〈かげろふ・上〉源氏物語第36巻の巻名。また、主要登場人物の名。
柏木とは、日本の苗字、地名である。 苗字としては関東地方、関西地方に多く分布している。
② 皇宮守衛の任に当たる兵衛・衛門の官の異名。 〔柏の木には葉守(はも)りの神が宿るという言い伝えによる〕

皇居守衛の任にあたる兵衛および衛門の異称。

王朝における衛門府、衛門督の雅称。


成尋(じょうじん、寛弘8年(1011年)- 永保元年10月6日(1081年11月9日))は、平安時代中期の天台宗の僧。父は陸奥守藤原実方の子貞叙。母は女流歌人で「成尋阿闍梨母集」を残した源俊賢の娘(成尋阿闍梨母)。善慧大師とも称される。

7歳で出家した。はじめ京都岩倉大雲寺の文慶(もんけい)に師事し、その後悟円・行円・明尊から台密(天台宗における密教)の法を受けた。長久2年(1041年)大雲寺別当に就任。延暦寺総持院阿闍梨となり、藤原頼通の護持僧となった。1072年(延久4年)北宋へ渡り、天台山や五台山など智者大師の聖跡・諸寺を巡礼。神宗に謁見し、祈雨法を修して善慧大師の号を賜った。また、円仁や奝然の旅行記と恵心僧都源信の『往生要集』を宋にもたらし、一方で経典など600巻余りを日本へ送った。自らも帰国しようとしたが、神宗に慰留され宋朝に残り、汴京開宝寺で没した。旅行記に『参天台五台山記』8巻がある。

成尋は、寛弘8年(1011)、藤原佐里の子として生まれ、天喜元年(1053)、延暦寺総持寺阿闍梨となりました。

じょうじんあじゃりははのしゅう. 成立と内容. 平安時代後期の成立。二巻からなる。

1072年入宋、神宗(しんそう)から善慧大師の号を受け、訳経場の監事を務めた。経典五百余巻を日本に送る。中国の開宝寺に没す。

横山義孝の孫成任は北埼玉郡成田を領有して成田大夫を称し、嫡男の成田太郎成綱は保元元年(1156)の保元の乱に際しては源義朝に従って大炊 ... 家長は父成尋が僧であったことから八田知家の猶子となり、本姓藤原氏を称して中条藤次家長を名乗った。


義勝坊成尋 Gisyoubou Syoukan. 生年:? 没年:? 父:小野成任; 母: 平安時代末期~鎌倉時代初期の僧。
大雲寺(だいうんじ)は京都市左京区岩倉上蔵町305に位置(外部リンク)する天台宗系単立寺院です。真覚(?~978)により天禄2年(971)に建立されました。広大な敷地に多くの子院が建立され、とくに観音院は皇太后昌子内親王(950~1000)の御願寺となりました。中世には実相院の末寺となりました。


 

宮修理亮藤原満盛(1392)子息 佐久間孫五郎助安

 投稿者:児島宮考古学研究室  投稿日:2015年 2月17日(火)09時54分55秒
編集済
  宮修理亮は官職の名である。
官職和名→唐名対照表(官別) リンク

修理職(しゅりしき、すりしき)は平安時代に設置された令外官。 修理大夫  修理亮
修理職(しゅりしき、すりしき)は平安時代に設置された令外官。和名は「をさめ(おさめ)つくるつかさ」。
大夫(従四位下相当)…1人
亮(従五位下相当)…1人
大進(従六位上相当)…1人
少進(従六位下相当)…2人
大属(正八位下相当)…1人
少属(従八位上相当)…2人


諸国の貢物を大蔵に集め、天皇の宝物や装束だけを内蔵に分け入れた。
朝廷内の経済の中枢を担う官職として重視された。修理亮, しゅりのすけ。
従五位下,
修理職の次官。令外官の1つ。宮内の諸施設の造営や修理を司った。

官位・官職の解説

四職と称するは左京職、右京職、大膳職、修理職。
「みやのすけ」は「宮亮」で太皇太后宮亮、次官である。
近衛中将助安 の時に宮氏ともされていて、諸国の神社を監督していたそうです。 累代この家は大徳寺高東院が、菩提寺で、宮修理亮藤原満盛(1392)・近衛中将助安事甚 九郎助安 文安三年(1446)佐久間孫五郎助安と見ゆる。

修理亮藤原満盛が、藤原と、なったのは、満盛先代、後鳥羽上皇の男頼任親王の息、が、二条関白良実の息、東寺長者道乗、の藤原家と後鳥羽上皇の母君、とのつながり、があった。
後鳥羽上皇ー頼任親王ー東寺長者藤原道乗ー頼宴僧正、后は範長女、範長の室は、紀家弘(石清水八幡家)の女なり。妹、紀良子(大方殿)

東寺長者(藤原道乗母君、、佐々木児島盛綱息、加地信実娘) 藤原宗兼ー藤原盛宗ー児島盛綱ー信実(道乗、母加地信実娘、)東寺長者道乗


頼宴僧正ー児島高徳ー正光、母君は中条女ー皇孫は頼任親王ー(母加地信実娘)東寺長者道乗ー(母中条)頼宴ー(母和田範長娘)児島高徳頼宴子ー高光─正綱─正光ーー甚九郎満盛ー甚九郎助安ー甚九郎朝次ー甚九郎信晴ー甚九郎信盛ー甚九郎信栄ー甚九郎正成ー甚九郎児島宮へ続く。

紀家弘次女は通清─女紀良子は善法寺通清の娘良子が足利義詮に嫁ぎ、三代将軍義満を生んだことから室町将軍家と深い関係にありました。
この事から、佐久間との関係が伺えるのが?最後の将軍足利義昭が織田信長から追放されて、長州毛利に、流された案内を、甚九郎信栄(正勝ハビアン)がしたと、記録しています。



父親
高倉天皇 高倉天皇像(宮内庁蔵『天子摂関御影』より)

母親
坊門殖子(七条院)
による。

父親
後白河天皇 後白河法皇像(宮内庁蔵『天子摂関御影』より)

母親
平滋子

藤原 殖子(ふじわら の しょくし(たねこ)、保元2年(1157年) - 安貞2年9月16日(1228年10月15日))は、高倉天皇の妃。坊門 殖子とも。後高倉院(守貞親王)と後鳥羽天皇の母。父は従三位藤原(坊門)信隆。母は藤原休子(大蔵卿藤原(持明院)通基の女)。内大臣坊門信清は同母弟。院号は七条院(しちじょういん)。

『増鏡』には、はじめ兵衛督君といって中宮平徳子に仕えたとある。高倉天皇に召され、典侍に任じられ、第二皇子守貞親王、第四皇子尊成親王(後鳥羽天皇)を産む。守貞親王が平家の都落ちと共に西国に連行されたことから、後鳥羽天皇が即位する。建久元年(1190年)従三位・准三后、その後立后を経ず女院となり、七条院と呼ばれる。元久2年(1205年)出家。後鳥羽天皇より水無瀬殿など多くの七条院領を譲られた。承久の乱で後鳥羽院と4人の孫(土御門院、順徳院、雅成親王、頼仁親王)が配流となった後も、後堀河天皇(守貞親王の皇子)の祖母として京都に留まる。晩年は後高倉院に先立たれ、また後鳥羽院との再会も叶わぬまま、安貞2年(1228年)72歳で崩御。その所領(七条院領)の大半は修明門院に譲られた。



宮修理亮藤原満盛

「相国寺供養記」に、明徳3年(1392}8月28日「相国寺供養参仕人」要旨抜粋(『相国寺供養記』:『国史大系』35「後鏡」所収)
http://members.jcom.home.ne.jp/2131535101/aihara2.htm
帯刀 修理亮藤原満盛とあり。

又応永元年 (1394)9月 11日 足利義満(准三后従一位前左大臣征夷大将軍)「将軍家日枝社参詣供奉人」要旨抜粋(『日枝社室町殿御社参記』:『国史大系』35「後鏡」所収)
女中 紀良子(大方殿) 寝殿御方 とあり。

和田範長 (*)備後守。児島高徳の母方の祖父。伊予河野氏の一門、和田・今木・大富氏のひとつ。一貫して南朝方に属す。
和田範長は、児島盛宗の女を室とした、(藤原大納言宗園子、宗兼の子息)の名跡を継いで、いる。和田範長は和田義盛の後ともされる。範長の室は、紀家弘(石清水八幡家)の女なり。紀良子(大方殿) 寝殿御方の父。

▽児島高徳 (*)三宅・小島・今木・備後・三郎・入道志純。備前の豪族。笠置山の挙兵に呼応して、反幕の挙兵。桜山の死後、備中旗頭。<太平記の作者とも推定されている。

平忠盛 (1096-1153)
備前守平正盛の子。母は不明。妻は「仙院之辺」女、修理大夫藤原宗兼女(藤原宗子)、皇后宮亮源信雅女、大宮権大夫藤原家隆女。官途は左衛門少尉、伯耆守、右馬権頭、越前守、備前守、左馬権頭、中務大輔、美作守、尾張守、右京大夫、播磨守、内蔵頭、刑部卿。

地下人の家に生まれながらも、父正盛以来の白河院の引き立てのもとで、その地位を高める一方、和歌や舞踊などの教養を磨き、公家衆からも一目を置かれるほどの存在となっていく。検非違使や京官、受領を経験し、ついには父正盛を凌いで殿上人となる。盗賊追捕や海賊追討などに武力を用いながら武門の家としても成長、伊勢平氏の名声を世に高めた。

検非違使・平忠盛

平忠盛 妻は「仙院之辺」女、修理大夫藤原宗兼女(藤原宗子)

児島盛宗(藤原大納言宗園子、修理大夫宗兼の子息)とあり。平忠盛とは、義兄弟の間柄。
児島盛宗は備後国の児島、で戦勝している。


■藤原璋子(待賢門院)周辺系図【■:政所別当、■:侍所別当】

       後三条天皇
       ∥
       ∥―――――――白河天皇―――――――――――堀河天皇
 藤原公成――藤原茂子    ∥              ∥
(権中納言)(御息所)    ∥――――――覚行法親王   ∥
             +―藤原経子  (仁和寺門跡)  ∥
             |(典侍)            ∥
             |                ∥――――――鳥羽天皇
             +―藤原睦子           ∥      ∥
             | ∥――――――――――――+―藤原苡子   ∥―――――+―崇徳天皇
             | ∥            |(女御)    ∥     |
             | ∥            |        ∥     |
             | 藤原実季         +―藤原公実―+―藤原璋子  +―後白河天皇
             |(大納言)          (権大納言)|(待賢門院)
             |                     |
        藤原経平―+―娘                   +―藤原実能
       (太宰大弐)  ∥                    (左大臣)
               ∥
        白河天皇   ∥            +―藤原得子
        ↑      ∥            |(美福門院)
       【乳母】    ∥            |
 藤原親国―――藤原親子   ∥―――――+―藤原長実―+―藤原顕盛
(大和守)  (従二位)   ∥     |(伊予守)  (越前守)
        ∥      ∥     |
        ∥――――――藤原顕季  +―藤原家保―――藤原顕保
        ∥     (修理大夫) |(但馬守)  (土佐守)
        ∥            |
        藤原隆経         +―藤原顕輔
       (美濃守)         |(中務大輔)
                     |
                     +―女
                     | ∥――――――藤原実衡
                     | ∥     (権中納言)
                     | 藤原仲実
                     |(権大納言)
                     |
 藤原頼宗―――藤原俊家         +―女    +―――――――――藤原伊通
(右大臣)  (右大臣)           ∥    |        (権右中弁)
        ∥              ∥    |         ∥
        ∥              ∥――――+―藤原成通    ∥
        ∥              ∥     (備前介)    ∥
        ∥              ∥              ∥
        ∥――――――――――――――藤原宗通           ∥
        ∥             (権大納言)          ∥
 源兼長――+―女                             ∥
(備前守) |                               ∥
      |                               ∥
      +―源隆長――――女                      ∥
       (三河権守)  ∥                      ∥
               ∥―――――――源義親            ∥
               ∥      (対馬守)           ∥
               ∥                      ∥
        源頼義――――源義家   +―源義国――――源義康     ∥
       (伊予守)  (陸奥守)  |(式部大夫) (左衛門尉)   ∥
               ∥     |                ∥
               ∥―――――+―源為義――――源義朝     ∥
        藤原有綱―――女     |(左衛門尉) (下野守)    ∥
       (左衛門尉)        |                ∥
                     +―源義忠            ∥
                      (河内守)           ∥
                       ∥――――――源義清     ∥
                       ∥     (右衛門尉)   ∥
               平正盛―――+―女              ∥
              (備前守)  |(忠盛娘?)          ∥
                     |                ∥
                     +―平忠盛――――平清盛     ∥
                      (伯耆守)  (右衛門佐)   ∥
                                      ∥
                       藤原師実           ∥
                      (関白)            ∥
                       ∥――――――藤原家忠    ∥
                       ∥     (左大臣)    ∥
                     +―女              ∥
                     |                ∥
                     |                ∥
        源頼光――――源頼国―――+―女              ∥
       (伊予守)  (美濃守)    ∥――――+―藤原為隆  +―女
                       ∥    |(大蔵卿)  |
                       ∥    |       |
 藤原宣孝―+―藤原隆光―+―藤原隆方――+―藤原為房 +―藤原顕隆――+―藤原顕頼
(右衛門佐)|(左京大夫)|(備中守)  |(右大弁) |(右大弁)  |(三河守)
 ∥    |      |       |      |       |
 ∥    |      |       |      +―藤原重隆  +―女
 紫式部  |      |       |       (美作権守) | ∥
      |      |       |              | 藤原忠隆
      |      |       |              |(右衛門佐)
      |      |       |              |
      |      |       +―藤原光子         +―女
      |      |        (堀河鳥羽乳母)        ∥
      |      |         ∥              ∥
      |      |         ∥――――+―――――――――藤原実能
      |      |         ∥    |        (美作守)
      |      |         ∥    |
      |      | 藤原実季――+―藤原公実 +―藤原璋子  +―崇徳天皇
      |      |(権大納言) |(権大納言) (待賢門院) |
      |      |       |        ∥     |
      |      |       +―藤原苡子   ∥―――――+―統子内親王
      |      |        (女御)    ∥     |(上西門院)
      |      |         ∥      ∥     |
      |      |         ∥――――――鳥羽天皇  +―後白河天皇
      |      | 白河天皇――――堀河天皇         |
      |      |                      |
      |      +―藤原隆清――――藤原清昌         +―覚性法親王
      |       (皇后宮少進) (待賢門院長)        (仁和寺門跡)
      |
      +―藤原隆佐―+―藤原保房――――藤原宗佐
       (大蔵卿) |(長門守)   (相模守)
             |
             +―法橋隆尊――+=法橋信朝
              (法成寺執行)|(高階為章養子)
               ∥     |
               ∥     +―讃岐宣旨
               ∥      (藤原忠通乳母)
               ∥       ∥
               ∥       藤原為房
               ∥      (右大弁)
               ∥
               ∥―――――――藤原行光
               ∥      (民部少輔)
               待賢門院乳母

中宮璋子の家司に就任

永久5(1117)年11月26日、正盛は鳥羽天皇に入内することとなった藤原璋子(藤原公実女、のち待賢門院)の「政所別当」の末席に、父・備前守正盛とともに列することとなる(『台記別記』)。当時の璋子は無位で内親王家でもないため、本来であれば職事を置く資格はないが、「依法皇養子、以公達為職事」とされた。このときまでに忠盛は「伯耆守」となり、さらに「右馬権頭」をも兼ねる地位に昇っていた。

http://www1.ka6.koalanet.ne.jp/souma/iseheisi7.htm


 

レンタル掲示板
/13