teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名 ※管理者の承認後に掲載されます。
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


お尋ねいたします

 投稿者:えづこ  投稿日:2012年 7月11日(水)21時12分39秒
返信・引用
  私は、実務未経験で経理を任されることになりました。
会社には弥生が導入済みです。
社長から、教わりに行ってもよいと言われまして、税理士の先生を探しています。
そのような場合に、おいくらくらいで先生にご指導をお願いできますでしょうか!?
よろしくお願いいたします
 
    (管理人) 
未経験で経理を任せられたのであれば経理の流れを覚えるのがたいへんですね。
まずは顧問の税理士に相談されてください。
顧問の税理士がいない、または弥生に対応していない場合はご相談を承りますよ。
金額は内容にもよりますので一度電話(096-383-2261)でご連絡ください。
 
 

(無題)

 投稿者:だるま  投稿日:2010年12月23日(木)08時37分53秒
返信・引用
  わかりました。ありがとうございました  

管理人さま

 投稿者:だるま  投稿日:2010年12月22日(水)23時53分18秒
返信・引用
  解答ありがとうございました。その税率5%と10%はどうすればわかるんですか?社会保険控除と基礎控除は還付金に関係あるんですか?  
    (管理人) 
だるまさん、おはようございます。
年末調整は所得税の計算ですから、次の所得税の計算の仕組みを理解してください。

総支給額-給与所得控除(サラリーマンの必要経費みたいなもので、最低65万円)=給与所得
給与所得-所得控除(基礎控除、社会保険料控除、生命保険料控除など)=課税所得
課税所得×税率(5%~40%)=所得税額


こうして計算した所得税額と毎月の給与から差し引かれた税額とを精算するのが年末調整です。
ご質問の税率は、課税所得195万円以下が5%、195万円~330万円が10%となっています。
また、社会保険料控除や基礎控除は所得控除を構成しますが、もともと毎月の給与の税額計算に反映されることになっていますので、還付金に直接的な関係はないでしょう。
 

源泉徴収

 投稿者:だるま  投稿日:2010年12月21日(火)17時57分18秒
返信・引用
  源泉徴収について、教えて下さい。国民年金を1回分だけ払ったんですが、源泉徴収で戻ってきますか?生命保険控除と個人年金基金の控除の限度額10万円は、いくら還付金あるんでしょうか?社会保険にも入っています。  
    (管理人) 
だるまさん、こんにちは。
年末調整で還付(戻る)されるかどうかは色んな要因がありますので、一概にお答えできません。
税額に与える影響としてお答えしましょう。
国民年金保険料1回分15,100円では、税率5%の方で約700円、10%の方で約1,500円です。
同様に、生命保険料控除100,000円では、税率5%の方で約5,000円、10%の方で約10,000円です。
 

ヒロリンさんへ

 投稿者:管理人  投稿日:2010年 8月26日(木)08時30分15秒
返信・引用
 
ヒロリンさん、おはようございます。
少しわかりづらいので、推測でお答えします。

830万円を他人から受け取るとは?

ただで他人からお金をもらえば、単なる贈与となりますので、贈与税が課税されます。
そのときの税額は163万円となり、もらった年の翌年3月15日までに贈与税の申告が必要です。
税金はそれだけで済み、ほかへの影響はありません。

土地や建物などの不動産を830万円で売った場合、買った値段(建物は減価償却した後の金額)や売るためにかかった費用(不動産屋さんの手数料など)を差し引いてもうけ(これを譲渡所得といいます)が出れば、所得税が課税されます。
税率は所得税15%で、もらった年の翌年3月15日までに所得税の確定申告が必要です。
住民税が5%かかりますが、その後に市役所から税額が通知されてきます。
譲渡所得も所得ですので、国民健康保険や扶養親族の判定などに影響してきます。

あと慰謝料を830万円もらった場合、内容にもよりますが原則的には税金はかかりません。

いずれの場合でも、上記以外にはその後の年には影響を与えません。

気になったのは「働いた収入じゃないのに」と書かれた部分です。
税金は原則的には、汗水流して働いた収入には軽く、土地の売買や株式の配当などの所得には重く、といった担税力(税金を負担する能力)に応じた課税をする考え方なんですよ。
 

譲渡税

 投稿者:ヒロリン  投稿日:2010年 8月25日(水)07時01分19秒
返信・引用
  830万ほど他人から受け取るのに譲渡税というものを支払わないといけないんですか?働いた収入じゃないのに。どの程度支払うのかと一回払えばいいのか毎年してる確定申告で払うみたいに申告しなければ払いつづけるのか生活への影響を教えて下さい  

Re: (無題)

 投稿者:はな  投稿日:2010年 7月20日(火)15時15分32秒
返信・引用
  > No.175[元記事へ]

はなさんへのお返事です。

ありがとうございます!
では、給与の計算は、22年1月15日に振込まれたものから、22年の12月15日に振込まれるものまでを計算すればいいのですね!
勘違いしていたので助かりました!ありがとうございます☆
 
    (管理人) 
どういたしまして。
ここで気をつけていただきたいのは、じっさいに振り込まれた支給額ではなく、税金や雇用保険などを差し引く前の総支給額で判断するということです。
 

(無題)

 投稿者:はな  投稿日:2010年 7月16日(金)18時39分28秒
返信・引用
  いきなりすみません。
ずっと疑問に思っていたことを教えていただきたいです。

私は現在、主人の扶養内でアルバイトをしていて、
所得を103万以内に抑えようと思っています。
そのための計算をしているのですが、疑問がありまして…
私のバイト先は、給与が月末締めの翌月15日払いです。
その場合の年間の所得というのは、
12月末締めの、1月15日に支払われる分までが今年の所得になるのですか?
それとも、11月末締めの12月に支払われる分までになるのですか?
いまいちよく分かりません↓↓くだらない質問ですみません>へ<
 
    (管理人) 
はなさん、こんにちは(^^)/
配偶者控除を受けられるのは、年間の給与収入が103万円までですよね。
で、その年間はどう考えるのかってことですね。
答えは、1月1日から12月末日までに支給された給与です。
ですから、今年の12月分の給与が翌年の1月15日に支払われるものは入りません。
 

(無題)

 投稿者:佐々木  投稿日:2010年 6月 5日(土)11時07分31秒
返信・引用
  お伺いしたいことがあり、失礼しました。

知人に、自宅でネイルアートをして、商売にしている方がいます。金額の設定などもしていますし、趣味の範囲ではないと思われます。
ブログ上で予約を募ったり宣伝もしています。
ですが、開業登録も確定申告もしていないようなのです。本人は、個人でやっていて、店じゃないからいいんだと言っていますが、
こういう場合、納税義務はないのですか?
 
    (管理人) 
佐々木さん、こんにちは。
ネイルアートでお金を稼いでおられる方がいらゃっしゃるんですね。
そうした商売(例え趣味の範囲であっても)で
?所得(収入-必要経費)があり、
?さらに基礎控除などの所得控除額を差し引いて、
?所得税の納税額が出てくる場合には
所得税の確定申告をする必要があります。
その場合、店舗を構えようが、自宅でやろうが同じです。
 

(無題)

 投稿者:けい  投稿日:2010年 5月31日(月)14時40分26秒
返信・引用
  漠然とした質問にも、親切に対応して頂き、ありがとうございました。  

レンタル掲示板
/11